通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯付属。カバーには大きな損傷は見当たらず、本文は書き込みや目立つ折れもなく比較的良い状態です。  ※古物商等の資格取得済み、公的機関にも開業届を出している正規業者です。国内正規品のみを取り扱っております。安心してご指名ください。万が一の際はきちんとフォローアップ致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集 単行本 – 2015/11/21

5つ星のうち 3.8 42件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,782
¥ 1,782 ¥ 216
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集
  • +
  • 騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
  • +
  • 騎士団長殺し :第2部 遷ろうメタファー編
総額: ¥5,670
ポイントの合計: 172pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」
村上春樹、待望の紀行文集。
アメリカ各地、荒涼たるアイスランド、かつて住んだギリシャの島々を再訪、長編小説の舞台フィンランド、信心深い国ラオス、どこまでも美しいトスカナ地方、そしてなぜか熊本。旅というものの稀有な魅力を書き尽くす。写真多数を収録。

内容(「BOOK」データベースより)

『ノルウェイの森』を書いたギリシャの島再訪、フィンランド、トスカナ、熊本など…。旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない。


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/11/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416390364X
  • ISBN-13: 978-4163903644
  • 発売日: 2015/11/21
  • 梱包サイズ: 19.9 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,130位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ラオスのページは少ないです。
いわゆる旅行記なのですが、春樹さんの文章で心地良いですが、ラオスの旅行記を期待している人は少し肩透かしをくらうかもしれないです。
ただ今までの旅行記に比べると満足度は高くないです。
個人的な意見としては各章のボリュームがバラバラなのが原因かと思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容はいいんですけど、、、確かに他の方が指摘しているように、若干あっさりしているけど『いつもの』村上春樹です。
気になったのが、写真のサイズがばらばらなのと、そのキャプションもばらばらで見にくいこと。
なんでこんな雑な作りなのかしら?と思ってしまいます。
写真が多いっていうから電子版にしたのに、これなら本にすれば良かった、、、お金に余裕ができたら買い直そうと思います。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
2017年のGWにラオス(ちょうど紀行文に出てくるルアンパバーン)へ。
同行の妹に誘われるがままに、それこそ「一体何があるというんですか?」モードで訪れた私。
現地で参加したツアーにいた、香港からの旅行者に「なぜラオスへ来たんですか?」と問うと
「HARUKI MURAKAMIの本に書いてあったから」と応えるではないか。
さすが世界のムラカミ。

街はのんびりとして心地よく、ひともやさしく過ごしやすかったのだが
暇でもあったのでKindleをDLして読みはじめる。

やはり行ったことのある街や、行くことが現実的である街(たとえば国内とか)は
想像しやすいので読んでいてたのしい。
熊本旅に関しては、アテンドのおふたりに身を任せてゆるり旅をたのしんでいる感じがいい。
これを機に春樹本ブーム再来かと思いきや、案外さらりと読み終えてしまったので
しばらく読まなそうではあるが、旅をするときには読みたくなる本であった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
いつ頃からか、村上春樹の紀行文はつまらなくなった。(たぶん『シドニー!』あたり…)筆者が贅沢な旅が出来るようになったからか、それとも年齢的なものか、
工場見学とかにも共通するけれど、読んでいて、変な小理屈は多いが、その割にサラッとしているというか、丸くなったと言うか、少しのことじゃ驚くことがなくなったぜというか…。受け取る側が読者歴35年の中で変わってないだけか?私にはこれらの旅行をオススメされてもピンとこなかったですね。これなら単行本を買わなくても良かったです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ragazzo トップ500レビュアー 投稿日 2015/11/22
形式: 単行本
収録される10本の紀行文のうちの7本はJALカードの会員誌「AGORA」(事実上の機内誌)に掲載されたものです。残る3本も他の雑誌に既出のもので、せめて1本ぐらいは書き下ろしのものが読みたかったです。
著者によれば、「AGORA」に掲載されたのはショートバージョンであり、本書にはロングバージョンを載せているので、書籍としての存在意義はあるという見解らしいですが……。
これまでの紀行文では「遠い太鼓」、「雨天炎天」、「辺境・近境」の3作品が好きですが、それらで感じられたような面白さはこの本にはありませんでした。
というのも「旅先で何もかもがうまく行ったら、それは旅行じゃない」といううたい文句のわりに、本書の旅はどれもスムーズに展開しちゃうんですね。あくまでも機内誌に掲載用の記事ですから旅先で大きなトラブルに巻き込まれたりするような話はまずかったのかもしれません。
あと、文章は確かに村上節ではあるんですけど、思い出話を口述筆記したみたいにあっさりしていて、それも旅のリアリティを希薄にしています。
「遠い太鼓」で描かれていたような海外生活の細やかな描写や、「雨天炎天」における冒険譚みたいなものを期待すると肩すかしです。
でもまあ、そうした先入観や過大な期待を持たず、機内誌でも読むみたいにさらっと目を通すだけならば、そこそこ楽しめるんじゃないかと思います。
コメント 99人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ああ、これ、長時間フライトにいいなぁ、と思ったら、
航空会社の機内誌に掲載されたものが多いのですね。
なるほど。

ときどきおやじギャグが散見し、ほほえましいです。
「おやじギャグ」が死語になりつつ(もうなってるか)あるのは、
聞いた途端からだの力がふわっと抜けてしまう笑えないギャグをかましていたおやじたちが、
もはやおやじではなく前期高齢者になったからです。
村上氏も前期高齢者です。
私もそうです。
こういうものを読むと、親近感がわきます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー