中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヤンキー先生のたからもの 天使たちの詩 単行本 – 2004/10/22

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

義家/弘介
1971年3月31日、長野県長野市生まれ。中学生の頃より「不良」と呼ばれるようになり、1987年、進学した高校から退学処分を受ける。同時に家からも絶縁され、児童相談所を経由し、里親に引き取られる。北星学園余市高等学校の全国からの中退者本格受け入れの初年度となる1988年、傷心の思いを引きずりながら同校の門を叩く。1990年、明治学院大学法学部法律学科入学。卒業後は大手進学塾に就職。1999年、母校、北星学園余市高等学校に社会科教師として赴任、現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 185ページ
  • 出版社: 光文社 (2004/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 433497466X
  • ISBN-13: 978-4334974664
  • 発売日: 2004/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 577,452位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
先生の著書は全て拝見しましたがこの作品が最も好きです。
所々に先生から生徒へのメッセージが記されているのですが
その一つ一つが、彼らと全く関係のない私たちにも良く伝わってきます。
各章の主人公となっている生徒たちの抱える過去はとても過酷で、
それを必死に忘れようとしながら格闘している姿には感動します。
この作品の中で最も印象に残ったのは、あとがきです。
自らも過酷な人生を歩み何度も死を覚悟した先生の「生」のメッセージは
言葉では言い表せないほどの説得力を持っています。
この本に出会えた事を心から嬉しく思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
先生になって出会った生徒たちとの、体当たり、泥まみれ、そして希望を共有する思い出の詰まった一冊です。
最後の方に出てくる、「金持ちより友持ちになろう」の一言を今の複雑な社会に苦しむ若者に読んでもらいたいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
義家先生の本をつい読んでしまうのは、元ヤンで熱血教師姿に惹かれると言うよりも、先生と関わる学生の回復力に目を奪われるからだろう。何からの回復か?具体的には人それぞれ異なるが、日本の教育制度の画一的な人間形成プログラムに馴染めなかったことからの回復だ。「馴染まない」ため、「普通ではない」とラベリングされた子どもたちが、そういう杓子による低い自己評価から回復する過程に惹かれてしまうのだ。「自分らしく生きていく」、これは簡単そうで難しい。他人とぶつかりあいながらでしか身につかない。そこに、ちょっと人生の先輩である義家先生が関わる。その先生が見た学生たちの回復の記録は人を惹きつけてやまない。
日本の教育委制度は確かに学歴偏重だけど、北星余市高校のような学校が日本にあることは、やはり可能性と希望を与えてくれる。なので★五つにしました。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
先生も人間なので、お給料以上に働く義務はないのです。
例えば、子供の心を理解しようとする事とか。
通常、学校の教育の場では優秀な子や先生にとって心地良い、扱い易い子が優遇されています。また、それが生きる上での不公平さを知る大事な事ともいえますが。
そんな現実の中、学校の生活の枠からはみ出してしまったような、こぼれ落ちてしまった「落ちこぼれ」や「不良」とされる子供たちの「心の痛み」を義家先生は本当に受けとめています。
真剣に。「心の痛み」をこんなに感じて、共にどうしたら良いかを考えて動いてくれる、そんな大人。
無償の愛を教えてくれる、そんな姿に涙を流さずにはいられません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告