通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ライオンの冬     (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライオンの冬     (角川文庫) 文庫 – 2011/2/25

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ライオンの冬      (角川文庫)
  • +
  • 償いの椅子 (角川文庫)
  • +
  • 天国の扉    ノッキング・オン・ヘヴンズ・ドア (角川文庫)
総額: ¥2,592
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

伊沢吾郎、八十二歳。旧日本陸軍狙撃手。現在は軍人恩給で暮らしながら、狩猟解禁期間には猟をし、静かに暮らしていたが、ある誘拐事件をきっかけに再び立ち上がることを決心する……。

内容(「BOOK」データベースより)

伊沢吾郎、82歳。かつて日本陸軍の狙撃手としてフィリピン戦線で戦った男は、軍人恩給をもらいながら、孫娘の結と山奥でひっそり暮らしていた。しかし、ひとりの少年の失踪事件をきっかけに、雪山は緊迫感に包まれる。伊沢の動向を監視する謎の男たち。複雑に絡み合う思惑…。囚われた過去を背負いながら、老兵は愛する人を守るため、再び立ち上がった。ベストセラー『償いの椅子』の著者が描く、強く優しい絆の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 377ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4043832044
  • ISBN-13: 978-4043832040
  • 発売日: 2011/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 403,922位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 marui 投稿日 2012/9/28
形式: 文庫
友人から借りて、ただなんとなく読んでいたんですが、想像以上に面白かったです!!
山じじいの強さと、不器用な優しさにすごく感動しました!
雪山での戦いでは、じいちゃんパワーすごいと思うような場面がたくさんありました。
個人的には結と虎、結とじいちゃんの会話が好きだったり。
ただ、人物が多くなってくると確認のために読み返したりしたので、そこが少しおしいかなと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー VINE メンバー 投稿日 2008/4/13
形式: 単行本
独特の描写が面白い。話自体は、冬山に暮らす老人が持つ秘密を狙って、それを暴こうとする者と阻止したい者との戦いを描く。それに刑事や老人の孫娘も絡んで・・・、と言う所。アクションの描写はそれなりだし、キャラも立っていた。静かに燃える者たちの戦いと言った感じだろうか。それなりに読めるが強烈な印象を持つ作品か、と言えばそこまでのパワーは感じられなかった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
やっぱ帯だけで内容を類推してはいけないね。
話の筋も面白かったし、キャラクターも良かったと思います。
読み始めたら止まりませんでした。
孫娘が魅力的なキャラで皆さん映画化する場合誰を女優にするか意見が様々でるでしょうね。そんな読み方も出来るかもしれません。
今ひとつリアリティが無いので星マイナス1で4としました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
初めて沢木さんの作品を読みました。続きが読みたくてコーヒーのお代りができるミスドについつい長居してしまいました。一気読みしてしまいました。ほかの作品ももちろん読んでみたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告