ライヴ・アット・スターバックス がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ライヴ・アット・スターバックス

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,621
価格: ¥ 2,618 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 2,304より 中古品の出品:1¥ 6,552より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・レイ・ブラウン・トリオ ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ライヴ・アット・スターバックス
  • +
  • R&B CAFE
総額: ¥4,653
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2001/2/25)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル インターナショナル
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B00005HUAL
  • JAN: 4988005263810
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 347,359位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. アップ・ゼア
  2. ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ
  3. ブラウン・ボッサ
  4. アワ・ディライト
  5. ラメント
  6. メインステム
  7. ラヴ・ユー・マッドリー
  8. キャラヴァン
  9. ジス・ハウス・イズ・エンプティ・ナウ/アイ・シュッド・ケア
  10. レスター・リープス・イン
  11. スターバックス・ブルース

商品の説明

メディア掲載レビューほか

1999年シアトルのカフェ、スターバックスにて行われたライヴの模様を収録したライヴ盤。元々全米のスターバックスのみで限定発売されたCDを一般発売。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
誰もが知らないうちに耳にしながら、淹れたてのコーヒーを飲んだり、おしゃべりしたりしているジャズ。このトリオの演奏は、何もしないでただじっと耳を澄まして聴くのも、恋人とおしゃべりしながらBGMに聴くのも、あるいは仕事をしながら・・・どんなシチュエーションでも邪魔にならなくて、とても心地いい演奏です。それはピアノだけが目立つようなトリオではなくて、要所にちりばめられたドラムに、バスの低くあたたかい響きが心地よく利いた演奏だからなのかもしれません。大好きな人がクリスマスにプレゼントしてくれてからずっと、わたしはほとんど毎日のようにかけています。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
このトリオの一体感がなんともいえない。ピアノのこれでもかというダイナミックなサウンドにベースドラムがよく溶け込んでいる。ドラムもオーソドックス中に 今風を取り入れて面白い。ベースの重厚さに脱帽
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
録音が悪いでしょ、まず。ピアノの音がツヤツヤした質感が無い上にフレーズのディテールまできちんと聴けない、いくら何でもオフマイク過ぎです。ライブなのに全体に軽い残響が乗ってなくて雰囲気出てない(笑)録音だけとっても五十年ほど前の「ワルツ・フォー・デビー」にすら負けてます。

演奏はレイ・ブラウン翁、老いて益々盛んとも言えるんだけど小気味よいリズムは流石だなとは思ったけど、スローな曲が少ないししっとり感が無く、とにかくピアノが指は動くが出て来るフレーズは凡庸で上滑りな感じ、いただけませんね。ドラムは何だか小技ばかり忙しい落ち着きが無い… ワタシの嫌いなエド・シグペンみたい… えっ、ああーっ、そういう事か、なるほど。

結局、ピーターソンとシグペンのそっくりさん連れて来て、ザ・トリオな感じをやりたかった訳だな。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告