中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライフ・イズ・ビューティフル (角川文庫) 文庫 – 1999/4

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1939年イタリア。図々しいユーモアと純粋な心を持つ青年グイドは、本屋開業の夢を抱き、町へやって来た。瞬く間に彼は、若く美しい女教師ドーラに一目惚れ。婚約者がいる彼女を必死にかき口説き、二人はまるでおとぎ話のようなラブ・ストーリーの末、ついに結婚する。数年後、二人は息子ジョズエをもうけ幸せに暮らしていた。が、時局はその幸せを許さない。ユダヤ人である親子は強制収容所へ送られることになったのだ。この野蛮な現実から息子を守らなければ…想像力を研ぎ澄ましたグイドの闘いが始まった。一人の男のささやかで、壮絶な人生への挑戦。涙と笑いが溢れる、力強い愛の名作。


登録情報

  • 文庫: 205ページ
  • 出版社: 角川書店 (1999/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4042820018
  • ISBN-13: 978-4042820017
  • 発売日: 1999/04
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 734,109位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
なたにとって、わたしにとって、一体、人生で最も大切なことって何なんでしょうか。 この作品はハッピーエンドでもなく、 第二次世界大戦時のユダヤ人捕虜収容所での ひとつの家族、という重い題材にした映画なのですが、 監督で主演のロベルト・ベニーニ演じる父・グイドの まさに「名演技」で、死とは対照的な、 「生きる動機」を与えてくれます。 上映2時間の間、こんな極限の状態においても なんどもお腹を抱えて笑うのは、 グイドが息子の命を守るだけではなく、戦争という 恐怖体験からわずか6歳の息子の心を守るためになされる業でした。 父・グイドとの死をもった永遠の別れは息子・ジョズエには 悲しいことではあるけれど、 彼のこの先の人生にグイドとの信頼関係が永遠に生き続けることでしょう。 グイドの「生きる動機」は愛する家族を守ること、そして喜ばせることです。 「信頼」を礎にした心の関係に、きっと癒されるはず。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/1/26
形式: 文庫
婚約者のいるドーラを口説いてついに結婚したときも、ユダヤ人収容所で幼い息子のジョズエを戦争の牙から守り通したときも、グイドはその愛の力で奇跡を起こしたのです。全編にユーモアがあふれる楽しい物語ですが、「神ではなく、人間の愛こそが奇跡を起こす。だから人生って素晴らしい」ということを、ベニーニは言いたかったのかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この作品は映画の脚本を元に小説にしたものです。
ですので、私があまり好きでない、台本タイプの本で最初はとっても読みづらくて嫌いかなーーと思ってました。

でも、主人公の子供が出てきたあたりから、ぐいぐい引き込まれるような感じになってきて、最後は感動しました。

まだ映画はみたことないんですが、見てみたいです。

暗くて希望を失った時代に、子供に希望を持って明るい将来を託した賢く明るい父親の愛の物語です。

感動してください。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
松本人志が,「シネマ坊主」で10点満点をつけていたので,見ました。前半の掴みの部分はやや長いですが,本当に面白い映画でした。今まで幾つも"強制収容所モノ"の表現を見てきたせいか,僕はシンドラーのリストを見たときのようなぐったり感は無かったです。最後まで続く明るさが,イタリアらしく,大変良かったですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
送っていただくのも早く、ビニールで包装もされており、とても丁寧にしていただきありがとうございましたm(_ _)m
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告