ヤマハ サブウーファー (1台) ブラック YST... がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 12,399
+ 関東への配送料無料
発売元: ビックカメラ
カートに入れる
¥ 13,239
+ 関東への配送料無料
発売元: ECカレント
カートに入れる
¥ 14,870
+ 関東への配送料無料
発売元: アルバセレクト
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヤマハ サブウーファー (1台) ブラック YST-FSW150(B)

5つ星のうち 4.2 49件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 28,080
価格: ¥ 12,399 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 15,681 (56%)
この商品の特別キャンペーン 本商品とまとめ買いでSIMカードが実質無料 3 件

残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:18¥ 12,399より
  • テレビラックにもすっきり収まる独自デザイン
  • ヤマハ独自の低音再生技術A-YST II方式がもたらすクリアで上質な重低音
  • 「デジタル・サウンド・プロジェクター」シリーズとのシステム電源連動に対応


迷ったらコレ オーディオ18選
オーディオ製品を検討中で、どれを購入したらよいのか分からないユーザー必見。カテゴリー別に支持されているモデルをご紹介。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ヤマハ サブウーファー (1台) ブラック YST-FSW150(B)
  • +
  • audio-technica インシュレーター 4個1組 AT6091
総額: ¥13,637
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報



製品の特徴:
  • メーカー型番 : YST-FSW150B
詳しい仕様を見る

商品の情報

登録情報
商品パッケージの寸法52.6 x 47.8 x 24.8 cm ; 11 Kg
発送重量11 Kg
メーカー型番YST-FSW150(B)
ASINB000WAX5CI
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/9/22
おすすめ度 5つ星のうち 4.2 49件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング 家電・カメラ - 27,430位 (ベストセラーを見る)
  
保証とサポート
返品: Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

●映画や音楽の重低音を増強し、臨場感・迫力をアップさせるサブウーファー●低格出力75W●再生帯域:30~160Hz●16cm口径ウーファーユニット●TVラックにもすっきり収まる独自デザイン(横置き・縦置き可能) ●ヤマハ独自の低音再生技術「A-YST II方式」がもたらすクリアで上質な重低音 ●「デジタル・サウンド・プロジェクター」シリーズとのシステム電源連動に対応 ●サブウーファー出力端子付きTVとも接続可能●外形寸法:435W×151H×350Dmm●質量:9.4kg●消費電力:45W

Amazonより

ヤマハ ホームシアターオーディオ サブウーファー

ヤマハ サブウーファー YST-SW010 ヤマハ サブウーファー NS-SW210 ヤマハ サブウーファー YST-FSW050 ヤマハ サブウーファー YST-FSW150 ヤマハ サブウーファー YST-SW325 ヤマハ サブウーファー NS-SW500 ヤマハ サブウーファー NS-SW700
概要小型キュービックフォルムのQD-BassサブウーファーAVラックや薄型テレビの脇にもすっきり置ける
スリムなサブウーファー
重低音の迫力が手軽に楽しめる
省スペース設計のサブウーファー
重低音の迫力が手軽に楽しめる
省スペース設計のサブウーファー
リアルウッド突板仕上げのサブウーファー俊敏な低音のフロントファイアリング型
サブウーファー
20Hz~の低音再生能力を秘めた
ダウンファイアリング型サブウーファー
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
/質量
W 280mm
H 325mm
D 293mm
/8.5kg
W 166mm
H 450mm
D 366mm
/10.0kg
W 350mm
H 163mm
D 350mm
/8.5kg
W 435mm
H 151mm
D 350mm
/9.4kg
W 315mm
H 380mm
D 374mm
/13.0kg
W 380mm
H 368mm
D 420mm
/18.5kg
W 406mm
H 445mm
D 406mm
/21.0kg
出力50W(5Ω)50W(5Ω)50W(5Ω)75W(5Ω)150W(5Ω)250W(5Ω)300W(5Ω)
再生周波数帯域30~200Hz(-10dB)30~160Hz35~160Hz30~160Hz25Hz~180Hz(-10dB)20Hz~160Hz(-10dB)20Hz~160Hz(-10dB)
入力端子RCAピンジャックRCAピンジャックRCAピンジャックRCAピンジャックINPUT1:スピーカーターミナル
INPUT2:RCAピンジャック
INPUT1:スピーカーターミナル
INPUT2,3:RCAピンジャック
INPUT1:スピーカーターミナル
INPUT2,3:RCAピンジャック
スピーカーユニット16cmコーン型(防磁)16cmコーン型(防磁)16cmコーン型(防磁)16cmコーン型(防磁)20cmコーン型(防磁)25cmコーン型(防磁)25cmコーン型(防磁)
ハイカットフィルター130Hz130Hz--50~150Hz連続可変40~140Hz連続可変40~140Hz連続可変
オートスタンバイ機能----
付属品SW用ピンケーブル(5m)
滑止めパッド(4枚)
SW用ピンケーブル(5m)
滑止めパッド(4枚)
SW用ピンケーブル(5m)
システム接続ケーブル(5m)
SW用ピンケーブル(5m)
システム接続ケーブル(5m)
縦置きスタンド
SW用ピンケーブル(5m)
スピーカーケーブル(4m)2本
滑り止めパッド(4枚)
SW用ピンケーブル(5m)
システム接続ケーブル(5m)
SW用ピンケーブル(5m)
滑り止めパッド(4枚)

商品の説明をすべて表示する

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Yas 投稿日 2011/2/24
ホームシアター用に購入しした。
サブウーファーの使用は初めてなので比較して音質等語る事は出来ませんが、カタチが秀逸だと思いましたので報告させていただきます。
このウーファーはアンプやプレーヤーに寸法やデザインを模しているんですね。AVラックにAVアンプとプレーヤーの二台とあわせて収納していますが違和感なしです。(姉妹品の050の方が厚さがあるので注意)
使い勝手に関しては、前面のいじりやすい位置にボリュームがあるのが便利です。映画だけでなくテレビ番組視聴のさいもホームシアターで見るのですが、その際にはボリュームを絞っています。側面や下の方に使いずらそうに小さいのがついているのもありますよね。
あと音質等は語れませんと申し上げましたが、そもそもサブウーファーっているの?とお悩みの方がいらっしゃいましたらそれは自信を持ってお勧めします。
アクション映画は勿論ドラマやテレビ番組でも低音が軽く効いていると音が豊かに趣深く感じられます。ここまで違うものかと驚かされました。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 takashin 投稿日 2016/6/16
Amazonで購入
ONKYO ネットワークCDレシーバー CR-N755(S)DENON スピーカーシステム SC-M39CWEMを繋いで音楽を聴いていたのですが、どうも低音が淋しかった...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
■評価の理由
AVアンプはONKYO TX-DS595、スピーカーはAurexの無名スピーカ(コンポ付属の3Way品)で使用。
Dolby、DTS両者とも再生してみれば接続したかいがあるのがわかるぐらいに良い音になります。
アンプと同じ横のサイズでフィットしているし、アンプの下段に配置しても存在感があり、かつコスパも最高なので★5です。

■具体的な効果
Fullボリュームにて使用しています。賃貸住まいですが、外壁、天井が防音性が高いため最大出力でも使用できますが、
ズンズンくる感じがとても良いです。

■おすすめしたい人
アンプにウーファー出力があるけど、置き場所がなくてという方にお勧めです。本品は縦置きもできるようにスタンド付きです。
ウーファーを持ったことがない入門者の方が購入しても良いかと思います。効果は体感できます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
同シリーズ上位機種のようにハイカットフィルター(40~140Hz)が無く、また出力もそこそこなので、再生環境によっては宝の持ち腐れになるかも。
当スピーカーが効果あるのは、テレビの音声出力端子(ウーハー用)があった場合や低域が貧弱な小型スピーカーシステムだと思います。

80Hz以下が弱いシステムについては良いと思いますが、立派な大型スピーカーのシステムだと、単に100Hz付近を増強して、ブーミーになって終わりです。
どんな良い再生環境でも、60Hz以下はダラ下がりで、また人の耳では聞き取りにくい。
20~40Hz付近をブーストしてこそ本当のサブウーファーで、音ではなく空気を感じます。

僕の場合、AVアンプが各スピーカーの主力レベルが12dB調整でき、クロスオーバー周波数が設定出来たので幸いでした。
以下、再生環境です。

AVアンプ、DENON AVサラウンドアンプ AVC-1909、各チャンネル出力90+90W
Fスピーカー、FOSTEX FE208Eシグマ、自作バックロードホーン
Rスピーカー、BOSE DS16SW
サブウーファークロスオーバー40Hz

フロントスピーカーが能率良く、出力も大きいため、40Hzでクロスオーバ
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー