中古品の出品:2¥ 19,650より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ユアン・マクレガー/大陸縦断~バイクの旅~ [DVD]

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:2¥ 19,650より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ユアン・マクレガー
  • 形式: Color, DTS Stereo
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.37:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ユニバーサルミュージック
  • 発売日 2008/10/29
  • 時間: 584 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001DCTCPS
  • EAN: 4988006954915
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 76,010位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

★前作『大陸横断/Long Way Round』(2006年発売)に続く、バイクの旅、第2弾。
『トレインスポッティング』『スター・ウォーズ』等の出演で人気の英俳優ユアン・マクレガーと、友人の俳優チャーリー・ブアマンが今回はスコットランド/ジョン・オ・グローツから南アフリカ/ケープタウンまでのバイク旅行のドキュメンタリー・
テレビ・シリーズ(英で放映)のDVD作品。

★2007年5月14日に旅立って、8月7日にケープタウンに着くまでのドキュメンタリー。昨年末BBCで放映されたものを編集し直したスペシャル・エディションで、豊富なボーナス映像とともにユアンとチャーリーが初めてアフリカを訪れた時の未発表ドキュメンタリーも収録。

[収録内容]

エピソード1:エンジン始動
旅立ちまでの様々準備。
エピソード2:ジョン・オーグローツ岬(スコットランド)からシエナ(イタリア)へ
ついにスタートした大陸縦断の旅。
エピソード3:ローマ(イタリア)からトブルク(リビヤ)へ
ついに念願のアフリカ大陸へ上陸した2人。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ユアン・マクレガーが親友のチャーリー・ブアマンと共に挑んだバイク旅行を記録したドキュメンタリーシリーズ第2弾。今回はスコットランドから南アフリカまで全18ヵ国、総距離24,000kmにも及ぶ長旅の模様に加え、ボーナス映像を多数収録する。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
前回のユーラシア・北米大陸横断バイク旅
「Long Way Round」(以下LWR)を知った身にはいささか新鮮味に欠けるが(笑)、
アフリカ大陸縦断バイク旅という、ただでさえ困難な旅のステージに帰ってきた
ユアンとチャーリー、スタッフの「旅バカ」「バイクバカ」ッぷりにまず脱帽。

ハリウッドスターや夫、一家の主などと言った冠を脱いで
一介の旅バカ・バイクバカに戻って進める旅、というLWRの良さをそのままに、
アフリカの過酷で美しい自然と、その下の厳しい現実に置かれながらも
笑顔と助け合いの精神で生き抜く庶民、特に子供達、
それに励まされるかのように、バラバラになりかけたチームを団結させ、
次々と襲う困難を乗り越えながらゴールのケープタウンを目指す
ユアン&チャーリー一行を淡々と描いてゆく。

LWR同様、「何か面白いことないかなぁ〜」と
シケちゃってる日々をお過ごしの方には是非一度ご覧あれ。
あなたの中で眠っていた何かが覚醒するはず。

嗚呼、アフリカに行きたい…それもこのバイク、BMW R1200GSで旅したい…(’’)
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
前作に続いてユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマンとのふたり旅。

内容は相変わらずの面白さ。ユアンの陽気さとチャーリーのお茶目さ。有名人の旅行にしては過酷かつ
大雑把な体制で、旅好き・バイク好きにはたまらない。

日本人の目にあまり入ってこない前作のモンゴル・ウクライナ・極東ロシアに比べると、アフリカの風景はわりと既存のテレビ番組やパリダカレースで見慣れてしまっていてちょっと新鮮味は薄れる。冒頭でユアンの奥さんが参加したいと言い出して、旅慣れない女性が入ることによって旅全体が過保護になり、この番組の冒険風味・過酷さが薄れてお仕着せドキュメンタリーのようになってしまうか心配したがその心配はまったく無用だった。

気になるのが日本語版の価格。amazon.comのアメリカ版がまったく同じ内容の3枚組で$16.99なのに日本語版は7847円(レビュー執筆時点)。日本語字幕がついただけでこの価格差はあまりにひどいんじゃないだろうか。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前作ロングウェイラウンドも何度も見ました。
今作のロングウェイダウンも何度となく見ることになってしまいました。
じっくり腰を据えても、酒飲みながらダラダラ見るのも楽しい。喜怒哀楽すべてが詰まった最高のバイクの旅です!

こんなにバイク乗りの旅情をそそる作品はなかなかありません。
非バイク乗りがみるとこの作品は1倍のおもしろさ、しかしバイク乗りがみると3倍のおもしろさなのは間違いないでしょう。
是非ともロングウェイラウンドを見てから、このロングウェイダウンも見ることをおすすめします。

しかし「バイクでどこかへ旅にでなきゃ・・・」や「オレ毎日何やってんだろ・・・」というような強迫観念や自己嫌悪に襲われても責任はとれません(笑)
あと、オフ車とかデュアルパーパス(アルプスローダー)車を買いたくなる衝動が湧きだすことにも責任は取れません(笑)

・・・・私はオンロード車しか乗ったことがない普通のバイク乗りでしたが、この作品をみてデュアルパーパス車に買い替え、テント一式も買ってキャンプツーに行くようになってしまいましたが(爆)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 前作long way round と同じく、本作も面白い。
 
 本作のようなドキュメンタリーの場合、作品中の真にリアルな部分と、脚色や演出の部分との境界が、ときに不明瞭となるので、その点について観覧者は一定の注意をしておく必要があると思う。

 特に、ユアンの奥様が旅に参加・離脱するタイミングは、ダラダラとなりがちな3/4位のところに盛り上がりを作りたかった‥という製作者側の意図を私などは感じてしまう。

 逆に、キリスト教文明と資本主義を持つ欧州白人が、アフリカの意外な場所で、現地に溶け込むことなく(溶け込むフリが白人は実にうまい)、自分たちの欧州人コミュニティーを作り生活を謳歌していたのには驚いた。アフリカにおける白人達の存在感が日本人の私にはピンとこないところがあるが、欧州人にとってアフリカは、地中海を超えたすぐ目と鼻の先にある遠くて近い異国でもあったに違いない。

 とはいえ、やはり本作が面白いドキュメンタリー(タッチ?)作品であることは間違いない。バイクによる旅好きは必見である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック