¥2,750
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ライブ講義 発達障害の診断と支援 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライブ講義 発達障害の診断と支援 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2013/8/29

5つ星のうち4.7 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/8/23
¥2,750
¥2,750 ¥2,485
この商品の特別キャンペーン SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。 1 件
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

お届け日: 7月16日 - 17日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
5 時間 36 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • ライブ講義 発達障害の診断と支援
  • +
  • 自閉スペクトラム症の理解と支援 ―子どもから大人までの発達障害の臨床経験から―
  • +
  • 発達障害 生きづらさを抱える少数派の「種族」たち (SB新書)
総額: ¥5,610
ポイントの合計: 57pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

正確な診断を行い、それぞれの患者に合った支援に結びつけるための入門書。発達障害を診断する際に必要な診断概念、認知心理学・発達心理学の知識、発達歴のとり方等を、現場で役立つ形で示すとともに、当事者の言動を理解し支援の方法を考える際に有効な「こころの理論」「実行機能」「中枢性統合」といった概念の基本についても解説した。

著者について

発達障害の子どもや成人が臨床の現場に登場することは,ここ10年で驚くほど増えた。2013年の文科省調査では,発達障害の疑いのある児童生徒の割合が6.5%と推測されている。発達障害を専門としていなくても,小児科医や精神科医,スクールカウンセラーなどの心理職は,日常的に発達障害の子どもや成人に接しているはずである。それにもかかわらず,日本では児童精神科医は今でも稀な存在であるし,発達障害を支援できる専門家は非常に少なく,専門家の養成は急務となっている。筆者が運営している,よこはま発達クリニックでも,発達障害を専門としない医師向けに2日間の入門講座を開催したら,予想外に受講希望者が多く,現在も毎年開催している。この2日間の医師向け入門講座を,なるべく生に近い形で再現したのが本書である。本書は発達障害の診療や支援をしてみようとする一般精神科医や小児科医,臨床心理士などを主な対象として想定している。本書で意図したのは,発達障害の専門的なトレーニングを受けていない専門家が,発達障害の診断や見立てを行い,診察室で可能な範囲の治療や支援を行えるための知識を伝えることである。(「まえがき」より)

内山 登紀夫
1956年三重県に生まれる。1983年順天堂大学医学部卒業。専攻児童精神医学。現職福島大学大学院人間発達文化研究科学校臨床心理学専攻教授,よこはま発達クリニック院長

出版社より

診療や支援をしたいと考えている精神科医や小児科医,臨床心理士に向けて書かれた,正確な診断を行い,支援に結びつけるための入門書。

第1講 【発達障害の概念】1.基本的な立場 2.発達障害の定義 3.発達障害の基本特性 4.学習障害の定義 5.注意欠陥/多動性障害
第2議 【発達障害の歴史】1.発達障害の歴史 2.学習障害の歴史 3.ADHDの歴史 4.自閉症スペクトラムの歴史 5.診断の際の注目点
第3講 【カナ一型自閉症の診断】1.広汎性発達障害 2.CARS 3.自閉性障害(DSM-IV-TR) 4.社会性(DSM-IV-TR) 5.コミュニケーション 6.限定された興味・活動,常同的行動 7.発達経過 8.除外障害 9.社会性の3タイプ 10.その他の考慮すべき事項 11.診察室での評価 12.診断
第4講 【アスペルガー症候群の診断】1.アスペルガーの診断 2.アスペルガーの業績を紹介 3.アスペルガー障害 4.アスペルガー障害の特徴
第5講 【自閉症スペクトラムの診断に必要な発達の知識と発達歴の取り方】1.発達歴をみる 2.間主観性 3.指差しの発達 4.三つの指差し 5.言葉の発達 6.イナイイナイバー 7.ふり遊び 8.読み書き 9.2歳までの行動特徴 10.退行 11.粗大運動スキル 12.1歳半健診 13.自閉症スペクトラムの早期兆候 14.M-CHAT 15.身辺自立を聞く 16.家事スキルを聞く 17.コミュニケーションを聞く 18.非言語性コミュニケーションを聞く 19.社会性を聞く 20.イマジネーションを聞く 21.反復的な常同行動を聞く 22.絵と文字について聞く 23.注意と多動を聞く
第6講 【自閉症スペクトラムの理解に必要な心理学】1.自閉症の認知障害 2.心の理論障害 3.実行機能障害 4.視覚指示 5.注意の障害 6.中枢性統合能力の障害 7.有意味性へ 8.ワーキングメモリー 9.自閉症の異文化性 質疑応答
第7講 【自閉症スペクトラムの療育】1.支援の目的から確認しよう 2.支援の目的 3.どう支援するか 4.さまざまな支援手段があるが…… 5.療育はまず自閉症特性から考える 6.SPELL 7.よくある長所 8.乳幼児期 9.学童期 10.思春期に多い問題 11.成人期に多い問題 12.言葉かけとコミュニケーション 13.親のストレス 14.構造化の例 15.合併症に対する治療

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.7
星5つ中の4.7
評価の数 3
星5つ
70%
星4つ
30%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2014年9月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年8月24日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年10月12日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告