¥ 950
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス) 新書 – 1984/5/20

5つ星のうち 4.0 195件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 150
新書
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
  • +
  • アルジャーノンに花束を〔新版〕(ハヤカワ文庫NV)
総額: ¥1,879
ポイントの合計: 47pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

 インチキ野郎は大嫌い! おとなの儀礼的な処世術やまやかしに反発し、虚栄と悪の華に飾られた巨大な人工都市ニューヨークの街を、たったひとりでさまよいつづける16歳の少年の目に映じたものは何か? 病める高度文明社会への辛辣な批判を秘めて若い世代の共感を呼ぶ永遠のベストセラー。

内容(「BOOK」データベースより)

発表から半世紀、いまなお世界中の若者たちの心をとらえつづける名作の名訳。永遠の青春小説。


登録情報

  • 新書: 339ページ
  • 出版社: 白水社 (1984/5/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4560070512
  • ISBN-13: 978-4560070512
  • 発売日: 1984/5/20
  • 梱包サイズ: 17.4 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 195件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,159位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
初めは主人公が自分になんとなく酔っているだけの物語かと思った。

しかし、読み進めていくと主人公の未熟さ、人間臭さがとても好感をもてた。
本書は主人公の視点で語られていて、多少の読みづらさを感じたが、
是非原文を読んでみたいと感じた。

最後のシーンはホールデンという人間の心理をよく表していた。
私は案外こうゆう人間は嫌いじゃない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
この小説の時代1950年代はロボトミーや電気ショックが普通であった精神病院で幕開けします。
精神を病んでいるとされた少年の独白です。
あのスコットランド民謡「誰かさんと誰かさんが麦畑・・」とボクサーを頭の中でがんがん回しながら、宮沢賢治が好んで描いた野原を子供たちが走り回る。
そこは子供たちの背丈を遙かに超えるライ麦畑(Rye-Lie)です。
実は読むまでは民謡の通り、麦畑に隠れた男女の秘め事がストーリーかと思っていました。
ところが読んでみると高校中退、精神病院入院、女性との正常な?関係を持てずじまいと言った友人たちに囲まれた私には、とても痛い内容でした。
少し残念なことは主人公が所謂頭のいい子であることです。
唯一コミュニケーションが成立した妹のストレートな行動が、主人公を救い、読者も救ってくれます。
しかし、閉幕も精神病院です。
正常と異常、病人と健常者。
ドロップアウトしちゃったかなと思う人にお勧めです。
塵労に疲れた彼の前には今でもやはりその時のように、薄暗い藪や坂のある路が、細細と一すじ断続している。…………
その後、新刊で手に入るサリンジャーの作品を全て読みましたが、本作が最も分かり易かったです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
思春期真っ只中である主人公の一人つぶやきが延々と続くような内容です。
世の中の男性は共感できるところも多いと思います。
ずっと一人称の若者ならではの語り口調が続きますが、私は飽きずに読めました。
それなりの分量で、読むのに時間がかかりますが、所々にはっとさせられる語りがあるんですよね。

有名な本ということで読んでみたのですが、文学としては日本語訳を読んでいますし、どうかは分かりません。
ただ、私個人としては、恋愛妄想チックな日本の古典文学を読むより、よっぽど楽しく読めました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
リア充を妬み、オタクを蔑み、スポーツマンを恐れ
好きな女を手に入れられない腹いせに
好きでもない子にプロポーズまがいのことをして
ただただ妹を盲信的に愛しく想う男の本音と願望に加えて
世の全てを憂う姿はまさに中二病であり
ここまで洒落た言い回しや見識、行動力はなくとも
全ての男が密かに隠し持つ、いわゆる『男心』とはこう言うモンでしょう。
ついでに作中でホールデンは「自分には度胸がない」と自虐するが
どんな相手にも言うことは言うし、童貞でも女友達とよろしくやっているしで
十分に度胸があるし、その上で自分を卑下するとこも男のナルシズムが垣間見えます。
男が何を考えているかわからない女性はこれを読んで
男が何を思い、何を望んでいるかを知るべきなんだろう。
一方で男は教養以外の目的では特に読む価値はないと思います。
なぜならホールデンの価値観などはサリンジャーに教わらなくても
既に自分の中にある、若くはあった筈です。
とにかく長々と不満が垂れ流されていて退屈と評されるのもわかるが
17章、突然の「サリーへの披瀝(作者の述懐?)」には鬼気迫るものがあり
「オマンコシヨウ」には笑わせてもらいました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
最初の行から全く頭に入ってこない文脈。原書を読んでいないのでニュアンスはわからないが表現も内容も
私には受け入れがたいです。26ページで断念。
浜田省吾の歌にサリンジャーの名前がでてきたので興味を持ちましたが、お門違いのようです。
私には文学に対する造詣はすくないですが。。
短編を探して読んでみようとおもいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー