ライヴ!!はっぴぃえんど がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ライヴ!!はっぴぃえんど

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,580 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Webショップ☆空紅堂☆365日毎日発送♪が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の はっぴいえんど ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ライヴ!!はっぴぃえんど
  • +
  • HAPPY END
総額: ¥3,995
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2000/2/4)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: キングレコード
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B00004RFVT
  • JAN: 4988003241179
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 212,356位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. はいからはくち
  2. 夏なんです
  3. 氷雨月のスケッチ
  4. 抱きしめたい
  5. 空とぶ・ウララカ・サイダー
  6. ココナッツ・ホリデー
  7. 街行き村行き
  8. 春一番
  9. 12月の雨の日
  10. かくれんぼ
  11. 春よこい

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ベルウッド名盤シリーズ、はっぴぃえんど編。’74年発表の解散記念ライヴ盤をデジタル・リマスタリング。「はいからはくち」「夏なんです」他、全11曲を収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
という次第であるので、このアルバムの音は身体の一部になっているのだと思う。ぼくが最初に買った「はっぴいえんど」のアルバムが、これだったのである。
ゆでめんからLA録音にいたるまでの、どのアルバムとも異なる不思議な奥行きや艶のある、ギター、ベース、歌、ピアノ、ドラムスのひとつひとつの音。そして、「もうこの4人じゃないと・・・」と語る大滝さんのMC。
「夏なんです」の大滝さんと茂さんのギターの絡み。「空模様の隙間を・・・」の少し前のあたり。
それから、長い、長い、「かくれんぼ」の前奏。アコースティック12弦ギターの音。全体の音の織り成す艶かしさ。
このアルバムの1曲、1曲のアレンジも音の選択も、73年9月の時点で「はっぴいえんど」はさらなる高みに達していた。後にも先にも・・ということなのだ。
願わくば、この日のはっぴいえんどの演奏の全貌の聴ける音源が世に出んことを。
一点、あえて苦言を呈するとすれば・・、オリジナルのLPにおいて、松本隆さんが、はっぴいえんどの経緯を記し、はっぴいえんどを総括する稀代の名文「早すぎた回想録」が、どうも、掲載されていないようなのである。
あの文章も、これまで1000回以上は読んでみて、実に、はっぴいえんどの在り方にじかに触れるに近い感覚をもったものであるので、ぜひ、後世においてはっぴいえ
...続きを読む ›
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 これは、1973年9月21日文京公会堂で開催されたライブ盤。はっぴいえんど解散コンサートでもありました。

 僕が高校1年生の時ですが、当時は一番いい音を出すバンドになっていました。

 開演が午後6時30分、当日券1,200円前売券が1,000円でしたから、今考えると高校の文化祭並みのコンサートだったんですね。それも、主催が風都市ですから、松本隆のこだわりがでていますね。

 

 コンサートでは、「はっぴいえんど」はもちろん、途中「大瀧詠一とココナツ・バンク」と「西岡恭蔵」が出演しているという点が、当時を物語っています。

 「夏なんです」「抱きしめたい」などを披露していますが、音にこだわる日本のロックバンドの最後のコンサートでした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
メンバーの方々が この作品にどうゆう感想を持っていたのか、

そもそも発売を許可したのか、

などについては何も知らないが、

本当にすばらしいライブアルバムである。

つか、正直オリジナルアルバムよりぜんぜん

良いやん。。

最初にこのアルバムを聴きたかったなあ。

一曲目の「はいからはくち」ファンクバージョン

ももちろん良い、まるで、、、ミーターズみたい、、、

が、やはり二曲目「夏なんです」

がすばらしい。

細野さんのボーカルが、、、まるで、、、

あ、比較の対象が浮かばない。

ま、とにかくすばらしい。

観客の反応も熱狂的。

そしてエコーがタップリ効いていて、

気持ちいい。

すべてが奇跡的なアルバムである。

っていうか、そもそもはっぴいえんど自体が奇跡

なんだな。

ほなもうそれでええか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このライブを聴くと複雑な気持ちになる。既にバンドとして解散し、それぞれ独自の道を歩み始めていた4人のメンバーが集まっての「解散記念コンサート」。当時の細野氏の言を借りれば「解散後初のコンサート」ということになる。ライブバンドとしてのテイストも、ブルース、フォークロックをベイスとしていたものから、当時流行のBTエクスプレス、MFSB等のファンキーなものへ変わってしまっている。新しい方向性を打ち出した4人の斬新さが魅力的な演奏ではあるが、昔からのファンはきっと違和感を持つに違いない。もうここでは「はっぴいえんど」は終わっていて、過去のメンバーだった4人がその形骸をプレイする。全11曲中4曲ははっぴいえんどの演奏でもない。ライブバンドとしての神髄を記録した"はっぴいえんどLive On tage"とは大夫かけ離れた内容に失望を隠せない。「ゆでめん」、「風街ろまん」の”はっぴいえんど”は此処にはいない。その「後」を強く意識させられる編集となっている。やっぱ「解散コンサート」とはこういうものなんだろう。但し、大滝詠一が「この4人でしかできない曲をやります。」とMCしてからの3曲(本CDの最後の「12月の雨の日」、「かくれんぼ」、「春よこい」)は、全盛期を彷彿をさせるものがある。彼等のライブ一枚をと言う方には前述の"Live On Stage"をお薦めする。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す