中古品:
¥ 1,550
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★通常配送料無料★ケースに多少の使用感ありますが、ご使用には支障ない状態です。【アマゾンセンターから発送いたします。お急ぎ便、代引き、コンビニ受け取り対応】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ラウンド・アバウト・ミッドナイト+4

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 1,905より 中古品の出品:10¥ 949より
【1,500円OFF】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

Amazon の マイルス・デイビス ストア


キャンペーンおよび追加情報



登録情報

  • CD (2005/6/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 収録時間: 58 分
  • ASIN: B00092QUG2
  • JAN: 4547366020809
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 39,693位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ラウンド・ミッドナイト
  2. アー・リュー・チャ
  3. オール・オブ・ユー
  4. バイ・バイ・ブラックバード
  5. タッズ・デライト
  6. ディア・オールド・ストックホルム
  7. トゥー・ベース・ヒット (BONUS TRACKS)
  8. リトル・メロネー (BONUS TRACKS)
  9. バッドオー (BONUS TRACKS)
  10. スウィート・スー,ジャスト・ユー (BONUS TRACKS)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

CBS移籍後初のアルバムで、おそらく多くのファンが“ジャズの最高傑作”と呼ぶであろうマイルスの名盤。ミュートをかけたトランペットが実に印象的で、その後の彼のスタイルの原点とも言える。

Album Details

Part of the 'Master Sound Jazz Series'. Japanese reissue of the classic Columbia album originally released in 1955. DSDmastering. Standard Jewelcase. Sony. 2000.

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
このアルバムにはマイルスのグループに参加したばかりのコルトレーンのプレイとそれからしばらく経ってからのプレイがレコーディングされています。最初のころはヘタというかダサイというか、マイルスもよくこんなテナーをグループに入れたもんだと思いますが、それからのコルトレーンの成長は著しく、なんてかっこいいんだろう!と感じてしまいます。有名なアルバムの割には聴くことは少ないですね。あんまりいい曲が入っていないからかな?
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
マイルスは、自伝でも述べているが、ミュートで演奏したラウンド・アバウト・ミッドナイトで一夜にして全米スターとなった。確かにここに収められたミュートプレイを、オープンで吹いたら緊張感が消えてしまいます。卵の殻の上を歩くと表現されたミュートプレイの極みかもしれない。この頃のコロンビアの録音が、また素晴らしい↗1958年、カインド・オブ・ブルーに繋がる3部作、いずれも今聴いても、唸ります^ ^ ちなみにこの3部作のなかでは、このアルバムは余り聴きません…でもかけると、1番懐かしさを感じるのは、このアルバムですよ。不思議な魅力を持ったアルバムです。コルトレーンは、この時点ですでに非凡な才能に溢れてました。一作毎に凄みが増して行くのが、凄まじい。この頃のトレーンが、1番好きです。
二度とは、現れぬ巨匠でした。死ぬまで、マイルスを聴き続けますヾ(@⌒ー⌒@)ノ
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
いいですね!いかにもマイルスのもつスピード感が十分に堪能することができました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
世間的には「Kind of blue」がマイルスの最高傑作ってことになっていますが、
正直理解できない。
もちろん、音楽なんてつまるところ好き嫌いだけで、聴く人の好みなわけですが。
私にとってはこの作品こそがマイルスの最高傑作です。
(それでも星4つなのも、私の好みということです)
1曲目のイントロからいまだに鳥肌が立ちます。
ぞくぞくするようなスリルが漲っています。
真夜中でなくてもいいですが、ほんと夜に聴くべきアルバムだと思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 daepodong VINE メンバー 投稿日 2005/9/25
形式: CD
 マイルス・デイビスはジャズの殺人者である。
 チャーリー・パーカーに起用され、彼の絶頂期を目の当たりにした賢い彼は、パーカーと同じ手法、すなわちインプロヴィゼイションではパーカーを凌ぐことができないことを知り、彼とは違う道を歩むようになる。そして彼が向かったのはハード・バップ、すなわちアドリヴと全体の構成を両立させる手法であり、アドリヴ一発のビ・バップの中には求められない形式美を追求するようになる。そしてついに彼はジャズからアドリヴを追放するという離れ業をやってのける。それが60年代最後のアルバム「ネフェルティティ」であり、その後の彼はアドリヴのないフュージョンの世界へ去ることになる。
 だから、ここで追求されている音楽が、彼が第一級のものとみなしたパーカーによるジャズとは異質なものであることに注意しなくてはならない。ある意味ではジャズを酒場で女性を口説くBGMに貶めてしまったのもマイルスであり、逆に厳しいアドリヴ競争からファンとジャズメン自身を救ったのもマイルスである。つまり、はっきり言ってしまえば、本作を聴いて「これこそジャズの最高傑作!」などとのたまう輩はジャズの何たるかをまったくわかっていない大馬鹿者なのである。
 以上の事情を承知の上で、なお本作の美しさを愛でることができるなら、確かに「名盤」であろう。しかし、決して本作でジャズの醍醐味に触れることはできないことは知っておかねばならない。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告