通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 折れ・多少の使用感がありますが、書き込み等なく、概ね良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一朗の経営哲学 単行本 – 2009/10/30

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 989

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ユニ・チャーム SAPS経営の原点―創業者高原慶一朗の経営哲学
  • +
  • ユニ・チャーム 共振の経営 「経営力×現場力」で世界を目指す
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 104pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

売上目標を捨て、営業日報をやめ、階層別営業会議を廃止し、行動管理とコミュニケーション、飲ミニケーションで勝負する。不況下で高業績を続けるユニ・チャームがグローバルに推進するSAPS経営モデルはどのように生まれたか、人間尊重・達成感重視・時間競争力を信条とする経営のしくみとその背景が初めて明らかに

内容(「BOOK」データベースより)

正しい思考と行動が達成感と高業績を生む。会社の運動能力を高める経営モデル。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 236ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2009/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478011753
  • ISBN-13: 978-4478011751
  • 発売日: 2009/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 79,494位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
最近まであまり表に出る事が無かった、数少ない日本の超優良企業、ユニチャームの経営(というかオペレーション)手法を解説した貴重な本。

感心したのは、ユニチャームという会社が、トヨタやPG等の企業に学びながらも、それらの会社の手法をそのまま入れるのではなく、自らに合うように修正して取り入れて、本当に「自分のもの」にしていること。

加えて、ユニチャームグループ全体の中で、「目標ではなく行動を管理する」とか、「4つの心の病(うぬぼれ、おごり、甘え、マンネリ)」とか、組織に染み付いた考え方を「言葉」として共有・継承しているのが凄い。こういう新制度の「実施時の厳禁項目」とか、「なるほど」と思います。

ちなみにSAPSとは特別な手法ではなく、Schedule、Action、Performance、Scheduleの頭文字で、いわゆるPDCAと変わらない。でも、PDCAというある意味普通のオペレーションでも、極めれば、競争優位になるという良い例だと思う。戦略に目がいきがちだが、オペレーションの威力、侮るべからず。

極めて平易な日本語で読みやすく書かれていて、いわゆるマネジメントの基本的考え方が散りばめられている。主に営業のオペレーションの内容だが、マーケと営業のコミュニケーション、在庫削減等のヒントも豊富なので
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ユニチャームのSAPS経営の解説書。
著者の二神氏がみずからSAPS経営を磨き上げた当事者。
したがって経営手法の解説に留まらず、
経営哲学にも踏み込んだ内容になっている。

SAPS経営の背景にある合理主義、人間尊重の考え方など、
本書を読まずして理解できなかった。
P&G、花王等の巨大企業と戦い、生き残りをかける日々から、
抽出されたエッセンスがSAPS経営に繋がっている。

心に残ったのは、以下の内容。
「業績を管理するのではなく、行動を管理する」
「平準化」の思想。
「無駄」「むだ」「ムダ」。
「トレードオフ」。

本当によく考えていると思う。
ちなみに考え方は個人でも導入し、
日々の仕事で実践できることばかり。
絶対に仕事の生産性があがる。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「ユニ・チャーム」創業者の高原慶一朗会長の経営手法を同社の取締役にしてユニ・チャームペットケアの社長である二神軍平氏が纏めた実践に基づいた経営指南書。1990年代後半に業績不振に陥ったペットケア事業を同社のSAPS経営に基づき見事に立て直した実績をベースに、具体的で判り易く業務改革を進めて行った様子が描かれ、同様な立場にあるビジネスマンにとって、とても参考になる好著だと思う。

ペットケア事業の立て直しは営業社員の自己革新なくして考えられなかった。自己革新のステップは、従来は意識革新が第一だと考えられていた。即ち、意識が変われば行動が変わり、行動が変われば能力が変わり、能力が変われば習慣が変わる。習慣が変わることで、以前の自分とは異なる仕事のやり方が普通にできる。但し、意識革新から始まるこのステップはハードルが高すぎてなかなか成功しない。そこで、二神氏が導入したのが、意識革新の前に行動革新を置き、行動を変えることからスタートする手法。結果は強制して出るものではないが、行動は強制することが可能。この考え方に沿って、営業社員にまず行動を変えて貰う施策を打ち出した。そして、「行動革新」の為に、週単位の行動、商談の訪問先と訪問回数で営業社員を管理する仕組みを作って行った。

この考え方に沿って、販売目標を捨て、支店長会議を止め、営業日報を止めた。そし
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経営戦略は、実行され成果を出さなければ意味はないが、りっぱな経営計画を作って戦略経営をしていると勘違いしている企業はかなりあると思う。この本は、1961年に四国・愛媛の建材メーカとして創業され、創業48年で、売上3478億円、営業利益率10%、従業員7000人に成長したユニチャームのマネジメント実体について書かれた本である。
理論的に難しいことは書いていないが、戦略・方針を徹底・実行するにはどうしたらよいかを知るのに大変役立つ本である。マネジメントのポイントは、以下のSAPSと略される活動サイクルと、'「'@最優先課題に集中する。」「'A真因を突き止める。」「'B自己流を排除する。」「'C実行の仕組みを定着させる。」等の考え方を重視している。

・S:Schedule:「思考」と「行動」のスケジュール立てること。
・A:Action:計画通り実行すること。
・P:Performance:効果を測定し、反省点・改善点を抽出すること。
・S:Schedule:今週の反省を生かして次週の計画を立てること。

誤解を恐れずに端的に言えば、トヨタ生産方式を法人営業領域に適用したような感じである。
この本を読むことにより、ユニチャームという企業は、トヨタ生産方式、P&G、BCGに学び、自社は完璧でなく日々成長していかなければならないという謙虚さをもっている事を知り、成長する企業のすごさを感じた。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック