中古品
¥ 87
+ ¥ 300 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品ですので使用感や書き込みがある場合が御座いますが、極力きれいなものを取り扱っております。■併売商品のため在庫切れの際には迅速にキャンセル連絡をさせて頂きます。■通常、ご注文から2~3日以内には発送させていただいておりますが商品によっては3~5日程度お時間を頂く場合も御座います。 ■ビニール包装で防水のうえ中身が分からないよう発送させて頂きます。 ■通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 ■シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。■極力お安く提供できるよう作業の簡素化と、在庫倉庫にスタッフ常駐ではございません故、商品個別のお問合わせにはお答えできませんことをご理解くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ユーロと円―円の国際化へのシナリオ 単行本 – 1998/12/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 62
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

国際金融に関する理解は、今日の経済を解明するには欠かせない。円安になるとなぜアジア諸国がドル・ペッグを維持できなくなるのか。好調を伝えられる欧州諸国は、ユーロを生み出すためになぜあれほど財政赤字やインフレの収斂にこだわるのか。米国は、橋本前首相が米国債を売ることをほのめかしただけで、なぜあれほど動揺したのか。いずれもその答えを示すには、国際金融に関する基礎的な理解が不可欠である。本書は、「円の国際化」「ユーロ」「アジアの通貨体制」を題材にし、いわゆる「国際金融論」に属する分野でのホット・イシューを集めたものである。

内容(「MARC」データベースより)

世界で3番目の国際通貨である円。この国際化は今後どのように進むのか。99年に登場するユーロの国際通貨としての位置付け、アジアにおける通貨体制の構築などとともに解説する。


登録情報

  • 単行本: 212ページ
  • 出版社: 日本評論社 (1998/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 453555157X
  • ISBN-13: 978-4535551572
  • 発売日: 1998/12/1
  • 梱包サイズ: 20.6 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,777,786位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう