中古品:
¥ 35,800
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 動作確認済みです。本体、リモコン、電池、AMアンテナ、FMアンテナ、YPAO用マイク、無線アンテナ、説明書の出品となります。使用感も少なく状態の良い商品です。こちらの商品は24時間365日年中無休で安心、確実、迅速対応のamazon.co.jp配送センターより通常発送無料で発送されます。商品に関するお問い合わせは全てamazonカスタマーセンターにて迅速対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヤマハ AVレシーバー 7.1ch/4K/ネットワークオーディオ/ハイレゾ音源対応 ブラック RX-V577(B)

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 55,042より 中古品の出品:3¥ 35,000より
  • 家庭内ネットワークへ手軽に無線LAN接続できるWi-Fi機能を内蔵
  • 無線LAN環境がなくてもワイヤレス音楽再生やアプリ操作が可能な新機能「Wireless Direct」
  • ギャップレス再生、Apple Lossless対応など完成度を高めたネットワークオーディオ
  • 4K/60P(4:2:0)映像や3D映像伝送に対応した合計6入力/1出力のHDMI端子
  • ディスクリート構成7chパワーアンプ、新Extra Bassなどにより高音質を追求
  • サラウンドスピーカーをフロントに設置しても高い臨場感を実現するバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」を新搭載
  • シネマDSP&VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)
個装箱で発送:
Amazon.co.jpが発送する場合、通常この商品は梱包ダンボールに入れず、発送ラベルを直接商品の外装パッケージに貼った状態でのお届けになります。


この商品には新しいモデルがあります:


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

登録情報
商品パッケージの寸法31.5 x 43.5 x 16.1 cm ; 8 Kg
発送重量10 Kg
メーカー型番RX-V577(B)
ASINB00JFSFMCY
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/4/3
おすすめ度 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 137,891位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

Wi-Fi内蔵7.1ch AVレシーバー

Amazonより

新提案「Wireless Direct」搭載、ネットワーク音楽再生機能もさらに強化したWi-Fi内蔵7.1ch AVレシーバー


家庭内ネットワークへ手軽に無線LAN接続できるWi-Fi機能を内蔵
家庭内ネットワークへ無線LAN経由で
接続できるWi-Fi機能の接続例

家庭内ネットワークへ無線LAN経由で接続できるWi-Fi機能を内蔵し、インターネットと接続した無線LANルーターの電波が届く範囲ならLANケーブルを接続しなくても、ネットワークオーディオや「AV CONTROLLER」(ヤマハAVアンプ専用アプリケーション、後述)でのワイヤレス操作を実現。
無線LANルーターとの接続はWPS(プッシュボタンまたはPINコード)で簡単に行うことができ、さらにiOS端末(iPhone/iPad/iPod Touch)*を既にお使いの場合、端末側のインターネット接続設定を本機にコピーして本機側のインターネット接続設定を簡略化することが可能です。
これらの装備により、多彩なネットワーク機能をより手軽にお楽しみいただけるようになりました。

*接続設定のコピーにはiOS 5.0以降をインストールした端末が必要です。
無線LAN環境がなくてもワイヤレス音楽再生やアプリ操作が可能な新機能「Wireless Direct」
インターネット環境や無線LAN環境がなくても
ワイヤレス音楽再生やアプリ操作が可能な
Wireless Directの接続例

無線LAN環境がなくてもAirPlay、HTC Connect、ヤマハオリジナル音楽プレーヤーによるワイヤレス音楽再生や、専用アプリ「AV CONTROLLER」を使ったワイヤレス操作を可能にする新機能「Wireless Direct」(ワイヤレスダイレクト)を搭載。
家庭内ネットワークやLANルーターを経由せず、お手持ちのスマートフォン/タブレットと本機とをダイレクトに無線接続できるので、インターネットに接続できない場所や無線LANの電波が届かない場所でもお使いいただけます。
なお「Wireless Direct」は、たとえばスマートフォンやタブレットなど2台の端末を接続することもできます。

※Wireless DirectはWi-Fiや有線LAN接続と同時使用できません。

ギャップレス再生、Apple Lossless対応など完成度を高めたネットワークオーディオ
曲間の音の途切れを解消する
ギャップレス再生

192kHz/24bit・WAV/FLACに加えてApple Losslessの96kHz/24bit再生にも対応し、さまざまなハイレゾ音源を本来のクオリティで再生*。
ライブ演奏やクラシック音楽などで気になる曲間の音の途切れを解消するギャップレス再生も実現し、ネットワークオーディオプレーヤーとしての完成度を高めました。
さらに、お気に入りのインターネットラジオ局をメモリーして素早く呼び出したり、聴取中にソースの切り換えや電源オン/オフを行っても直前まで聞いていた局を保持するvTunerブックマーク&オートプレイも新たに装備。
インターネットラジオを快適にお楽しみいただけます。

*無線接続(Wi-FiまたはWireless Direct)では、通信環境などの影響によりハイレゾ音源を安定して再生できないことがあります。
4K/60P(4:2:0)* 映像や3D映像伝送に対応した合計6入力/1出力のHDMI端子
拡大する
4K/60P(4:2:0)* 映像伝送や
3D映像伝送に対応したHDMI端子

話題の4K/60P(4:2:0)* 映像をはじめ、3D映像伝送や主要メーカー製テレビ/レコーダーとのリンク機能などに対応した合計6入力/1出力のHDMI端子を搭載。
お手持ちのテレビと本機とをHDMIケーブル1本で簡単に接続できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応し、AVアンプが初めての方にも設置や操作が手軽に行えます。

* ファームウェア(ver.1.15)更新により対応。

ディスクリート構成7chパワーアンプ、新Extra Bassなどにより高音質を追求

定格出力115W/chのディスクリート構成7chパワーアンプ、バーブラウン192kHz/24bit D/Aコンバーターなどの高音質設計により、Blu-ray DiscのHDオーディオコンテンツやハイレゾ音源も忠実に再現。
さらに、メイン(フロント)チャンネルにコンパクトスピーカーを使用する場合や、特にサブウーファーなしのシステム構成で有効な新Extra Bass(エクストラベース)も搭載し、重低音の力感や躍動感をより手軽に味わえるようになりました。
携帯端末内の音楽コンテンツや地デジ放送、ネットワーク対応テレビの動画コンテンツなどの圧縮音声をより魅力的に聴かせるミュージックエンハンサーも装備しています。

サラウンドスピーカーをフロントに設置しても高い臨場感を実現するバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」を新搭載

今回新しく、サラウンド(リア)スピーカーをメイン(フロント)スピーカーと並べて設置した状態で5.1chサラウンド再生が楽しめるバーチャルサラウンド技術「Virtual CINEMA FRONT」(バーチャルシネマフロント)を採用。
視聴ポイントの後方にスピーカーを設置できない環境でも、従来のVirtual CINEMA DSP(サラウンドスピーカーを使用しないバーチャルサラウンド再生)を上回る、臨場感豊かなサラウンド再生をより省スペースで実現します。


シネマDSP<3Dモード>&VPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)

独自の音場創生技術「シネマDSP<3Dモード>」を搭載。
シネマDSP<3Dモード>を通常の5.1chスピーカー構成で実現するVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能も搭載し、最新の大画面テレビにふさわしい圧倒的な立体音場を再現できます。

その他の主な機能・特長
  • 再生音量に応じてDSP効果を自動調整し、常に最適な臨場感が得られるA-DSP技術
  • 入力ソースやボリューム位置に合わせてダイナミックレンジを自動調整し、小音量再生時にも明瞭なサウンドが楽しめるA-DRC技術
  • 入力信号に含まれるジッターを軽減して高純度な音質を実現するロージッターPLL回路
  • 部屋に合わせた最適な音響特性が自動的に得られるYPAO(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)
  • お手持ちのヘッドホンで手軽にサラウンド再生が楽しめるサイレントシネマ
  • 良く使う映像ソースや音場プログラムの組み合わせを呼び出したり、テレビやレコーダーを連動して起動できるSCENE(シーン)機能
  • フロントバイアンプ対応
  • 別室などに置いたスピーカーも鳴らせるZone B対応
  • オートリップシンク
  • 40局プリセット対応FM/AMチューナー
  • 日本語を含む多言語対応OSD(オンスクリーン・ディスプレイ)
  • ECOモード、オートスタンバイ機能、インプットスタンバイセレクトなどにより業界最高水準の省電力を実現
  • Bluetoothワイヤレスオーディオレシーバー「YBA-11」(別売)対応

商品の説明をすべて表示する

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

AX-V565からの買い替えです。
スピーカー等のシステムは変更無しなので、音質は新しい分キレの有る(硬い)感じがしますがほぼ同等
以下565からの比較中心で。
・良い点
NET各機能は認識・反応も良く期待以上に使える
HDMIの認識、ソースの変更が体感出来る程スピードアップ
iPhone/Androidのアプリ”AV CONTROLLER”が素晴らしく、ほぼ全ての機能が激速レスポンスで対応
Airplayも瞬時に反応で、有線と遜色ない音質
設定無しにPS3/4、NASNEを付属のリモコンでほぼ全ての操作が出来る
リモコンのボタンの数が減り、操作性の向上、以前より直感的に操作出来る
ハイレゾは問題なく高音質で再生(USB、NAS共)
ソース毎の音量バランスが良くなった

・残念な点
カラーがブラックしかなくなった
NASのフォルダ・ファイル名の文字バケ、非表示が多い(但し、iPhone/Androidのアプリでは完全に表示)
相変わらずメニュー画面の解像度が低い

サイズ的には、少し高さが増し、奥行きが短くなり、重量が少し軽くなっています。
冷却効果等は向上しているでしょうが、アンプは重いほうが
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
購入してから気がつくネットワーク対応の便利さでした。
PCと接続するときもHDMIとLANの2種類が選べるのは想像以上に便利です。
HDMIは映画系のサラウンド、LAN(AirPlay)は音楽系のサラウンドに設定してシーンボタンに割り振ります。
瞬時に設定と出力を切り替えられて想定外に便利です。

あと所有しているスピーカーの性能を引き出せて音楽をもっと楽しめました。
サブウーハーなしでもトールボーイの性能を活かした低音が楽しめて便利です。
あと、スピーカー設定の調整が付属のマイクで出来るので最適な環境が簡単にできて便利でした。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
赴任先の仮暮らしでとりあえず音が出せるように安価なデジタルアンプでも良いかと思いましたが、まだネット環境がない中、iPhoneからAirPlayで音が飛ばせる機種の方が使い勝手が良いだろうと思い選んで見ました。とりあえずスピーカーは2chだけの接続です。マルチチャンネルで組んだ時のレビューは他に譲ります。スピーカーセットアップをした後、YPAOをかけると左右交互に信号音が出てあっと言う間に調整終了、出て来た音は量感と音場感と品位を感じました。音楽に合ったDSPを選べばバーチャルながらステージシーンを選ぶような感覚を味わえます。

肝心のAirPlay再生ですが、取説を見ながらあっけなく出来まして、無線LAN環境が無くてもiPhoneからどんどん曲を選べますし、反応も良いです。選曲だけでなくボリュームも調整出来るのでリモコンに持ち替える手間もありません。これからの時代のAVセンターとしてかなり使える手応えを感じました。この価格でここまでの機能と性能を良く盛り込んだな、という感じで評価したいと思います。

光ケーブルでテレビからの音声も577を通して聞いてますが、聞きやすいですし、ドラマの効果音もリアルです。映画の音声も2chながら雰囲気をしっかり出してくれています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
初めての5.1chホームシアター環境を整えるにあたり、当初は別の約20,000~30,000円のAVアンプとスピーカーのセットを検討していましたが、
『スピーカーをグレードアップしたくなってもスピーカーを交換できない』
『テレビの音質とさほど変わらない。汚い音を5.1chにしたところで嬉しくない』
『安いホームシアターセットは絶対に後悔する』
など、レビューが散々だったため、もう少し奮発して、レビューとコスパが良い当機を購入しました。

初めてのAVアンプなため、他機種との比較ができませんが、気になった不満点をいくつか。
・ネットワーク機能がSMB接続できない。
・ネットワーク機能(ファイル表示)が日本語非対応。
・リモコンのボタンが小さく誤操作しやすい。(盲リモコンし難い)

ONKYOと迷いましたが、『AVアンプはYAMAHA!』という声と製品の選択肢が多かったYAMAHAにしてみました。
私はこれとは別に、HDMIセレクターとアップスキャンコンバーターを既に所持していたため、そのあたりの性能に関しては重要視しませんでしたが、
何も所持していない人がAVアンプ1つでオールインワンで済ませようとするなら、HDMI出力が2系統ある上位機種を選べば、HDM
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー