ユージュアル・サスペクツ [DVD] がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,480
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Q-UP オンライン
カートに入れる
¥ 1,740
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Prime Center
カートに入れる
¥ 1,830
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 彩森堂◆毎日発送!◆アマゾン専売
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ユージュアル・サスペクツ [DVD]

5つ星のうち 4.2 191件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 818 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 725 (47%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 818より 中古品の出品:30¥ 378より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオユージュアル・サスペクツ (字幕版)¥ 0で観る

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ユージュアル・サスペクツ [DVD]
  • +
  • セブン [DVD]
  • +
  • ファイト・クラブ [DVD]
総額: ¥2,563
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: スティーヴン・ボールドウィン, ケヴィン・スペイシー, ガブリエル・バーン, チャズ・パルミンテリ, ケヴィン・ポラック
  • 監督: ブライアン・シンガー
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日 2006/09/08
  • 時間: 105 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 191件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002U8NQG
  • EAN: 4988113757607
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 8,274位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

銃器強奪事件の面通しで集められた五人の前科者(これがタイトルの指す“常連の容疑者”)を主人公に、歯車の狂い始めた犯罪計画を卓越した構成で描いたサスペンス・ミステリー。

Amazonレビュー


  コカインの取引現場を何者かが襲撃し、密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えた。警察は唯一の生存者キント(ケヴィン・スペイシー)の尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、ソゼだと語り、彼がキートン(ガブリエル・バーン)ら5人のワルを集めて襲撃させたというが…。
   ブライアン・シンガー監督の出世作となった傑作犯罪映画。登場人物に善人などは皆無で、ピカレスク要素を漂わせつつもどこか閉塞的な心理サスペンス・ミステリーが繰り広げられていく。一癖も二癖もある個性派を集結させてのキャスティングも素晴らしい。アカデミー賞助演男優賞(ケヴィン・スペイシー)およびオリジナル脚本賞を受賞。またシンガー監督は本作が認められて「X-MEN」シリーズの監督に抜擢されることにもなった。(的田也寸志)



商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
 私の映画の師匠オススメ作品。
 衝撃的なラスト5分。
 「カイザー・ソセ」は、実在するのか、しないのか。
 断片的に、そして、効果的に与えられる情報。
 懐疑的でありながら、彼の影に怯える5人の容疑者たちの姿に引きこまれました。
 しかし、人間とは、実体のあるものよりも、見えないものに恐怖心を覚える生き物なのですね。そんな心理がよく描かれています。
 
 
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
その名を聞くと誰もが怯える謎のギャングのボス、カイザー・ソゼをめぐる話は、一見、複雑にからみあって謎解きのようだが、最後の落ちのための前フリに過ぎないことが分かる。だから、落ちがわかった後でも、何度でも見て、そこまで持って行く過程を楽しめる。「セブン」と並んでケビン・スペイシーがブレイクした作品。豪華絢爛な大作でない分、映画本来のおもしろさが何か、よく理解できる。お勧め。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
何に騙されたのか気づいてない人がいるほど巧みな映画。シンガー監督の出世作。保存版にしてます。
見所は、昔からある使い古された卑怯技とも言えるアノ技で、堂々と一本映画を作ってしまったところ。「低レベル技をいかにして低レベル技と思わせないように撮るか」シンガー監督がしたかった事はソコっ!。映画が始まってすぐにソレと気づくのに、つい忘れてまるまる一本映画を見せられちゃった。なので「映画に騙された人」と「ストーリーに騙された人」の二種類に分かれます。だからレビューもこの二つに分かれます。「カイザー ソゼ」っているの?いないの?いるとしたら誰?って、見ちゃった人は「ストーリーに騙された人」。ストーリーのオチを見る前に「アッ!しまった・・・今時これで・・・」って頭抱えた人は「映画に騙された人」。でっ、「映画に騙された人」の方が楽しめます。変なタメ息つきながら何度も・・・。
 余計な追記 - まぁ、「サスペンス」って言葉も騙しの内かも・・・。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
星の数はDVD商品としての評価で、映画に対するものではありません。

日本のDVDとしては廉価版といえる価格でリリースされること自体は良いことですが、いつになったら特典付きバージョンが日本で入手できるのでしょうか。

本編さえ見られれば良い、安ければなお結構、という需要もあるはずなのでこういうバージョンも必要だと思いますが、一方で、既にある特典素材を出し惜しみするというのは不愉快です。

アメリカでは本作は過去に3回DVD化され(1997、1999、2002)、かつ、まもなく(2006年11月)4回目のDVDが発売されます。

最初の2つはLD用に録音された音声解説だけで画質もあまり良くないそうです。2002年版はSpecial Edition(両面Disc)で、それに加えて新録の音声解説とインタビュー、新作ドキュメンタリー、削除シーンなど結構盛りだくさんです。(私が持っているのがこの版です。)

次に出るCollector's Edition(2枚組)はSEの特典を拡張したようなもののようです。

US版は新しくなる度に少しずつ改善されていますが、何度も買わされる方はたまりません。幸か不幸か日本では長いこと廃盤だったので、一気に最新版を日本語化して欲しいですね。
...続きを読む ›
コメント 89人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
最初にミステリー・サスペンスなんていうおかしな紹介がされているものだから、ハテ?一体どっちなのと思いながら観ましたが、5人の主要人物に怪しすぎる人物がいてその人物が全てを語るってことは・・・。みたいな既に謎の結末は見えているんだけれど、ハッキリとは言わない。その辺がこの微妙な表現になったのか・・っと勝手に納得。全編の演出はかなり単調で途中で寝落ち・・・。3回目のトライでやっと最後まで観ることが出来ました。みなさんかなり高評価ですが、僕は最後の10分間だけに集中した構成がとてもだるく(その分最後10分間は愉しく観られましたが・・)やっぱり大半のだるさ分を☆-1とさせていただきました。
サスペンス系の映画は、後半の謎解きに集中し過ぎる傾向がやっぱり僕向きではないのかもしれないですね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ラスト5分ぐらいから、一部、ストップ・モーションがかかり、寝転んでいたのが、居住まいを正し、口はポカンと開け放たれ、眼は画面を凝視し、終了しても、いったい何が起こったのだと反芻し、再生して早送りして再度観、改めて最初から、今度は登場人物の名前を頭に叩き込み、ストーリーの細かいところも確認し、人間関係や、セリフの一つひとつを吟味し、万全の態勢で観ても、もう一度、もう一度と再点検し、舐めるように観てしまった。

サスペンス映画が好きで、なおかつ、強烈なドンデン返しが、人一倍好きな人なら、絶対にお薦めの映画である。そういった映画なので、ここで内容には踏み込めない。これは何の先入観無しで、まっさらの状態で観るのがベストだろう。但し、これを漫然と映画館で観ていたら、ラストのドンデン返しに茫然とし、二度観確実なので、その間、大いにストレスがたまっただろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック