通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ユリイカ 2014年2月号 特集=堤清二/辻井喬 ... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 平成26年2月号。表紙に細かいスレがあります。裏表紙クリーニングの時タイトルの一部が擦れてしまいました。見た限り、本文に書き込み・マーカーなどはありません。万が一見落としによる書き込み等ございましたら返金いたしますので連絡願います。全体として良好な状態です。アマゾン在庫管理用バーコードシールは、きれいに剥がせるラベルを使用しています。その他、万が一品質不備や説明と異なる状態があった場合は全額返金にて対応致しますので評価を入れる前に連絡願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ユリイカ 2014年2月号 特集=堤清二/辻井喬 西武百貨店からセゾングループへ・・・詩人経営者の戦後史 ムック – 2014/1/27

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 413

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ユリイカ 2014年2月号 特集=堤清二/辻井喬 西武百貨店からセゾングループへ・・・詩人経営者の戦後史
  • +
  • 叙情と闘争 - 辻井喬+堤清二回顧録 (中公文庫)
  • +
  • 彷徨の季節の中で (中公文庫)
総額: ¥3,009
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

登録情報

  • ムック: 245ページ
  • 出版社: 青土社 (2014/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791702670
  • ISBN-13: 978-4791702671
  • 発売日: 2014/1/27
  • 商品パッケージの寸法: 22.3 x 14.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 342,164位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
堤清二であり、辻井喬であった氏。氏の本質は一体どこにあったのか。身近に触れた方々にとってもわからないのだろう。
堤清二として終わっていなかった堤康次郎 の遺した遺産相続をやろうとした部分と、詩人辻井喬として『死について』を紡いだ部分は繋がっているのだろうか。たくさんの作品と謎を遺した詩人であり、経営者の二つを覗くには良い企画だろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック Amazonで購入
生涯現役
社会的な仕事、プライベートな趣味の仕事、また家庭に於いての役割の仕事
流通業界の変遷を目の当たりに受けて経営に携わられた人生
交流のあった方達のお別れの文を読むと
人間的に御苦労をされて心の優しい人柄の方なのだ。とても身近な人に感じてしまうのは
どうしてなのか
小説を書かれていらっしゃる事は知っていましたが、本を購入して読もうとは
哲人政治家・大平正芳の生涯 『茜色の空』 面白いエピソード楽しく読ませていただきました。
『父の肖像』『叙情と闘争』これらも読ませていただきました。有難うございました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告