日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ライフ・イズ・ビューティフル (字幕版)

 (443)8.61時間56分1997PG12
1939年、ユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校の教師ドーラに恋をする。彼の純粋さに惹かれた彼女は結婚を承諾。やがて可愛い息子も生まれ、3人は幸せな日々を送っていた。そんなある時、彼らに突然強制収容所への収監
監督
ロベルト・ベニーニ
出演
ロベルト・ベニーニ
ジャンル
外国映画
オーディオ言語
Italiano
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

プロデューサー
エルダ・フェッリ
提供
Lionsgate
レーティング
PG12対象
コンテンツ警告
飲酒性的なコンテンツ暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

レビュー

5つ星のうち4.6

443件のグローバルレーティング

  1. 75%のレビュー結果:星5つ
  2. 12%のレビュー結果:星4つ
  3. 7%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

Amazon Customer2017/12/23に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
戦争というテーマの初めて観た描き方
確認済みの購入
彼氏の勧めで観た映画でしたが、こんなにも中身の濃いものとは思いませんでした。
シンドラーのリストや、戦場のピアニストなどユダヤ人の迫害をテーマにした映画はこれまで観てきましたが、こんなにも
戦争の恐ろしさを、違った形で訴えてくる映画は初めてでした。世界大戦真っ只中のはずなのに作品全体が本当に明るい。主人公の子に対する溢れんばかりの愛情故に、どんなに絶望的な状況でも希望とユーモアを捨てない父の姿がコミカルに描かれていました。それと対照的に浮き彫りになる虐殺の残酷さを、あえてまざまざと見せつけられたような気がします。最期の瞬間まで、子の前では道化師のように明るく振る舞う父親、筋金入りの愛情が子供を守りぬいたのかもしれません。(実話ではないかもしれませんが、、)
感動しました!!平和に感謝。戦争映画を観る事こそが、私達ができる一番身近な世界平和への貢献だと思います。
52人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yoshi19722017/11/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
人生の節目で見返す映画です
確認済みの購入
自分の中では一番の映画です。特にこれから父親になる人達に強くお勧めします。
自分も人生の節目節目でこの映画を見返しています。そして強く刺激をうけ涙を流し、勇気付けられています。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
かなこ2018/09/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
暖かくて優しくて悲しい物語
確認済みの購入
素晴らしい映画でした。どんな状況であっても愛やユーモアがあればきっと乗り越えられる。そういうことをこの映画が教えてくれます。
ただ、きちんと現実の部分も描かれています。
そこがこの映画をよりリアルにしているのかもしれません。
ユダヤ人の虐殺を「題材」に作った、明るいだけのお話ではありません。
残酷な描写も垣間見えます。(グロテスクなシーンはありませんので大丈夫です)
しかし笑いや愛情も確かに一緒に在る映画です。そのバランスが絶妙です。
また、収容されるまでに時間をかけて一つの家族や人生を描いたことに好印象を持ちました。
そのおかげで、より一層リアルで、身近に感じました。
確かに生きていた普通の人々。
出会いや別れや幸せや失敗があり、そこにいる彼らは私たちと何も変わりません。
そんな彼らが収容され、酷い仕打ちを受け…。
(しかし主人公は明るく生きるのですが)

収容所の惨さを知りたいのであれば衝撃的な写真などを見ればわかりますが、そういう手段ではなく、普通のドラマのようにこの悲劇を描いたことに意味があるように思います。

お子様でも見られると思いますので是非。
暖かくて優しくて、悲しい物語です。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amaちゃん2021/06/13に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
強制収容所という設定にしないで欲しかった
確認済みの購入
感動ものの誉高い本作を初めて視聴。確かに主人公の家族に対する深い愛情と奮闘ぶりに涙。
しかし微かな違和感あり。それはナチの収容所という設定が、感動作のための舞台に過ぎないのではないかという疑問である。実際、本作はフィクションであり、収容所内の様子等現実味に欠ける。
リアリティの有無はひとまずおいておいて、「いかなる状況下でも人生は生きるに値するほど美しい」という監督のメッセージを否定するつもりは毛頭ないが、果たしてナチの強制収容所でそれが可能なのだろうか。非人間的な環境の中で、感情や人間らしさを常に維持するのは難しい。そんな中でも笑いや希望を失わないグイドの精神力、愛の力には感動を覚えるものの、彼のように生きるべきというような主張を僅かながら感じてしまう。
前半部が素晴らしかっただけにである。
収容所の中で、あり得ることかどうかは別として、最も興味深かったのは、知己の医師との再会。当然、彼が助けてくれることを期待したのだが、彼はグイドの状況に無頓着。クイズの答えを求めてくる。その時のグイドのなんともいえない表情。この微妙な笑みで複雑な感情を表している。このような高度な技ができる主演兼監督なら、収容所という強烈な設定に頼らずとも感動をもたらすことができる筈だ。

この手の感動作を評価しないと人間性が疑われるのではないかと怖いが、上記の理由から敢えて星3つの中間評価。
勿論、地球上に強制収容所のような地獄を二度と出現させてはならないし、どんな状況でも楽しく生きようとすることは素晴らしいことである。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Kindleのお客様2018/11/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
面白かった
確認済みの購入
こんなユーモアな作品があってもいい。
ナチスの迫害はひどいけれど、恐ろしすぎて見れない世代もいる中で、何が起こっていたのか、コメディのように進んでいくので小さな子供でも入門編として、見ることができる。

それがわからせることができる非常に貴重な映画だと思います。

当たり前のように、蜜に住民同士が仲良く暮らしていたのに、どんどん迫害がひどくなっていっているとわかる描写が何気なく演出されていて、このような方法で伝える手段もあるのだなと関心しました。

私的には大変面白く、なんでもっとはやく見ていなかったのか悔やまれました。

どんな時でもユーモアを!
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yamachan2019/07/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
悲しい話なのに、泣けてこない不思議な映画
確認済みの購入
最近ぞっこんの推しメン推しで、観てみました。
この映画は、戦時中の話なので、全体的に暗い話なのですが、主役の演技全てが底抜けに明るく、自分の周りの人のために、笑わせたり、元気付けるための行為が、この映画の全てを支えています。かといって、戦争の悲惨さ、非道さを出さないかといえば、そういう訳でもありません。やはり、戦争なんてものは、やってはいけないことです。誰も幸せにできません。
あと、ジェスズという子供が出てくるのですが、その無邪気さが、戦争の暗さと相反して、物凄く明るく見えて、切なくなってきます。
でも、この映画を観ると、現在の状況がどうなっていようとも、自分のやり方次第で、よくなっていくと思える作品でした。20年も前の映画ですが、素晴らしい作品です。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
らりるれろ2020/01/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
最初に観たホロコースト映画
確認済みの購入
たぶん日本で、私と同じ世代の人が生まれて初めてみた“ホロコースト”を題材にした映画はこれじゃないかな。
幼いころに見た。最初は陳腐なコメディ映画だと思ったら突如薄気味悪い施設での重労働生活に様変わりし、歴史も何も知らないながらに“ユダヤ人迫害”“シャワー室=死”という暗い歴史があったことを教えてくれた。
それでも、父親の家族の笑顔を守りたいという深い愛がストーリーの中心にあり、今でも色あせない名作だなと感じている。
…と、昔の感触に想いを馳せながらアマプラに上がってたので久しぶりに観てみたが、冒頭の車のブレーキのシーンですでに抱腹。あ、こんな面白い映画だったんだ…と初めて見た時とは別の印象で楽しめた。グイドとドーラが結婚する前の人々の会話にも随所ホロコーストの影を覗かせて、歴史を学んだ今だからこそ理解できる場面もあった。軍医の紳士がグイドに贈った「名前を呼ばれると消えるもの」というなぞなぞにはゾッとした。
強制収容所の設定はわりとガバガバだけど(笑)、たぶんチャップリンの独裁者と同じカテゴリとしてみれば特に気にならないと思う。
そしてこの映画のMAXはやっぱり、ラストの戦車なんだなあ。このシーンで感情が沸き立たせてくれたのは父親グイドの惜しみない努力。こうゆう親になりたいと思わせてくれる。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
stella2020/01/26に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
La Vita E' Bella!
確認済みの購入
公開当時一人で映画館で見て、涙が止まらなくなった映画です。週末100円でレンタルできるというので久しぶりに見てみて、結構忘れているところもあり、とても楽しめました。イタリア語の勉強にもなります。(興味があれば)

ただの陽気で軟派な青年に見える主人公がとてつもなく愛情深く強い父親、夫であることに初めて見たときと同じように感動しました。どんなに暗い日々にも光を照らすことはできるのですね。大人はこうありたいです。

今回は特に子供の可愛さにビックリ!!私が歳をとったということでしょうか?あの子も大きくなったことでしょう。

素晴らしいお父さん。違う結末なら良かった。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示