ユージュアル・サスペクツ [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 927
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: ブックアイランド狭山台店 (埼玉県)[ゆうメール]【365日休まず営業しております】
カートに入れる
¥ 1,830
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 彩森堂◆毎日発送!◆アマゾン専売
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ユージュアル・サスペクツ [DVD]

5つ星のうち 4.1 201件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 616 (40%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 925より 中古品の出品:24¥ 377より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオユージュアル・サスペクツ (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【パラマウントストア】「ミッション・インポッシブル」、「トランスフォーマー」など人気・名作タイトルやセール情報をチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ユージュアル・サスペクツ [DVD]
  • +
  • ファイト・クラブ [DVD]
  • +
  • セブン [DVD]
総額: ¥2,781
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スティーヴン・ボールドウィン, ケヴィン・スペイシー, ガブリエル・バーン, チャズ・パルミンテリ, ケヴィン・ポラック
  • 監督: ブライアン・シンガー
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日 2006/09/08
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 201件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002U8NQG
  • JAN: 4988113757607
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 3,449位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

銃器強奪事件の面通しで集められた五人の前科者(これがタイトルの指す“常連の容疑者”)を主人公に、歯車の狂い始めた犯罪計画を卓越した構成で描いたサスペンス・ミステリー。

Amazonレビュー


  コカインの取引現場を何者かが襲撃し、密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えた。警察は唯一の生存者キント(ケヴィン・スペイシー)の尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、ソゼだと語り、彼がキートン(ガブリエル・バーン)ら5人のワルを集めて襲撃させたというが…。
   ブライアン・シンガー監督の出世作となった傑作犯罪映画。登場人物に善人などは皆無で、ピカレスク要素を漂わせつつもどこか閉塞的な心理サスペンス・ミステリーが繰り広げられていく。一癖も二癖もある個性派を集結させてのキャスティングも素晴らしい。アカデミー賞助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)およびオリジナル脚本賞を受賞。またシンガー監督は本作が認められて「X-MEN」シリーズの監督に抜擢されることにもなった。(的田也寸志)



商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
 同書によると、The Usual Suspectsの台本は巧みにできていて、観客は最後まで、ある基本的な嘘が本当だと思い込まされてしまう、とある。どうやら、The Usual Suspectsの醍醐味は、日本語字幕では、うまく伝わらないようで、原語を聞き取るか、英語字幕を頼りにしたほうが、面白いらしい。たとえば、

         Don't give up on me now.

 というセリフが出て来るが、on meの意味を字幕で正確に伝えるのは、難しそうだ。「あきらめないで」と言っているのだが、on meは「わたしのために」とは、ニュアンスが異なる。マーク・ピーターセンは、これを「迷惑のon」と説明し、「あなたが、give upしたら、わたしが困る」という意味になるという。
 その他にも、常套句の効果的な使用法の見本として、The Usual Suspectsから引用されている。
 ドラマとしても、面白いが、微妙なニュアンスを伝える英語表現の教材としても、役立つらしい映画である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
いまのところ好きな映画No1です。全てをコントロールする伝説のカイザー・ソセ。かっこいいです。何度見ても素晴らしい作品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
引き込まれること間違いなし
観なきゃ損します
まさかこんなこととは・・・
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
おそらくこの映画に興味持たれた方というのは
現代では前情報も多く、まだ見ていない方でもミステリやプロットの面白さの推しから興味を持ったかと思います。
確かに他に類を見ないレベルの緻密さがあります。
知らなくて飲み込まれるところ、知っていても驚くところ、たくさんあります。
素晴らしい仕掛けの脚本です。

ですが私としてはこの映画は妙なリアルさを推したいです。
犯罪シーンというのは古今の映画で演出も意味も変わってきていますが
この作品の犯罪シーンはすっごい「仕事」感があるんです。
例えばオーシャンズ・シリーズ。これもまた犯罪シーンが主眼で犯罪が仕事の映画ですが
あちらでは誰々がアレをやり、誰々がコレをやり…と理詰め(風)に進んでいきます。

この映画にはそういうわかりやすい解説や因果はなくて、行為の瞬間だけを切り取るのですが、
それでもキャラごとの立ち位置や淀みない動き、演出の端々に犯罪のプロの感じがでています。
もちろんその「こいつら最強の集団やな…」の感じや個々のはらむ危うさが全て終局に繋がるのではありますが
「なんかうまくいってるけど運がいいだけやんけ!」みたいな悪さとは違う感じ、この演出は素晴らしいと思います。
そういった意味でもおすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
これはミステリー小説でいうところの叙述トリックもの、です
高評価なのは
「叙述トリックに見事に引っかり、スゴイどんでん返しだ!と驚いた」って人達の高評価と
「叙述トリックものだけど、丁寧に作られている」って人達の高評価
この異なる2者が混在してるからなのだろうと思います
逆に低評価なのは
「叙述トリックに惑わされず、従ってどこがどんでん返しだったのかわからないレベルで醍醐味を味わえなかった」って人たちの低評価と
「この叙述トリックはフェアじゃない」って人たちの低評価
この2つに大別されるのでしょうか…

個人的には、普通に楽しめた映画でしたが、
予算の関係なのか、予想していたより淡々としていて、グイグイ引き込まれる創りではなく、自ら入り込む努力がちょっとだけ必要になりました

叙述トリックものでありつつも、「何としても騙してやるぞ!」って作品ではない良心的なつくりのおかげで
「この人の言ってる事は信用できないんじゃない?」って感じで見れていたので
「証言を基にした再現シーン」を客観的に見ることができました
結果として、「詐欺師に丸め込まれた馬鹿な刑事の話」で終わってしまう部分もあり、そこが少しだけ残念だったりします
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ
犯人だ~れだ?という作品は、数多くありますが、犯人は最も近しい人物。というコテコテの手法の本作なのですが、なぜか印象に残ります。客観的・論理的に考えれば少々無理のある話ですが映画にそれをいうつもりはありません。本作の描き方は、小さなオフィス、を中心にしてあらゆる角度へ視点を移す手法にある、と思っています。悪まで軸はオフィスでの問答。このスタイルを最後まで貫き通したのが最大の魅力でしょう。映像では一瞬すぎて肉眼では確認できませんが、一時停止できるものでみてみると、煙草の煙の奥に左手に銃を横に構えたカイザー・ソゼの姿が映っています。この様なディテールにもこだわりを見せているのは、なんとも味わい深いです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー