中古品
¥200
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 多少の中古感はございますが、ページ内は概ね良好です。◆付録やディスクなどの付属は原則記載がない場合はございません◇版違い等により商品画像と装丁が異なる場合がございます。◆ご不明な点は注文前にお問い合わせ下さいませ。万が一品切れの場合はキャンセル手続きをさせていただきます。◆通常2営業日以内の発送となります。到着は発送日より2日から5日程度となります。◆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ユニクロ思考術 (日本語) 単行本 – 2009/10/15

5つ星のうち3.7 19個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥200
¥3,828 ¥172
お届け日: 1月19日 - 21日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

抜粋

はじめに

 ぼくは経営者だが「人を使っている」という意識はない。
 すべての社員はパートナーだと思っている。仕事はぼくにとって一番大事なことだが、残念ながら一人で全部をこなすことは出来ない。だから、一緒になってやってくれるパートナーが必要なのだ。
 パートナーの条件は、「経営的な頭脳」を持って仕事ができること。地位や立場に関係なく、一人ひとりが「自分が社長だったら、どう判断するか」を考えて仕事に取り組まなくてはならない。自分で考えて自分でやるから能力を発揮できるわけで、指示通り動く歯車ならば能力など発揮しようもない。
 だから、ぼくは「この仕事をこうやって欲しい」という指示は出さない。そのかわり、「このような考え方をもって欲しい」「こういう会社にしたい」ということは事あるごとに言う。パートナーには、ビジョンを共有できる同志であって欲しいからだ。
 いくら儲かっても、自分が思い描くビジネスができなかったら、ぼくは嫌だし満足できない。自分がこうあるべきだと思っているビジネスができて、しかも儲かる。それが理想だ。僕とこうした考えを共有してくれる人たちがパートナーだと思っている。

 この本には、ユニクロのパートナーたちが、どのような思考にもとづいて仕事をしているかが書かれている。
 ビジネス書を読むという行為は、ほとんどの人にとって、単なる「お勉強」で終わっているのではないだろうか。「あっ、こういう考え方があるんだな」「この考え方もいいな」などと思うだけで、本を閉じてしまえば実際の行動にはつながらない。しかし、本というものは、「自分だったらどう考えるか?」「自分の会社だったら、どのようなことが当てはまるのか?」と、常に自らと対話しながら読むものだ。そして、最終的には、「本に書いてあることを実行するかどうか」というところまで行き着かなければ意味がないと思う。
 たとえば、ぼくはピーター・F・ドラッカーの本をよく読む。もちろん、ドラッカーの著作を読んでも「服の売り方」などは書いていない。しかし、すぐれた人が書いた本には、仕事の本質、社会の本質、そして人間の本質が描かれている。彼がとらえた「本質」は、自分の会社だったらどういうことにあたるのか、それは自分の会社でも実行できることなのか、と自らに置き換えて読むようにしている。
 その本に何が書いてあったのか、極論すれば、表面的な言葉は忘れてしまってもよいのかも知れない。むしろ、自らが本の内容といかなる対話をしたかの方が大事だと思う。

 大きな夢や目標を持たない若い人が増えているという。
 それは長期にわたる不景気の影響で、若い世代に成功体験が不足しているからではないか、などという人もいる。しかし、ぼくに言わせれば、この考え方そのものがいけないと思う。成功体験を得るために、あなたは何をしていますか? 何かチャレンジしていますか? そう問われたら、何もしていない人がほとんどだろう。
 本を読むということは、人の人生や仕事をもう一度追体験することだ。仕事も人生も体験したその人だけのもの、と考えている人がいるかもしれないが、そうではない。自分の知らなかったこと、体験できなかったことを、本を読むことによって発見できるかもしれない。
 ユニクロで働く人たちは何を考えて仕事をしているのか? それは自分の仕事にどう生かせるのか? 自らと対話しながら、読んでいただければ幸いである。

著者について

1949(昭和24)年2月、山口県宇部市生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。ジャスコを経て、72年、父親の経営する小郡商事に入社。84年、カジュアルウェアの小売店「ユニクロ」の第一号店を広島市に出店し、同年社長に就任する。91年に社名をファーストリテイリングに変更。94年広島証券取引所に上場し、97年東証第2部に上場。99年2月には東証1部に上場を果たした。2002年11月に一旦は代表取締役会長となるも、05年9月、再び社長に復帰する。現在代表取締役会長兼社長。著書に『一勝九敗』『成功は一日で捨て去れ』がある。

登録情報

  • 出版社 : 新潮社 (2009/10/15)
  • 発売日 : 2009/10/15
  • 言語: : 日本語
  • 単行本 : 252ページ
  • ISBN-10 : 4104642029
  • ISBN-13 : 978-4104642021
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.7 19個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
星5つ中の3.7
19 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2014年10月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2013年1月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2015年11月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアーVINEメンバー
2019年1月25日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年3月1日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年12月14日に日本でレビュー済み
2009年12月25日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2010年7月4日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告