通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆見返しに剥がし跡があります。若干、小口に日焼けがあります。カバーに使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF) 文庫 – 2016/10/21

5つ星のうち 2.5 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上 (ハヤカワ文庫SF)
  • +
  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下 (ハヤカワ文庫SF)
  • +
  • 星群艦隊 (創元SF文庫)
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

新☆ハヤカワ・SF・シリーズとハヤカワ文庫SFで同時発売!

第二次大戦で日独の枢軸側が勝利し、アメリカ西海岸は日本の統治下にある世界。巨大ロボット兵器「メカ」が闊歩するこの日本合衆国で、情報統制を担当する帝国陸軍検閲局勤務の石村紅功(いしむら・べにこ)大尉は、特別高等警察の槻野昭子(つきの・あきこ)の訪問を受ける。槻野は石村のかつての上官、六浦賀(むつらが)将軍を捜していた。軍事ゲーム開発の第一人者の将軍が消息を絶っているというのだ――21世紀版『高い城の男』の呼び声が高い、話題沸騰の改変歴史SF

内容(「BOOK」データベースより)

第二次大戦で日独の枢軸側が勝利し、アメリカ西海岸は日本の統治下にある世界。巨大ロボット兵器「メカ」が闊歩するこの日本合衆国で、情報統制を担当する帝国陸軍検閲局勤務の石村紅功大尉は、特別高等警察の槻野昭子の訪問を受ける。槻野は石村のかつての上官、六浦賀将軍を捜していた。軍事ゲーム開発の第一人者の将軍が消息を絶っているというのだ―21世紀版『高い城の男』の呼び声が高い、話題沸騰の改変歴史SF。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: 早川書房 (2016/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150120986
  • ISBN-13: 978-4150120986
  • 発売日: 2016/10/21
  • 梱包サイズ: 16 x 11 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,256位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
この作品で一番魅力的な部分は正直な所、表紙絵とタイトルではないかと思います。

内容としては「日本が太平洋戦争に勝ったIF」を前提として、大日本帝国が支配するテンプレ的ディストピアと化したアメリカが舞台です。
ジョージ・オーウェルの『1984年』を代表としてかつて隆盛したディストピアものの系譜につらなる作品ですが、良くも悪くもその枠組から一歩も出ておらず、世界観はそれなりに魅力的ではありますが意外性はありません。

一応、読み始めたときは表紙絵に出てくる武者型ロボットの活躍や如何に、を期待したのですがこれも結局は端役。
あってもなくてもストーリーの大筋に関係のない賑やかしの背景ガジェットに過ぎず。
ストーリー自体も風呂敷を広げに広げるものの中核のエピソードがミクロすぎるため、最終的には尻切れトンボの印象を残して終わり、読後感は決してよくありません。
「え、これだけの話するためにこんなに大騒ぎしたの?」というのが、正直なところです。
コメント 93人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
表紙詐欺だとか作者の国籍だとかそういうことを言うつもりはないですが
単純に読み物として評価しても、全く意外性がない展開、SF的想像力を感じない手垢のついた世界観
イベントが散漫に散らばって収束しないストーリーライン…etc。期待はずれ感が強いぼんやりした小説でした。

主人公のベンは厭世家の天才ギークという人気の出やすいキャラクターのはずなんですが
40手前という年齢とそれに似合わないねっとりした子供みたいな喋り方が合わさって
かなり気持ち悪いキャラに仕上がってますね。
(MGSのオタコンみたいな腰は低いけど正義感が強く、やるときはやるキャラに仕上げたかったんでしょうか)
昼行灯に徹してる設定のはずなのに、10年前世界では上司の前で露骨に俺は有能アピールしておいて
愚者の仮面(笑)とか言ってたり、作者の想定するキャラと読者が感じるキャラに大きな差を感じました。

ストーリー展開が散漫なイメージが強いですが、それが特に顕著なのは終盤で
ラストダンジョンにいくための船を手に入れるためにヤクザとゲーム勝負するくだりの脈絡のなさは
FC時代のおつかいRPGみたいで馬鹿らしすぎて笑ってしまいました。
世界一の天才ゲーマーと命がけでFPS勝負させられて、序
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
フィリップ・K・ディックの「高い城の男」にインスパイアされて書かれたようですが、読み味は全然異なります。半世紀分のアドバンテージで巨大ロボット、IT、通信ネットワーク、人体改造など盛り込んでます。巨大ロボットの大活躍を期待して表紙買いすると裏切られます。グロ描写成分多めなので苦手な方は注意。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
うーん、表紙絵に騙されたのか
気軽な読み物を求めて買ってしまったけど、
内容が余りにも・・・

ただのフィクション小説と言い切るには余りにもしつこい残虐の下りと
それを史実に基づいて云々という辺り
かなり後悔しています。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本が戦争に勝った場合とありますが
その設定に対して意味はありません。
ただのディストピアとしてもちょっと訳がのっぺりとした文章なので盛り上がりに欠けます
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
出版不況が言われて久しいが、表紙絵と宣伝コピーで本を売ろうとするのはいいかげんにして欲しい。「21世紀の高い塔の男」と言うコピーに惹かれないSFファンはいないと思う。表紙絵もディープなSFファン以外にもガンダム世代以降におおいにアピールする。が、いかんせん内容がついていかないではないか。編集者は富野由悠季とフィリップ・K・ディックに土下座して謝れ(-_-;)
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
高い塔の男 は未読です。
かっこいいロボの表紙に釣られ購入しました。
第二次世界大戦において日本がアメリカに勝利し支配しているという架空の設定なのですが、描写がとにかくいかにもという感じの勘違い日本です。
海外のSF作品ではままあることですし、文自体はライトノベルのようで読みやすかったのでロボ描写を期待して読み続けましたが登場ページは殆どありません。
約300ページ中でロボが主体となるのはわずか20ページ足らずです。
まさに表紙詐欺ですし、日本帝国が勝利したとあるのにやっている事は米軍と変わりません。

そして最後に作者の生まれを見て納得がいきました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー