中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヤンキー母校に生きる (文春文庫) 文庫 – 2006/5

5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫, 2006/5
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本全国からの中退者を本格受け入れする北海道の北星学園余市高等学校。ある日、伝説の不良がそんな母校に帰ってきた。かつて自分を育ててくれた学園の教壇に立つために…。「ヤンキー先生」が、母校に赴任してから最初の卒業生を送り出すまでの4年間を赤裸々に綴った、血と汗と涙の奮闘記!教育の原点を問う。

内容(「MARC」データベースより)

全国から中退・不登校児を受け入れている北星余市高校に、元ツッパリの卒業生が教師として戻ってきた! 「真剣で純粋な思い」が集まるとき、固く閉ざされていた門は開かれていく…。熱血教師の初担任奮戦記。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 391ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2006/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167679868
  • ISBN-13: 978-4167679866
  • 発売日: 2006/05
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,105,745位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2003/11/2
形式: 単行本(ソフトカバー)
知ってることも知らないことも書かれてありました。
本当のことが書かれてあって、
北星のことや義家のこと知りたい人にはいいと思います。
北星には退学者は出るけど、
それは全部意味のあることなんですよね。
面倒見切れないから切り捨てるんじゃなくて。
卒業した後に読み直したら、
きっと今とは違う感情になるんだろうなぁ。
ちなみに、
義家はヒットしたからって勘違い野郎にはなりません。
そういうの見て黙ってるような生徒達じゃないし、
義家はそういう先生ではないから。
有名人になるために、
忙しいのに寝ないでこの本書いたわけじゃない。
中傷とか間違った理解とかいろいろあるけど、
義家の想いがもっともっとうまく伝わってくれたらいいと思います。
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
テレビを契機に本書を読んで、いろいろなことを教えられた。私も、大学という場所ではあるが、教師の端くれである。さまざまな学生がいる。かつての「学士様」からすれば、かなり幼いのは少々情けない気もしないではないが、皆、いい子たちだ。自然と、この子たちのために、できる限りのことをしてあげたいと思うようになる。著者が立ち直り、ついには自ら実感する「あなたは私の夢」という文句は大げさでも何でもない。また、「負け組」であること、「負け組」を経験することの大切さ。「勝ち組」しか知らない人間に「負け組」のことは分からない。さらに、現在、教育基本法の改正が叫ばれ、半ば強制的に公共心を植え付けようとしている。その一環か、『心のノート』なるものも配布されている。本書を配布する方が、遙かにましであろう。陳腐な物言いかもしれないが、つまるところ、家族や友人や先生たちの、やさしい「眼差し」のなかで育てられれば、人間はそれなりに育つものだと思う。価値ある本だ。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sky777 投稿日 2003/10/10
形式: 単行本(ソフトカバー)
こんな先生が担任だったら、きっと私の人生は変わっていたでしょう・・・
と思わせる、すごい先生です。
結構、泣けるし、読んでしばらくは熱い男になれそうです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
中学生、高校生の子供を持つ親として「こんな先生がいてくれたら」と強く思いながら読みました。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
前著「不良少年の夢」から拝見していますが、北星余市の試みも、
先生方も生徒たちもとても素晴らしく、感動を覚えます。
しかしそれは逆に、北星余市のような学校も心ある大人も
必死に生きようとする子供たちもその数が減ってきていることの
裏返しなのではないかと感じます。
ただ単に「感動した」と安堵するのではなく、日本の教育の厳しい現状を
受け止めるためのものとしてこの本を読んで欲しいです。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
胸に残った一冊。義家氏が教師になろうと決心するきっかけとなった元・担任の方が素晴らしい。事故に遭った教え子の手をとって「死なないで、あなたは私の夢だから」とぼたぼた涙を落とす先生。人の心は人を変える。義家氏は教師として母校に戻るが、教え子達が魅力的。世間ではワルとかひきこもりといわれるだろう子がとても素敵に描写されている。熱い先生は氷を溶かす。こんな先生に習いたい!!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 この本の初めの部分にある印象的な著書の言葉があります。
 ”自分は罪人である”と。
 
 自分の過去と真に向き合って生きる、という事はどういう事か。
 それは決して自分は元ヤンキーだった、と誇らしげに語る事ではないはずです。
 中には「昔は悪かった」と誇らしげに語り万引きやかつあげ、暴走族やモノを破壊したり暴力をふるった事を面白おかしく語る人達もいます。
 また家庭環境のために傷つき、そのためにグレたのだ、と言う人達もいます。
 そういう人達がよく使う言葉
 ”今は更正した”
 それは彼らが傷つけてきた人達を置き去りにした言葉であって、決して過去は過去ではありません。
 著者は言います。
 決して家族が悪かったわけではなく、自分が一人グレていき、家族を破壊し、数え切れない程の周りの人達を傷つけてきた、と。その罪は教師になったからと言っても決して消えることはない、と。
 自分と向き合い、過去を見つめる、という事を著者は知っています。
 過去は決して消えない。そして傷つけてきた人達は今も存在して生きているのだ、という事を。
 そんな著者が教え導く生徒達もまた、自分自身を、そして周りを傷つけて生きている子供達です。
 過去から繋がる今を生
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー