通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 概ね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 単行本 – 2015/11/21

5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 253

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集
  • +
  • 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
  • +
  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
総額: ¥5,670
ポイントの合計: 172pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」
村上春樹、待望の紀行文集。
アメリカ各地、荒涼たるアイスランド、かつて住んだギリシャの島々を再訪、長編小説の舞台フィンランド、信心深い国ラオス、どこまでも美しいトスカナ地方、そしてなぜか熊本。旅というものの稀有な魅力を書き尽くす。写真多数を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

『ノルウェイの森』を書いたギリシャの島再訪、フィンランド、トスカナ、熊本など…。旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416390364X
  • ISBN-13: 978-4163903644
  • 発売日: 2015/11/21
  • 商品パッケージの寸法: 19.9 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 6,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ragazzo トップ500レビュアー 投稿日 2015/11/22
形式: 単行本
収録される10本の紀行文のうちの7本はJALカードの会員誌「AGORA」(事実上の機内誌)に掲載されたものです。残る3本も他の雑誌に既出のもので、せめて1本ぐらいは書き下ろしのものが読みたかったです。
著者によれば、「AGORA」に掲載されたのはショートバージョンであり、本書にはロングバージョンを載せているので、書籍としての存在意義はあるという見解らしいですが……。
これまでの紀行文では「遠い太鼓」、「雨天炎天」、「辺境・近境」の3作品が好きですが、それらで感じられたような面白さはこの本にはありませんでした。
というのも「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」といううたい文句のわりに、本書の旅はどれもスムーズに展開しちゃうんですね。あくまでも機内誌に掲載用の記事ですから旅先で大きなトラブルに巻き込まれたりするような話はまずかったのかもしれません。
あと、文章は確かに村上節ではあるんですけど、思い出話を口述筆記したみたいにあっさりしていて、それも旅のリアリティを希薄にしています。
「遠い太鼓」で描かれていたような海外生活の細やかな描写や、「雨天炎天」における冒険譚みたいなものを期待すると肩すかしです。
でもまあ、そうした先入観や過大な期待を持たず、機内誌でも読むみたいにさらっと目を通すだけならば、そこそこ楽しめるんじゃないかと思います。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
いつ頃からか、村上春樹の紀行文はつまらなくなった。(たぶん『シドニー!』あたり…)筆者が贅沢な旅が出来るようになったからか、それとも年齢的なものか、
工場見学とかにも共通するけれど、読んでいて、変な小理屈は多いが、その割にサラッとしているというか、丸くなったと言うか、少しのことじゃ驚くことがなくなったぜというか…。受け取る側が読者歴35年の中で変わってないだけか?私にはこれらの旅行をオススメされてもピンとこなかったですね。これなら単行本を買わなくても良かったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ラオスのページは少ないです。
いわゆる旅行記なのですが、春樹さんの文章で心地良いですが、ラオスの旅行記を期待している人は少し肩透かしをくらうかもしれないです。
ただ今までの旅行記に比べると満足度は高くないです。
個人的な意見としては各章のボリュームがバラバラなのが原因かと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容はいいんですけど、、、確かに他の方が指摘しているように、若干あっさりしているけど『いつもの』村上春樹です。
気になったのが、写真のサイズがばらばらなのと、そのキャプションもばらばらで見にくいこと。
なんでこんな雑な作りなのかしら?と思ってしまいます。
写真が多いっていうから電子版にしたのに、これなら本にすれば良かった、、、お金に余裕ができたら買い直そうと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 ボストン、アイスランド、2か所のポートランド、ミコノス島、。NY、フィンランド、ルアンプラバン、トスカナ、熊本などを巡るムラカミ選手。

 小説と違ってかなりリラックスして書かれた世界あちこち旅行の感想文集ずら。

 フィンランドのヘルシンキ市内にあるカウリマス監督兄弟が経営する名物バー(モットーは「冷たいサービスと温かいビール」)「カフェ・モスクワ」を訪れたときのいかにもカウリマス的な(つまり店には奇妙なカップルがいるだけでいつまで経っても店員は現われない)結末が面白い。

 ラオスのホテルで呪術師たちが演奏するガムラン音楽のマカ不思議さ、魔術性の描写も音楽に強いムラカミ選手らしいものがあった。

 熊本における漱石最後の下宿の訪問記と写真も良かったが、スタイリストの吉本由美選手はどうして郷里の熊本に戻ったのかしら。妙に気になります。

 それにしてもいかにも売れそうな、エグいタイトルをつけるもんだ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 村上春樹が過去20年で様々な雑誌に寄せた旅行記をまとめた一冊です。 
 『太陽』、『TITLE』、『CREA』の原稿が各1本、そしてJALのファーストクラス向け機内誌『AGORA』の原稿が8本(うち2本は前編・後編に分かれたアメリカ・ポートランド編)です。

『AGORA』誌は毎月自宅に届けられるので、確かに村上春樹の紀行文を幾度か目にした記憶がありました。ですが、『AGORA』の原稿がこれほど長かっただろうかと訝しく思いながら読み進めていったところ、あとがきで著者は『AGORA』掲載用の短い原稿と、後に本にまとめるための長い原稿の2種類を書いていたと記しています。ですからこの書に収められたのはロングバージョンの原稿というわけです。

 残念ながら思いのほか深みがない文章ばかりだというのが率直な感想です。
 寄稿した雑誌からの要請があったがために出かけた一旅行者の旅行ガイド風文章であって、村上春樹という名前がなければ手にすることもなかったかもしれません。
 わずかに興味をそそられたのは、かつて著者が暮らした街のいくつかを再訪して綴った文章の中に、作家・村上春樹の創作の足跡をたどる文章を見つけることができたことです。
 1980年代半ばに『
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー