通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ユートピアの崩壊 ナウル共和国―世界一裕福な島国... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】帯付きです。表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ユートピアの崩壊 ナウル共和国―世界一裕福な島国が最貧国に転落するまで 単行本 – 2011/1/28

5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 829

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ユートピアの崩壊  ナウル共和国―世界一裕福な島国が最貧国に転落するまで
  • +
  • アホウドリの糞でできた国 (アスペクト文庫)
  • +
  • 国マニア 世界の珍国、奇妙な地域へ! (ちくま文庫)
総額: ¥3,358
ポイントの合計: 142pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「これはナウルだけの問題なのか――。破綻した島国から現代社会への警鐘」。

豊富なリン鉱石資源の輸出により実現した、労働の義務から解放された税金なし・社会保障完備の〈地上の楽園〉は、なぜ短期間で破綻してしまったのか?
豊かだった国が危機意識を欠如したまま財政破綻に陥る時――。
太平洋に浮かぶ世界一小さな島国を襲った悲劇の物語から、私たちが学ぶべき教訓とは何か。

内容(「BOOK」データベースより)

これはナウルだけの問題なのか―。豊富なリン鉱石資源の輸出により実現した税金なし・社会保障完備の“地上の楽園”は、なぜ短期間で破綻してしまったのか?太平洋に浮かぶ世界一小さな島国を襲った悲劇の物語から読み取るべき教訓とは―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 新泉社; 1版 (2011/1/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787710176
  • ISBN-13: 978-4787710178
  • 発売日: 2011/1/28
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 451,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
ナウルの栄光と、その転落。

一つの資源に頼って暮らしてきた国、ナウル。
税金もなく、働く、家事をする、、ということすら忘れてしまった国民。
いつか資源が、尽きるだろうことも、考えていなくもなかったけれど、
きちんとしたビジョンをもった指導者がなく、
かなりの資産も、
禿鷹の食い物になるばかり。
国民も思考力がなく?
とうとう崩壊し、最貧国へと転落した。

下手な怪談より怖い。
まだまだ、続編がありそうだ。
自分が、自分たちが同じような道筋にのっていないか?
今の自分たちはこれで大丈夫か?
と、、自問する、、。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ナウル共和国Republik Naoero (ナウル語)Republic of Nauru (英語)は人口10,131人。
太平洋南西部に浮かぶ珊瑚礁のナウル島からなる共和国。国土面積は21km2であり、バチカン市国、モナコ公国に次いで面積が小さい。
国内には都市が存在しないため、首都の概念がない。

島の中央部は良質のリン鉱石(グアノ)からなる台地であり、島の面積の約80%を占めており、標高は約70mである。
リン鉱石は数百万年の間堆積した海鳥の糞に由来する。この大量のリン鉱石の存在が島の運命を狂わせた。
ナウルはこれら燐鉱石を売って儲けた金を国民全員に分配した。国民は世界で最も高い生活水準を享受し、
国は国民に対し税を徴収せずに、無料の医療、教育、年金、手厚い社会福祉を提供した。
必要もないのにどんどん公務員を増やした。
かつては住民は漁業と農業で生計を立て貧富の差もなく平和な生活を送っていた。
しかし、リン鉱石がもたらす不労所得が島民の生活や文化を大きく変えてしまった。
ほぼすべての労働者は出稼ぎ外国人であり、国民は働く必要がほとんどなかった。
食事も中国人の経営するレストランで三食済ますといった生活であった
島の人はドイツや日本やイタリアの高級車
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
あぶく銭というと少し違うかもしれないが、ナウルの過去の繁栄と現在の転落を見るとつまるところ同じではないかと思ってしまう。
結局のところ、自分の能力以外で手に入れたものはあくまで幸運にしか過ぎないのである。
その幸運に頼り切っていれば、運が尽きたときにどうなるかは言うまでもない。

この本ではその過程が描かれている。
怠惰と放漫財政、そして国家財政の破たん。
「人間の持つものの中で、自分自身に基礎を置かぬ力ほど、不安定で儚いものはない」
というゲーテの言葉を思い出させるような過程をたどったナウルの転落の歴史を上手くまとめていて、読みやすい。

ただ、ナウルについての大雑把な歴史的経緯を知っている人からすれば少し物足りない内容かと思われるので、
☆は3つとさせていただいた。文庫本になって価格が半額になるなら☆4になるだろう。
なお、最後のインタビューは正直に言って蛇足に思えた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
リン鉱石で大儲けした大金を生かせなかった人口一万人弱の小島の実話。
濡れ手に粟の収入のある資源国の悲喜劇であるが、世界中の詐欺師に資産を毟り盗られ、後には糖尿病と荒廃した国土が残った。
放漫時代に育った若い世代は家事のイロハも出来ない。

日本でも車社会以降の世代は集中力のテストでは反応速度が10-20%低下している。詳細:[...]‾iccinc
車、リモコン、エスカレーターと便利な社会の警告でもある。

余りに少人口でよほど人材に欠けていた小島の話ではあろうが、同じように政治家の人材に欠ける日本の将来にダブル面もある。

一読を奨める。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告