数量:1
ユメノ銀河 [DVD] がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【国内正規品】ディスクケースに微スレがありますが、ディスクは綺麗なお品です。ポストカードが付属します。OPP袋にて包装し、その上から管理ラベルを貼っております。 現品限り、Amazon専売品ですので在庫切れはございません。 通常配送無料でAmazon配送センターより迅速にお送り致します。 ★ご覧頂きありがとうございます。丁寧な対応を心がけておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。★
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ユメノ銀河 [DVD]

5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,010 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,174 (23%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ユメノ銀河 [DVD]
  • +
  • 水の中の八月 [DVD]
  • +
  • DEAD END RUN [DVD]
総額: ¥11,655
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 小嶺麗奈, 浅野忠信, 京野ことみ, 真野きりな, 黒谷友香
  • 監督: 石井聰亙
  • 形式: Black & White, Color, Dolby
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ケイエスエス
  • 発売日 2003/03/28
  • 時間: 90 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008CHB1
  • EAN: 4988707544873
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,505位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

夢野久作の原作を「エンジェル・ダスト」の石井聰亙監督が映像化。バスの女車掌に迫る危機を、夢幻的なモノクローム映像で描いたドラマ。出演は小嶺麗奈、浅野忠信ほか。

レビュー

製作: 須崎一夫 プロデューサー: 下田淳行/鎌田賢一 監督・脚本: 石井聰互 原作: 夢野久作 撮影: 笠松則通 企画: 伊藤靖治/神野智 音楽: 小野川浩幸 出演: 小嶺麗奈/浅野忠信/京野ことみ/真野きりな/黒谷友香/松尾れい子/嶋田久作
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

投稿者 雪柳 VINE メンバー 投稿日 2007/2/5
商品の説明にある通り、「夢幻的なモノクローム映像」で描かれる、ある種の不思議な美しさに満ちた世界。

原作は読んでいないが、一つの映画作品として正しく成立していると思う。

見どころは、やはり、もしかしたら連続殺人鬼かもしれない男にどうしようもなく惹かれてしまう女の子の、

揺れ動く心情と、一種の狂気にも似た激しさ、だろうか。

男は本当に殺人鬼なのか、主人公は、いつ殺されてしまうのか──。

一瞬たりとも気の抜けない緊張感をはらみつつ、静かに淡々と場面が積み重ねられてゆく。

男を演じた浅野忠信もさることながら、主人公を演じた小嶺麗奈が秀逸。

心の空虚さを抱え、それゆえにこそ、あえて冒険的な、破滅的な道へと突き進む若い女車掌を好演している。

浅野忠信も、何を考えているのか分からない男の不気味さを、うまく釀し出している。

静謐な映像美ゆえに、いっそう緊張感が高まる。

映画好きには一見の価値あり。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
もうかなり昔にレンタルで見た「エンジェルダスト」のことが思い出される。
とにかく、怖かったのだ。異常犯罪の深層心理を扱ったような筋書きには
よく理解できない点があったが、雨の降る夜の交差点での突然死や、
何かの回る音だけが聞こえる深夜のコインランドリーでの惨劇など、
音響と視覚による不安と恐怖の演出に感心して、この監督に注目するようになった。

さて、この「ユメノ銀河」では、怪しげな運転手と若くて多感な女車掌のドラマが、
コントラストを抑えた白黒の画調に、不安をあおるように時おりかぶさる音によって、
最後まで不可思議な緊張を維持しながら描かれている。
時代設定が古く、ノスタルジックな体裁をとりながらも、演じる若手の俳優たちが
あまりに現代的な風貌でしかも寡黙な演技なので、そこがまた不思議な違和感となって、
映画に独特の雰囲気とリズムを作りだしている。
ラストの海辺でのエピソードが、この謎めいて暗いドラマを一気に別の次元へ
連れて行ってくれる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
石井監督の90年代の代表作で、海外の映画祭でもグランプリを獲得している。
80年代初期の石井監督の作品とはうって変った淡々とした静寂を感じさせる独特のモノクロ映像で綴られる映像詩的作品である。
夢野久作原作なのでミステリー趣向もあるのかと思っていると、そういった要素はほぼ皆無で、謎の男の浅野にひかれていく主人公の少女を最期まで劇的になることなく描いている。
最初の30分くらいは昭和初期の空気感を見事に再現させた映像の魅力に圧倒されるが、その後は特に劇的な展開も技巧映像もないため、そのまますーっと終わってしまう印象である。
まあ、映像を堪能する作品である。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
夢野久作氏、原作の「少女地獄」の一部が映画化されている。

ふんわりとした白黒の映画にレトロ感が漂う凝った撮り方だと思った。

あまり原作の雰囲気は感じられなかったが、

シーンとしてちゃぶ台に向かい合う2人の男女の重苦しい沈黙がただひたすら続く。

そこが夢野作品らしさを出していたと思った。

台詞の表現より、沈黙を表現として出した「ドグラ・マグラ」の映像化と対照的で

面白く感じた。原作は知らなくても他の作品として楽しめると思う。 
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
まず、原作を映像化するのは無理という前提で意見を述べます。
ということは監督独自の世界として映像を楽しむということですね。
まあ白黒の映像で、レトロな感じを出す工夫をされていて、風景はいろいろなところをロケしていることと思います。その風景の映像の感じがふんわりしていてどこか場所が特定できなくトンネルをくぐり、踏切を渡ってむかうというちょっと迷宮感のある景色です。それは成功していると思います。さらに説明的言葉をかなり排除してイメージの世界で観客に映像の余白を楽しんでもらうという意図があるように思いました。
また女友達3人の手紙でのつながりが主軸にあり、その中で浅野君扮する運転手との恋がクローズアップされてくるのです。この運転手が悪者なのか?この結果はある程度幸福なものとなるのです。とにかく、浅野君がかっこいいし、小嶺麗奈さん、京野ことみさん、真野きりなさん黒谷友香さんが美しいので画面に彩りはあると思います。この俳優達を観るだけでも良いのではないかな。「夢」の感じは表現されております。眠くなる夢と捕らえる人もいるとは思いますが。決して悪い映画ではないです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック