¥ 670
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ライアーバード 1 (リュウコミックス) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ライアーバード 1 (リュウコミックス) コミックス – 2016/10/13

5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 93
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ライアーバード 1 (リュウコミックス)
  • +
  • ライアーバード 2 (リュウコミックス)
  • +
  • 凪を探して: 『猫がいない』短編集 (リュウコミックス)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

商品の説明

内容紹介

京都の音楽喫茶『ライアーバード』で働く、ギターを愛する青年・ヨタカ。彼が人生で大切にしているものは3つ。ギターと音楽と、ライアーバード。人を寄せ付けずかたくなな態度で生きるヨタカの前に、ある日突然天真爛漫な少女・コトが現れた。ヨタカが何度やっても再現できないギターの音を、コトは一度聞いただけで演奏してみせるのだった…。正反対の二人を描く、音楽とヒューマンドラマ!1、2巻同時発売!

著者について

2012年冬、第12回龍神賞・銀龍賞を受賞しデビューする。受賞作は「コピー」。2014年、「『猫がいない』短編集凪を探して」を刊行。京都府在住。


登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2016/10/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4199505296
  • ISBN-13: 978-4199505294
  • 発売日: 2016/10/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
5
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(5)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
音楽以外には徹底して無関心な青年・ヨタカはある晩、道路を跳んで逃げまわる奔放な少女と邂逅する。どこか猫を思わせる、その瞳は鮮烈な印象を残した。
敬愛するマスターがいる音楽喫茶『ライアーバード』で、ヨタカは彼女に再会する。
名前はコト。マスターとも旧知の間柄のよう。
はじめの印象は互いに最悪だったふたりだが、胸の奥で深まる関心は抑えられずー。

ギターにストイックで無愛想なヨタカにとって、唯一、心を開くことができる空間・ライアーバード。マスターは子供のころからのあこがれで、そのギターの音色には魅了されどおし。
そんなマスターに可愛がられており、住みこみはじめたコトの存在がヨタカには面白くない。
さらには「一度、聴いた音は完全に覚えることができる」という天賦の才に、サリエリよろしく妬みが湧きあがる。

嫉妬や羨望は常にヨタカの側にあるようだけれど、その実、独特の感覚を持ったコトもまた、他人のように「ふつう」に振る舞えないことに悩み、憤り、ヨタカの音楽への真摯な取り組みや、理論づいた思考を手にすることができず歯噛みしている。
「音が目に視えてしまう」という特性も彼女を孤独に追いやっており、やり場のない怒りは、現実と折り合いをつけられるヨタカに向かう。

そんな正反対の2
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 えす 投稿日 2016/11/16
形式: コミック Amazonで購入
前作の「凪を探して」からの大ファンです!前作が女子の繊細な心理描写がされていたのに比べ、今回は大きな物語を2人の男女がぶつかり合いながら音楽を通して紡いでいくものです。
2人の言葉、苦しみと喜びが胸に響きます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
面白い、とにかくコトが可愛い、画風も音の表現が分かりやすくて良いです。通常の漫画なら二人の距離は早く縮まるものですが、ごつごつした原石同士がぶつかり合いの様を丁寧にめんどうがらずに描いていて好きです。次巻が待ち遠しい漫画です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 suntarou 投稿日 2016/10/20
形式: コミック Amazonで購入
Black bird の曲が出てくる。文字だけだが。
Black birdの曲を聴きながら、ヨタカとコトに
思いを馳せると 泣けてきた。
音楽という、光を追って、まっすぐに走って行ってほしい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
京都が舞台。まず、絵が美しい。
音楽がテーマだけど、本当に音が聞こえてきそう。三巻が待ち遠しい!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告