この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヤマハ ギガアクセスVPNルーター RTX1200

5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 128,000より 中古品の出品:11¥ 17,777より
    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 中小規模拠点向け 次世代VPNルーター標準機。RTX1100の後継機種です。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • 製品概要:ギガアクセス時代のインターネットVPN、携帯電話網対応機能を強化


商品の情報

詳細情報
ブランドヤマハ(Yamaha)
商品重量1.5 Kg
梱包サイズ27 x 22 x 4.3 cm
メーカー型番RTX1200
商品の寸法 幅 × 高さ22 x 43 mm
OSnot_machine_specific
  
登録情報
ASINB001G79VGK
おすすめ度 5つ星のうち 4.3 21件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 4,182位 (ベストセラーを見る)
発送重量2.5 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2008/9/18
  
ご意見ご要望

さらに安い価格について知らせる
この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

 

商品の説明

■全ポートでギガビット(1000BASE-T)対応、スループット最大1Gbit/s、VPNスループット最大200Mbit/sを実現■地球温暖化対策(グリーンIT)に対応した省エネ性能・機能を強化、最大消費電力16Wを実現■携帯電話網(ワイヤレスWAN)との連携■次世代ネットワーク(NGN)への対応■RTXシリーズの機能を継承、多彩なバックアップ機能よって優れた冗長性を実現


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

会社で使用していますが、24時間連続稼働で非常に安定して動作しているため、家にも同じものを導入しました。
後継機のRTX1210が出ていますので、新品での購入はおすすめしませんが、
オークションでこの機種の同等品、NECのIP38X/1200の中古が¥12000程度で出回っていて、運よく購入できました。
中身は同じものなので、YAMAHAのファームウェアも問題なく入ります。

設定は難解でネットワークの知識が必要ですが、安定性、高速性が素晴らしく、家庭でも使用する価値はあると思います。
実際、QNAP製NAS(TS-459Pro+)とPC間のファイルコピーでも900Mbps以上の速度で通信できていて、すこぶる快適です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
RTX1100の調子が悪く、電源が入らないこtごあるため、交換用に中古品を購入しました。
設定ファイルがそのまま使え、入れ替えも短時間で終了しました。交換前の通信速度は、RTX1100がボトルネックとなって、最大でも95Mbps程度でしたが、交換後は400Mbpsを超えることもあり、快適です。
RTX1100と比べて、奥行きが2倍以上あるなど、本体の大きさは気になりますが、それ以外は大満足です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 Bフレッツで複数セッションを駆使していろいろやりたいことがあったのでこのルータを買いました。家庭用ルータでは目的とする機能がありませんでした。VLANが期待したほどではなかったものの、ルータとしての機能・性能は十分満足できるものでした。
 この機種は家庭用ルータと同様、Webブラウザからの設定もある程度はできます。ですが、接続-切断、ログを見る、静的ルーティングを登録する、設定を保存するといったことはできても、PPPoE接続の設定をブラウザ上から行うことはできません。結局シリアルコンソールあるいはTelnet経由のコンソールでコマンドライン設定することになります。一般向けプロバイダ経由でインターネットにつなぐ場合の設定例は検索すればすぐに出てきますので、設定は特に難しいことはありません。家庭用ルータで標準で設定されているパケットフィルタリングの内容も自分で登録する必要があるのが若干面倒なぐらいです。あまり大量のフィルタリングルールを記述すると、あるところから不安定になりスループットが落ちてしまいます。特定国からのアクセスを全て遮断したい、といったような使い方はできないと思った方がよいようです。
 LAN2は8ポートのスイッチングハブで、VLAN(ポートベース、タグベース)が可能です。複数ポートにまたがった複雑なポートベースVLANを構築することはできません。単
...続きを読む ›
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
どのブルードバンドルーターを使ってもPPPoEが時々切れてしまうので悩んでいました。

ダメ元で中古のRTX1200を使ってみたところ、問題が全て解決しました。無事これ名馬って感じです。
中古の相場は15000円近辺ですが、その価値はあります。

なお、通常のブロードバンドルーターとして使うだけであれば、コンソールケーブルは必要有りませんし、USBメモリのみでファームウェアアップデートも可能です。初期化も本体のみで出来ます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
現在、本ルーターを設置し、なんの問題もなく動作しています。性能では問題はないと思います。
気づいた点としましては、商品を受け取った段階でのファームウェアが古く、GUIによるプロバイダ登録が
出来ませんでした。現場での設置を行っており、現場にはコマンドリファレンスもインターネット接続環境
もありません。また与えられた時間は1時間でしたのであせりました。
なんとかインターネットが接続できる様にして、ファームウェアを最新にバージョンアップし1時間以内で
インターネット接続できるようにしました。
インターネット接続ができない現場で設置される方は、ファームウェアのバージョンアップを行った上で
現場に行かれたほうが良いと思います。
また、”バージョンアップ完了しました”というメッセージが出ても、バージョンアップ用のUSBメモリは
抜かないでください。正常に通信ができるようになって抜いてください。
もし、バージョンアップが完了しましたというメッセージに騙されてUSBメモリを抜いてしまった場合は
あわてずに、電源を一旦切って、USBメモリを挿し直し、電源を再投入してください。バージョンアップが
再度開始されます。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー