¥ 3,015
  • 参考価格: ¥ 3,292
  • OFF: ¥ 277 (8%)
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト (Liv... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト (Live at Top of the Gate) [2CD] [日本語帯・解説付/輸入盤]

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
CD 2枚組
¥ 3,015
¥ 3,015 ¥ 2,580
この商品の特別キャンペーン 【10%OFF】 まとめ買いキャンペーン 2 件


Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 【10%OFF】オーディオとCD/レコードのまとめ買いキャンペーン実施中。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • レジで2,000円OFF対象。割引きは決済時に行われます。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ライブ・アット・トップ・オブ・ザ・ゲイト (Live at Top of the Gate) [2CD] [日本語帯・解説付/輸入盤]
  • +
  • アナザー・タイム-ザ・ヒルフェルスム・コンサート [日本語帯・解説付] [輸入CD]  [英文解説完全翻訳ブックレット付]
総額: ¥5,396
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2012/5/20)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: Resonance Records / King International
  • ASIN: B007NIV61Y
  • JAN: 4909346005211
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 32,230位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. Emily 4:50
  2. Witchcraft 5:48
  3. Yesterdays 5:13
  4. 'Round Midnight 6:29
  5. My Funny Valentine 4:48
  6. California Here I Come 5:40
  7. Gone With The Wind 7:01
  8. Alfie 5:15
  9. Turn Out The Stars 4:45

ディスク:2

  1. Yesterdays 4:50
  2. Emily 5:13
  3. In A Sentimental Mood 4:11
  4. 'Round Midnight 6:28
  5. Autumn Leaves 5:37
  6. Someday My Prince Will Come 5:13
  7. Mother Of Earl 4:24
  8. Here's That Rainy Day 5:18

商品の説明

内容紹介

【完全未発表】1968年10月23日 ビル・エヴァンス・トリオ @ NY トップ・オブ・ザ・ゲイト 二言なし、ファン必聴の演奏が今の陽の目を見ます![日本先行発売!!]

[商品番号:KKJ-1003] [原盤番号:HCD-2012] [日本語帯・解説付/輸入盤] [2CD] [Resonance Records / King International]

● 話題必至!ビル・エヴァンス・トリオ、完全未発表音源の登場です。
1968年10月23日NYのヴィッレッジ・ゲイトの「階上」(2階に)あったトップ・オブ・ザ・ゲイトでのライブを余すところなく完全収録。しかも曲順もライブで演奏されたそのままに収めたこの復刻は、ファンの心をとらえてやまないはずです。
● いうまでもなく、演奏は素晴らしいの一言。曲目を見ておわかり頂けるように、演奏されたのは、ビル・エヴァンス・スタンダードとも言うべき楽曲揃い。''エミリー''をオープニングに、のべ17の曲にあえて説明は不要とも言える構成であり、詩的でリリカル、どこを切ってもビル・エヴァンスの実にビル・エヴァンスらしい演奏を聴くことができます。
● メンバーは、スコット・ラファロ亡きあとを継ぎ、11年間もの長きにわたって重責を見事に果たしたエディ・ゴメス、そして、マーティ・モレル。そうです、本トリオは日本人が待ちに待ち望んだビル・エヴァンス初来日公演(73年)のメンバーであり、68年の録音はその後7年に及ぶことになるレギュラー・トリオの原点、出発点であるわけです。そこには、トリオ結成初期ならではの、またはライブならではの、テンポの走りなどもありますが、そうした''生''な感じは正にジャズであり、エキサイトしたパッションの証でもあるというものです。
● もちろん、テーマとソロの美しい展開は言うまでもなく、また、「ポートレイト・イン・ジャズ」の中でも超名演とされる''枯葉''におけるブロック・コードを使ったお馴染のイントロ、またシンコペーションを多用して美しくもスリリングなソロを展開する演奏は、これぞ、エヴァンス!と言えましょう。
● ジャズ・ピアノ・トリオの粋が詰まった17曲!よくぞの復刻です!!

正にジャズファン必携、必聴の音源です

Amazonレビュー

ビル・エヴァンス・トリオ1968.10.23@トップ・オブ・ザ・ゲイトの音源を曲順もそのままに完全収録!
ビル・エヴァンスがレギュラーとして最も長く活動を共にしたエディ・ゴメス(b)とマーティ・モレル(ds)とのトリオは、1975年まで8年間続いた。今は無きNYの名門クラブ「トップ・オブ・ザ・ゲイト」(「ヴィッレッジ・ゲイト」の2階にあった)で行なわれたこのライヴは、3人が揃って間もない頃のものだが、この音源を聴けばその後このトリオが8年間も続いた理由が分かる。
ビル・エヴァンスといえば、1961年のスコット・ラファロ(b)の死による精神的ダメージと共に語られることが多いが、このライヴ音源はそんな心配は一掃してしまうほどビルの意欲と魂を感じさせてくれる。一曲目の「エミリー」から素晴らしいトリオ演奏が繰り広げられ、ビル・エヴァンス・ファンならずもぜひとも一度は聴いてみて欲しい作品。英語のライナーに掲載されている貴重な写真も見る価値大! (加瀬正之)

商品の説明をすべて表示する


9件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.8

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

9件中1 - 8件目のレビューを表示

2017年9月20日
形式: CDAmazonで購入
殿堂入りVINEメンバー
2012年5月22日
形式: CDAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年9月25日
形式: CDAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年1月4日
形式: CDAmazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年11月18日
形式: CDAmazonで購入
2012年9月17日
形式: CDAmazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2012年5月20日
形式: CDAmazonで購入
66人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年5月25日
形式: CDAmazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告