通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ライブ・アット 騒 (GAYA) ─ 阿部薫、鈴木... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライブ・アット 騒 (GAYA) ─ 阿部薫、鈴木いづみ、フリージャズメンとの日々 ─ 単行本 – 2011/12/7

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2011/12/7
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,347

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

『騒』でのナマ録の阿部薫のテープを、朝から何時間も聴いていたことがある。
ハシゴの最上段から飛んで千切れた才能の音のカケラが、
今でも私の裡に浅からず刺さっている。

友川カズキ(帯文より)


突然持ち込まれた出版依頼は、その日が訪れるちょうど1年前のことだった。
約30年前の日本フリージャズ界が見せた盛衰の動乱期に、
自身が経営するライブハウスで作られた数々のミュージシャン伝説。
これを原稿にまとめたいのだという。
直後より阿部薫、鈴木いづみ、他多くのフリー奏者の名を挙げつらい、
自らを断罪するかのように彼らを取り巻く極上の物語が原稿用紙に書き殴られていった。
ほの暗い過日が長い年月を経て琥珀のように凝固し、美しい輝きを見せていた。
年配女が吐くただのあぶくに過ぎないと騒恵美子は言うだろうが、そんなことはない。
これまで検証されずにきた業界の側面から鋭くスポットを当てた、貴重にして生々しい証言集だ。
ただ自著の完成を前に、彼女は報われて阿部薫が待つ世界へと旅立っていた。

(編者推薦文)


ディスクユニオンの出版レーベルDU BOOKSからのリリースです。

著者について

●騒 恵美子(がや えみこ)

伝説のサックス奏者、阿部薫がその晩年に根城とした
東京・初台のライブハウス“騒 (GAYA)”のオーナー。
1943年2月27日、東京中野生まれ。
20代後半に長野県伊那で近藤等則、梅津和時、土取利行らの衝撃的な音と出会い
フリージャズに開眼、自分が聴きたい一心でライヴハウスを開店する。
77~84年の7年間、様々な音楽性の演奏家を出演させ、聴く側をフリーにしてくれる
ジャンルではない「フリー」を求め続けた。

2011年10月20日、癌のため逝去。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: DU BOOKS (2011/12/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4925064479
  • ISBN-13: 978-4925064477
  • 発売日: 2011/12/7
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 797,818位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
日本の70年代を象徴する音楽ジャンルの一つ、「フリージャズ」を作り上げたミュージシャンが大勢出演した
ライブハウス騒のオーナーの恵美子さんの本。阿部薫の「ライブアット騒」の舞台でご存知の方も多いと思う。

先日、この本を読了しました。興味深く、また味わい深い交流の話ばかりでした。タイトルに冠してあるだけあって
阿部薫の話が色んな箇所で出てきます。それこそ他のミュージシャンとの交流の話でも「阿部ならこう言うに違いない」なんて言う記述も
多々みられます。
阿部薫はわずか数年の付き合いで、絶大な影響を騒さんへ与えた人物だというのも思い知らされます。

随分前から出ている阿部薫覚書などよりも、肩の力が抜いて読めますね。あれよりも少しは阿部の素顔に迫っているはず。

また、これが一番書きたかったことなのですが…
本の中で度々、名前を伏せられたある「歌手」の話が出てきます。(おそらくこの本を手に取られた方や、興味のある方は知らない人は
いないと思います。)著者はその歌手の表現の仕方や阿部への発言が許せなかったらしく、徹底的に批判しています。
その辺の話を読んでいる時だけは、なんだかとても悲しくなってしまいました。
阿部とその歌手、両方から影響を受けている人
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック