中古品の出品:1¥ 6,234より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ライヴ・アット・モントルー

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 6,234より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ベン・シドラン ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1999/7/23)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: BMGメディアジャパン
  • 収録時間: 39 分
  • ASIN: B00000JXGH
  • JAN: 4988017087534
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 1,390,874位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. イート・イット
  2. ソング・フォー・ア・サッカー・ライク・ユー
  3. アイ・リメンバー・クリフォード
  4. いつか王子様が
  5. ミッドナイト・タンゴ/ウォーキング・ウィズ・ザ・ブルース
  6. カム・トゥゲザー

商品の説明

内容紹介

20 bit K2 remastered.

メディア掲載レビューほか

フュージョン・プライム・ワン・シリーズ。トニー・レヴィン、マイク・マイニエリ他との共演による、`78年、モントルー・ジャズ・フェスティバルの模様を収録したライヴ・アルバム。「イート・イット」「ソング・フォー・ア・サッカー・ライク・ユー」他、全6曲。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
ボーカルものだが、楽しくなる演奏がまた、いい。
十分聴けました。もっとCD出ていたっけ?!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
学生時代にこのアルバムに収録されているI remember Cliffordをコピーし演奏しました。CD自体が廃盤になったと聞いていたので、今回発見した時は非常に興奮しました。また演奏したいと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 All Music Guide Japan 殿堂入りレビュアー 投稿日 2003/5/31
形式: CD
モーズアリソンをこよなく愛するベンシドラン。バックバンドがドリームチーム。
触発されながらスタジオ盤では出せない極上のグルーブ感覚=高揚感を獲得。
バックに圧倒されそうになるが、この日のベンは絶好調。
都会の喧噪を忘れてベンと会話してみませんか。ベンはきっとあなたに微笑みを返してくれるにちがいありません。
10点中10点
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「Dr.Jazz」ベン・シドランの、モントルー・ジャズ・フェスティバルでのライブ。軽快なピアノ捌きとヴォーカルがノリにノッており、バックの堅実かつ堅牢なリズムに乗って実に軽妙にハネ廻っている。バックの面々も心から乗っている事が骨太の演奏とグルーヴ感からも感じられる名演。特にマイケル・ブレッカーとランディ・ブレッカーーのブレッカー兄弟が珍しく(?)熱い演奏を聴かせてくれており、クールな印象の強いこの2人の熱演だけでも貴重。
この時期のベン・シドランは最も脂が乗っていた時期で、独特のヴォーカル・スタイルは変わらないが他のアルバムのどれと比較してもVoの勢いが違うような気がする。
名曲「Ben Sidran's Midnight Tango」はこの演奏がベスト中のベスト!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告