Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 346

¥ 518の割引 (60%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[一坂 太郎]のヤマケイ文庫 坂本龍馬を歩く
Kindle App Ad

ヤマケイ文庫 坂本龍馬を歩く Kindle版


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 346
文庫 ¥ 864 ¥ 459

紙の本の長さ: 288ページ ヤマケイ文庫 坂本龍馬を歩くと類似の本

商品の説明

内容紹介

近代日本の礎を築いた坂本龍馬のゆかりの地を、坂本龍馬とともに巡る。
倒幕そして維新へ…土佐から江戸へ、京へと奔走する龍馬の生き様をゆかりの地から読み解く。

生誕地の高知県土佐を皮切りに、江戸遊歴、ペリーの上陸で揺れる浦賀を訪ねた日々から、脱藩して勝海舟に出会い、神戸、長崎、鞆の浦、鹿児島、霧島、下関、萩へと東西奔走。

そして大政奉還を前に凶刀に倒れた最期の地・京都へ。
渾沌の時代を生き抜いた龍馬ゆかりの地を巡りながら、幕末の英雄として日本史上に名を残す男の篤き志に触れる。

内容(「BOOK」データベースより)

坂本龍馬の身長は一七五センチあったといわれる。当時としてはかなりの大男だ。東奔西走するその巨躯に、人は新しい時代のにおいを感じとったのかもしれない。本書は龍馬が生まれた土佐を皮切りに、若き日の江戸遊歴、勝海舟に師事した神戸、亀山社中や海援隊を結成した長崎、おりょうと旅立った霧島、そして最期の地・京都など、ゆかりの地13カ所を旅しながら読み解く異色のガイド。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 63161 KB
  • 紙の本の長さ: 247 ページ
  • 出版社: 山と溪谷社 (2016/9/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01LYRK7QZ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 41,086位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover