通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヤング・マイケル・ジャクソン写真集 1974-19... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 relibro
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙、裁断面にすれきずが若干あります。本文、きれいです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
8点すべてのイメージを見る

ヤング・マイケル・ジャクソン写真集 1974-1984【通常版】 (P-Vine Books) 大型本 – 2010/5/8

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
大型本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本当のファンが見たかったマイケルの素顔がここにある。写真家のトッド・グレイは、マイケル・ジャクソンと数年間仕事をした後、マイケルの要望により、お抱えのカメラマンとなった。こうして彼は、ジャクソンズとパフォーマンスするマイケルや、『オフ・ザ・ウォール』と『スリラー』というソロとしてヒット・アルバムをリリースするマイケルを撮影してきた。本書は、10年間にわたって撮影された、親密さと喜びに満ちたマイケルの秘蔵写真を集めたコレクションだ。自宅での姿、家族やファンとのひととき、キャリアを決定づけるライヴ・パフォーマンス、「今夜はビート・イット」のヴィデオ撮影現場でのマイケルが映し出されている。出会った当時、マイケルと大して年の変わらない黒人の若者だったグレイは、写真にストーリーと背景を提供し、マイケルと過ごした時間に独自の洞察をもたらす。才気溢れる若者からポップ・アイコンへと成長する中で、創造力のピークにあったマイケル。グレイは、その希少かつ私的な人物像を伝えている。

著者について

著者略歴
トッド・グレイ(TODD GRAY)
1974年からほぼ10年間にわたり、マイケル・ジャクソン専属のカメラマンに指名され、撮影してきた。写真を基盤にした彼のアートワークは、アメリカ国内外の美術館に永久保存されている。現在は、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で芸術と写真の教授を務める。ロサンゼルス在住。

訳者略歴
押野素子(おしのもとこ)
東京都生まれ。青山学院大学国際政治経済学部、ハワード大学ジャーナリズム学部卒業。訳書に『マイケル・ジャクソン裁判』など。ワシントンDC在住。


登録情報

  • 大型本: 148ページ
  • 出版社: スペースシャワーネットワーク (2010/5/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4860203127
  • ISBN-13: 978-4860203122
  • 発売日: 2010/5/8
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 18.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 764,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 大型本
【通常版】を購入しました。
【限定版】の方はポスター付でA4サイズとのことで、通常版はB5サイズの本になります。

ずっと洋書バージョンの方をチェックしていたのですが、
今回、和訳が発売されたので嬉しくなり即注文しました★
購入して正解◎でした!
というのも、全ての写真についての撮影時のエピソードが記載されていて、それがとてもすばらしいのです。
エピソードは、いたずら好きのマイケル、読書好きのマイケル、子供の平和を願うマイケル等々・・・
ヤングマイケルの時からキングオブポップになってもマイケルはずっとブレずに変わらなかったんだな〜と思いました!

本当にセンスのある写真ばかりです。
他の追悼本などで、見たことのある写真が何点かあって、
その写真が、個人的に私が気に入っていたものだったのでこの写真集のカメラマンのトッドグレイさんが撮ったものだったのか〜!と納得してしまいました。

なんといっても、オフステージのヤングマイケルの私服姿は、キングオブポップ時のマイケルとはまた違う、普通の大学生っぽい着こなしをしていて、今見てもかっこいい!と思いました★
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 私は団塊世代です。30代の頃、MJの音楽はラジオのFMを通じて聴いたのが最初の出会いでした。thriller”そして”ビリージーン”などを聴いてワクワクしたものです。前後逆になりますが、その後ジャクソンズの時代、ジャクソン5時代の歌に親しむようになりました。週刊誌やマスコミでとやかく言われていた時期であっても、マイケルの歌と歌声には彼の揺るぎのない信念と愛情が感じられ、いささかも疑う気持ちにはなれませんでした。「ヤング・マイケル・ジャクソン写真集」を手にしてページをめくり幾つもの素敵な写真や説明の言葉を読み、若かった頃の自分の感性に自分で自分に拍手を送る気持ちです。キング・オブ・ポップと称えられる以前もその後も、彼の誠実さと謙虚さ、そして人々への愛情、自然や生き物への慈しみの心が終生変わることなく貫いたことが読み取れます。特に、THIS IS ITの映画をきっかけに彼に心を寄せるようになった皆様には是非お勧めの本です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 大型本
 この人にも、こんなに穏やかな時間が流れていたのだ。明日、自分に訪れるであろう怒涛のような運命など想像すらしていない、若き日のマイケルがいる。それは、ある意味無防備な青年の姿だ。
1981年にアトランタのピーチ・トゥリー・ホテルで撮った数枚のモノクロ写真がある。カメラマンが「魔法の時刻(とき)」と呼んでいる夕刻前の時間帯。「マイケルと私は、この魔法を解きたくない一心で、ほとんど口をきかなかった。」とトッドの言葉。――その中の1枚に、幾分不機嫌そうに、怒りすら内包しているような眼差しで、こちらを見ている写真がある。嵐の前の静けさを思わせる“沈黙”――この沈黙の中に、回りだした運命への漠然とした“恐れ”、そして“予感”まで宿していると感じるのは、行きすぎだろうか。
 ただ、この写真集を見て、どこかほっとしている私がいた。何か心の底が温かくなるような、幸せな気持ちになった。それは、マイケルと撮影者トッド・グレイとの間に存在した友情が、確かに伝わってくるからか。それとも、かつて私自身にも存在していた、自由で可能性に満ちた若き日々を、この若き日のマイケルに投影しているからか。それとも、いつか忘れてしまっていた、マイケルの飾らぬ素顔に再び出会えたからか。
1979年から1983年。トッド・グレイが専属カメラマンを務めた4年間は、マイケルの人生の中でも、一番希望
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 stroberi VINE メンバー 投稿日 2010/6/18
形式: 大型本
ここにいるマイケルは"キング"になる前の
そして、ゴシップにまみれる前の
若々しく、活き活きしたマイケルだ。
しかし写真家のトッドが言うように
既に彼の周りには人が取り巻き、
他の兄弟とは違う雰囲気を感じさせる。
写真にも天真爛漫な笑顔にふと寂しさというか
孤独な表情がみえるものがある。

それにしても青年時代のマイケルは
普通の(といったら誤解があるかもしれないが)
物静かなそして精悍な男らしい若者だ。
それがまた魅力的。
このまま大人になっても十分かっこよかったに違いない。
まだ"キング"を予感させない素顔。
マイケルの一面を知る貴重な写真集だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告