中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーヤケ・スレなど使用感あります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヨーロッパ分断1943―大国の思惑、小国の構想 (中公新書) 新書 – 1994/7

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

中欧連合構想の歴史。ドイツとロシアのはざまの歴史を概観する。巻末の参考文献をご参照あれ。


登録情報

  • 新書: 204ページ
  • 出版社: 中央公論社 (1994/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121011937
  • ISBN-13: 978-4121011930
  • 発売日: 1994/07
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 913,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 第二次世界大戦下の中欧。
 ポーランドとチェコスロバキアは,戦後をにらみ,両国を軸とした中欧での国家連合体の形成を構想し,イギリスもこれを支持していた。しかし,チェシン問題(ポーランドが,ミュンヘン協定によるズデーデン併合に便乗して,チェコ領チェシン地区を奪い取った問題)で両国は対立し,また,ソ連の反対もあって,両国間での協議はうまく進まなかった。
 他方,ソ連は,中央に反共的な国家連合体が形成されることを警戒し,国家連合体構想に反対していた。アメリカも,米英ソ中4か国による全世界的な国家連合体構想を抱き,そのためにソ連に大幅な譲歩をする用意を有していた。
 結局,1943年11月のモスクワの外相会談,同年12月のテヘラン首脳会談により,中欧国家連合体構想は放棄すること(ソ連とチェコの単独条約締結が認められた),ポーランド領をソ連の意向に沿った形で西方に移動させることなどが合意され,戦後の「東欧」形成の基礎となった。
 種々にあり得た「戦後の中欧」が,なぜ実際にソ連に囲い込まれる形での「東欧」になっていったのかを,米英ソ,ポーランド・チェコそれぞれの観点から描写しており,興味深かった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 第二次大戦中、欧米列強は(大国側の主役は英ソに米)

中東やアフリカで行ったのと同じように地元(欧州)でも

陣取り合戦を行っていました。

 英国は中欧の小国による国家連合(ポーランド&チェコ

スロバキア連邦とユーゴ&ギリシア連合に、オーストリア

&ハンガリー&ドイツ南部でドナウ連合)を望みました。

ソ連とドイツの間にそれなりの国が出来ることでバランスを

とろうとしたのです。

 ソ連はそれを「防疫線」と見なし反対し、逆に自国の

安全保障の点から少しでも国境を西寄り(モスクワから

遠ざける)にし、国境を接する国との援助協定を個別に

結ぶことで衛星国を置こうと画策。

 小国(ここでは主にポーランドとチェコスロバキア)の

亡命政府(本国はナチスドイツの占領下にあったので

ロンドンに亡命政府を設置)はその中で己の生きる道を探しました。

 この本ではタイトルの通り、冷戦期の産物といえる「東欧」と

いうものの成立を事実上決定づけた1943年のモスクワ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告