ライフ DVD BOX がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 ニワボーズ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 国内正規品。箱ケース、ブックレット、ディスク6枚組。ディスクにキズがありますが動作に問題ありません。 Amazon倉庫から発送致します。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 24,980
通常配送無料 詳細
発売元: 新・鋼鐵堂 【迅速発送・迅速対応】【English available】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ライフ DVD BOX

5つ星のうち 4.1 26件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 24,980 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、DKISHOPが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 北乃きい, 福田沙紀
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2007/12/19
  • 時間: 391 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 26件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000W1R4J2
  • JAN: 4988632130325
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 54,696位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

壮絶な“いじめ”をリアルに描き、累計部数700万部超という圧倒的な売り上げを誇る大人気コミッ
ク「ライフ」、土曜ドラマでも大好評!ファン待望のDVD化!!


[内容解説]
成績の良くない主人公・椎葉歩は、頭の良い親友・夕子が目指す高校に一緒に入学するため、夕子か
ら勉強を教えてもらいながら見事、難関高校に合格。ところが、一番行きたがっていた夕子は不合格
。歩は夕子から「あなたなんていなければ良かったのに!」と言われてしまう。友情が崩壊してしま
ったことにより、歩は他人と話さなくなってしまう。高校でも新しい人間関係を築くことをあきらめ
ていた。しかし、クラスメイトの安西愛海を中心とした数名は歩を迎えてくれたため、歩は再び前向
きになる。そんなある日、歩が愛海の恋人である佐古克己を奪おうとしていると誤解されたことから
、歩は愛海を中心とする女子数名に執拗にいじめられるようになっていく。助けを求めたくても、親
は体の弱い弟に気を取られ、歩の言うことに耳を傾けてくれない。そして、担任に相談しても担任は
職員室内で「いじめ」にあっており、彼女を守れる人間は誰もいなかった。最初は弱かった歩だが、
次第に仲間を見つけていじめに立ち向かい、「生きる」ために強く成長していく──。


☆「映像特典」あり。
「クランク・イン映像」、「クランク・アップ映像」、
「ドラマ本編外のショートムービー」、「出演者インタビュー」他

[スタッフキャスト]
原作:「ライフ」すえのぶけいこ(講談社「別冊フレンド」)
脚本:根津理香(「ブロッコリー」など)
主題歌:中島美嘉「LIFE」(Sony Music Assosiated Records)
プロデュース:中野利幸
演出:
谷村政樹
加藤裕将
制作:フジテレビドラマ制作センター
制作著作:フジテレビ
出演
椎葉 歩(しいばあゆむ) 北乃 きい
安西 愛海(あんざいまなみ) 福田 沙紀
佐古 克己(さこかつみ) 細田 よしひこ
羽鳥 未来(はとりみき) 関 めぐみ
平岡 正子(ひらおかまさこ) 酒井 美紀
戸田 和佳絵(とだわかえ) 瀬戸 朝香
椎葉 文子(しいばふみこ) 真矢 みき

(C)2007 フジテレビ

Amazonレビュー

   2007年6月~9月、フジテレビ系・土曜ドラマ枠で放映された、北乃きい主演のハードな学園ドラマ。共演は、福田沙紀。原作は、すえのぶけいこによる同名の人気コミック。高校を舞台に繰り広げられる壮絶で陰惨なイジメをテーマにした作品で、放映当時大きな反響を呼んだ。作中で行なわれるイジメが少年少女に与える影響などが懸念されたが、力強く運命を切り拓いてゆく主人公・歩(北乃)や、実は自身も孤独を抱えているイジメのリーダー・愛海(福田)の姿に共感をおぼえる声も多く、さまざまな意味で友人や家族との関係を見つめなおすきっかけを与えてくれる物語。ささいなことで崩れる人間関係のバランスやそれぞれの立ち位置のもろさなど、少女ならずとも考えさせられる点がおおいにある。現代の学園事情の一端を垣間見れる好作品。(みきーる)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
当時に放送されてた時に見ましたが、かなり衝撃でした。いつの間にか毎週欠かさず観てました(笑)
イジメはいけないけど、自分もイジメられたくないから加勢するのはもっといけない事だと思います。イジメられる方にも問題があるとか、そういう人もいますがまずは人の気持ちになりましょうって感じです(笑)
ラストを見た時は、え!?と思いましたが、イジメは終わらないということを言いたかったんだと思います!だけど、安西よりヒロのほうが好きになれないのはなぜだろう…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon カスタマー 投稿日 2017/2/11
Amazonで購入
商品は綺麗だし、
懐かしく思いながら
見ました!
大事に保管します。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 なかなか面白かったし、良かった。ラストの終わらせ方が中途半端な気もするが、ドラマの主旨を考えるとあれでよかったのだと思う。回の終わらせ方が次の展開を期待させるような感じになっていたところも良かった。演出もキャストも良かった。しかし、このドラマは面白さ云々よりも見て、考えさせられる部分が多かった。

 ドラマだから少し過激になっていた部分もあったとは思うが、実際に同じようなことは起きている。それは、自殺などを報道するニュースを見ればよくわかる。だから、教育関係者は絶対に見るべきだ。「ただのドラマだろう」と一言で片付けないで「いじめ問題についてしっかりと考えるbwきだ。また、現役の学生、主人公・歩と同じくらいの年齢の学生は見るべきだ。みて、「いじめとはどういうことか」「いじめられるのはどういうことか」を真剣に考えてもらいたい。

 キャストでは生徒役、特に北乃きい、福田沙紀、北条隆博、関めぐみ、星井七瀬が良かった。北乃きい、福田沙紀、星井七瀬の表情の演技は良かった。

 教育関係者、現役の小中高生、小中高生を子供に持つ親には見てほしい。

 「私は愛海を許さない。でも私はいじめをもっと許さない」

 この歩の最後のセリフは忘れてはいけない。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最高というほどではないけど、久しぶりに全部見たいと思ったドラマがこれだった。

主人公は良い友達に出会い「いじめ」に立ち向かうことができたけれど、実際にいじめ
にあっている多くの子供たちは一人で悩み、苦しみ、リストカットしたり自殺している。

このドラマに描かれたことが「犯罪」という声があるけれど、現実の学校で
暴行、恐喝、強姦、いじめによる自殺など児童による犯罪が続発している事実を
知れば、このドラマを単なるフィクションとしか見ない考え方がいかに虚しいか。

このドラマに描かれたように学校は「いじめ」の事実を隠ぺいし、なんら対策を
実施することもない。NHKの特集番組で「いじめ」に対する各国の対策が紹介
されていたが、日本は「いじめ」に対する調査すらまともに実施されておらず、
何の対策も実施される気配がない。

今の学校でもっとも解決しなければならない問題が「いじめ」ではないだろうか。
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
最後の終わらせ方、十分に答えは出ていると感じますし、視聴者一人一人に考えて貰えれば、で良い終わり方だと考えます。
水戸黄門の様な一件落着って終わり方自体が差別(虐め問題)で有り得ないとも感じますし、
だから、最近はバラエティーのスカッとジャパンの様な逆に有り得ない綺麗事エンドで安心したいんですかね、
此のドラマはラスト場面に関わらず、其れ以外の各場面で答えは出ている様に感じます。
例えば、酒井さん演じる平岡先生が微力ながらも虐め問題に取り組み生徒達と向き合うとするが、結局は学校側に煙たがられて辞めさせられて行く現実、あゆむに対して何も出来ないままにと無念さを滲ませて謝り去る場面、差別(虐め)が簡単に解決出来ない、を表現していると感じますし。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この主人公が同級生の男子にレイプされたの見てから気分が悪くなった。
これって警察に行かないと駄目でしょと思った。
一人で立ち向かっていくけど、向こうは大勢なんだから無理だよね。
陰湿なイジメや暴行が毎日続く。ただ我慢してるけど、手を差し伸べてる
先生もいたのに相談しない。
机が上から降ってきたけど、これも警察に行けば殺人未遂までいく案件。
いい加減学校内のドラマとしてではなく、警察に行けばこうなるという
解決方法を教えるドラマができてもいいのでは?
小柄な女の子が毎日命の危険にさらされているのを見て、可哀想なだけだった。
イジメは警察で取り扱うようにしたほうがいい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す