通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ユートピアはどこへ――社会的制度としての建築家 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 お茶の水本舗
コンディション: 中古品: 非常に良い
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ユートピアはどこへ――社会的制度としての建築家 (磯崎新建築論集 第6巻) 単行本 – 2013/8/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/8/29
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 3,243

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ユートピアはどこへ――社会的制度としての建築家 (磯崎新建築論集 第6巻)
  • +
  • 散種されたモダニズム――「日本」という問題構制 (磯崎新建築論集 第1巻)
  • +
  • 記号の海に浮かぶ〈しま〉――見えない都市 (磯崎新建築論集 第2巻)
総額: ¥11,880
ポイントの合計: 199pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

社会の近代化過程において明確であった建築家のテーマが、1970年前後を境に拡散し曖昧になり、建築におけるユートピア像も失われていった。その過程を辿りなおすことで、目的を見失い「不全症候群」に陥ってしまった〈建築〉がいま模索すべき道を問う。文化としての建築、思想としての建築の可能性を示唆する挑発的考察。

内容(「BOOK」データベースより)

近代化の進展に伴い建築におけるユートピア像は解体し、建築のテーマも拡散した。官僚組織によって計画された「都市」が、民間資本による「投機」と結びついて「大都市」化し、更に電子情報革命を経て「超都市」の時代へと変成する過程で、建築家の型や手法はどのように変化したのか。現代世界のカオス的状況と地球大での社会システムの変容を見すえ、建築のあり方と建築家の職能を批判的に考察。文化としての、思想としての建築の可能性を問う挑発的問題提起。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 320ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2013/8/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4000286064
  • ISBN-13: 978-4000286060
  • 発売日: 2013/8/29
  • 梱包サイズ: 19.2 x 14 x 3.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,122,968位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう