この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ユア・アイズ・オンリー [Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 2,980より 中古品の出品:3¥ 778より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ロジャー・ムーア, トポル, キャロル・ブーケ
  • 監督: ジョン・グレン
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2013/04/03
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 9件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00B1NYE8E
  • JAN: 4988142942722
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 140,095位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

007シリーズ第12弾。生身のアクションを最大限に生かしたボンド映画の代表作!
映画の言葉 “勇気も不運には勝てない"


<キャスト&スタッフ>
ジェームズ・ボンド…ロジャー・ムーア(広川太一郎)
コロンボ…トポル(水内清光)
メリナ・ハブロック…キャロル・ブーケ(沢海陽子)

監督:ジョン・グレン
製作:アルバート・R・ブロッコリ
脚本:リチャード・メイバウム/マイケル・G・ウィルソン
原作:イアン・フレミング
●字幕翻訳:菊地浩司 ●吹替翻訳:谷津真理

<ストーリー>
イギリスの情報収集船が低周波ミサイル誘導装置ATACと共に沈没。そして、船の引揚げを依頼された海洋考古学者夫妻も殺害される。事件の鍵を握るのは、謎の大富豪クリスタトス。ボンドは夫妻の娘メリナと共に事件の核心に迫るが……。

<ポイント>
●007シリーズ製作50周年!
最新作『007/スカイフォール』が世界中で大ヒット!
歴代のボンドを高画質ブルーレイで!

<特典>
●ロジャー・ムーア卿による音声解説
●ジョン・グレン監督とキャストによる音声解説
●マイケル・G・ウィルソン(製作・脚本)と製作スタッフによる音声解説
●MI6:機密書類保管庫:
・未公開シーン集&別バージョン集
・ギリシャ ロケの舞台裏
・コルティナ ロケの舞台裏
・水中撮影秘話
・クレジット
●秘密任務:
・007の履歴書
・ボンド・ガール
・味方
・敵
・アクション・マニュアル
・Qの秘密兵器
・魅力的なロケ地
●任務遂行レポート:
・ドキュメンタリー:『ユア・アイズ・オンリー』
・アニメーション・ストーリーボード:スノーモービル・チェイス
・アニメーション・ストーリーボード:海中シーン
・ミュージック・ビデオ “ユア・アイズ・オンリー" by シーナ・イーストン
●007プロパガンダ:
・オリジナル劇場予告編
・TVスポット集
・ラジオ・スポット集
●イメージ・データベース:1981年『ユア・アイズ・オンリー』公開当時のフォト・ギャラリー

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

「007」シリーズ第12弾。情報収集船がミサイル誘導装置と共に沈没し、船の引き揚げを依頼された考古学者夫妻も殺害される。ボンドは事件の鍵を握る夫妻の娘・メリナと共に事件の核心に迫る。“フォックス・スーパープライス・ブルーレイ”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
ビル・コンティの軽快なスコアをバックに
「ムーア・ボンド」が大活躍。
前作の「ムーンレイカー」がSF調だったので
軌道修正された様な作品。
よって、
地味では有るが、007映画の中でも傑作の一つであろう・・・。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 TACO VINE メンバー 投稿日 2015/4/18
形式: Blu-ray
MR. B--------------------------OND! Doo-------------Nと宿敵の落下シーンから、
シャドウの掛かった、銃を構えたボンド(R,ムーア)が出現し、オープニングが始まります。
バックには大きな水泡、まるで水中にいるようです。その中をボンドは少しずつ前に進み、姿がハッキリとし始めます。
一度横を向き、正面を向いたところをズームアップ。
ムーアの瞳が美しく開かれたところでムーアの動きは止まります。
その映像の中で、
ALBERT R.BROCCOLI presents → ROOGER MOORE → as IAN FLEMING'S JAMES BOND 007 → in → FOR YOUR EYES ONLY とタイトルまでを繋いでいるのですが、その流れと映像の組み合わせ・タイミングが完璧です。
まあこれは主観ですが、凄くエレガントで、おおーーーーっと感動します。一つ、難癖をつけるなら
シーナ・イーストンは出てこなくて良かったです。たこみたいに手をくねらせて画面下から出てくるんですが、
邪魔です。とにかく、わたしにとっては、007シリーズのオープニングの中でも凄く印象的です。百聞は一見に如かずなので
是非一度ご覧ください。本当に芸術的です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray
Version: U.S.A / Region-A
Aspect ratio: 2.35:1
MPEG-4 AVC BD-50 / High Profile 4.1
Running time: 2:07:59
Movie size: 30,54 GB
Disc size: 41,82 GB
Average video bit rate: 26.22 Mbps
Number of chapters: 32

DTS-HD Master Audio English 2262 kbps 5.1 / 48kHz / 24-bit / 2262kbps (DTS Core: 5.1 / 48kHz / 24-bit / 1536kbps)
Dolby Digital Audio French 448 kbps 5.1 / 48kHz / 448kbps
Dolby Digital Audio English 224 kbps 2.0 / 48kHz / 224kbps
Dolby Digital Audio English 224 kbps 2.0 / 48kHz / 224kbps
Dolby Digital Audio English 224 kbps 2.0
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
前作、ムーンレイカーで宇宙にまで行ってしまった007。さすがに制作陣も行き過ぎを感じたに違いない。今作では原点に立ち返り、辣腕諜報員である007の超人的な活躍を描くものになっている。冒頭部の凄まじいヘリチェイス、シトロエンCV2を使った異色のカーチェイス、まさかスキーでボブスレーをするとは思わなかった中盤のクライマックス、かなり緊張させる終盤のロッククライミングシーン等見所満載なのは80年代の007を支えた名アクション監督ジョン・グレンらしいとともいえる。また、今作の007はボンドガール、キャロル・ブーケ(ジェラール・ドパルデュー氏の奥様)中心で、いつもの「ロジャー・ボンド」的なプレイボーイさは皆無!何故だろうと思ってググったら、当初ロジャー・ムーア氏は前作で降板の意向を示しており、制作陣は四代目ジェームス・ボンドとなるティモシー・ダルトンにオファーしていたとのことだ。しかしながら、「ココ・シャネル」の撮影スケジュールの関係で無理とわかり、再度ムーア氏が登板したとのこと。だから、いつもと違ってちょっと硬派だったのねと感じた次第。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。常夜灯 ledおしゃれ照明 器具