この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライブドアの世界一になるキャッシュフロー経営 単行本 – 2005/12/19

5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 232
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ライブドア堀江貴文社長の持論は「経営は数字による評価がすべて。利益、現金、株価にこだわるための大きなポイントがキャッシュフローを指標とする経営術である」。この言葉を核に、ライブドアの元・顧問税理士であり、現在は同社最高財務責任者である宮内亮治氏がキャッシュフロー経営を解説します。
堀江・宮内両氏が、儲ける会社=ライブドアの神髄を初めて明らかにし、二人三脚による経営論を展開。「堀江氏に続け!」と意気軒昂な起業家予備軍や小さな会社を経営している現役経営者の必読の書です。
キャッシュフロー計算書を驚くほど簡単に作れる「弥生会計 プロフェッショナル 06」の体験版CD-ROM付き。

著者からのコメント

僕と宮内、そしてライブドアの経営を支えるすべてのビジネスパーソンによって磨かれ、完成しつつあるシンプルな目標へ向かうための簡明な経営手法は、皆さんの会社やビジネスにも絶対に役に立つと確信しています。(「はじめに  堀江貴文」より)

これまでのサラリーマンのようではなく、江戸時代の職人や、現代のプロスポーツ選手のように働きたいと思っている若いビジネスパーソンが、この日本にも一定数は存在しています。だからこそ、成功も自分のものですが、失敗も自分のものとして甘受できるのです。(「あとがき  宮内亮治」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 176ページ
  • 出版社: サイビズ (2005/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4916089502
  • ISBN-13: 978-4916089502
  • 発売日: 2005/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 472,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
経営をしている方ならキャッシュフローが大事なのは身に染みているはず。

経営者じゃない方がこの本を読んでも意味ないし、結局は弥生の宣伝。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「株式会社である以上、時価総額1番を目標、そして実現することによって、キャピタルゲンイとして株主に還元し、業績を向上させることによって、納税として国に還元し、社会貢献する。法律を守ってさえいれば・・・」。堀江氏が本書で主張していることは間違っていない。むしろ株式会社の本来の姿ではなかろうか。また従前、これほどの正論を主張できる日本の経営者はいただろうか。しかし、彼が間違ったのは本書の共著である宮内氏をCFOに選んでしまったこと、そして宮内氏の意思決定に疑問を抱くだけの法律・会計の知識がなかったことではないだろうか。事実はこれから明らかになるであろうが、時価総額を上げるために、うその業績を作ることが許されるのであれば、誰でも経営者になれる。本書に書いてあることは間違ってはいないが、粉飾をする人間にキャッシュフロー経営を語る資格はない。いまや本書は、堀江、宮内両氏の経営者としての「冥土の土産」である。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ところどころでつかえそうなコピーがありそうです。

「会社は世界一を目指すもの」
「予算を達成すればOKなんて話はナンセンス」
「好き嫌いではなく、数字で判断」
「絶えず前進‥‥嫌なことはさっと忘れる」
「換金可能性」
「ピラミッドの底辺と高さ」
「年率300%くらいは成長してやろうとほえる」
「死に在庫は3ヶ月に一回切り捨てる」
など
意外に考えさせられました。堀江さんもそうだがお二人は大局的にとらえて本質を掴むのが非常にうまい‥

当時は宮内さんが実務でバリバリやってたころなので、セリフにも勢いを感じます。いま見ても読後感はわるくなく☆×4。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
IT革命児とメディアが報ずる、堀江流経営指南書

彼のような、経営手法を貫くと、司法に叩かれる事を逆証明した、反面教師的なキャッシュフロー指南書である
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 boze VINE メンバー 投稿日 2006/1/3
形式: 単行本 Amazonで購入
バランスシートや損益計算書、キャッシュフロー経営などに関して分かりやすく説明されています。

今まで堀江さんが書かれた本とは違った、基本を抑えた内容になっていると思います。

各章の最初に堀江さんの2ページ位の考え方が書かれていて、その後にインタビュー形式で宮内さんの解説があるという構成になっています。

ただ、弥生会計の宣伝がちょっとうるさい感じがします。

それがあったので星1個減らしました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は堀江氏と、皮肉にもこの本ではなく、今回の一連の事件で一気に名前が売れた宮内氏の2人からなるが、基本的には宮内氏の言葉が8割ぐらい書かれている。

内容自体はライブドアの人材観・企業観・財務方針などが盛り込まれている。

分量としては、堀江氏の本に共通することだが、ページ数も多くないし、1日空いていれば十分に読める。

付録に弥生のソフトが付いているが、はっきり言って普通の人から見れば全く不要。

恐らくこの本のメインの狙いは付録で付いている弥生の売り込みだったのではないだろうか?

個人的には皮肉たっぷりのイヤラシイ根性で読みました。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告