通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヤバい経済学 [増補改訂版] がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 el-shop
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯なし■カバーにキズ(スレ・ヨレ)があります■書き込みなどはなくページは良好な状態です■中古品のため経年劣化のある場合があります通読に支障は有りませんが了承の上お買い求めください■商品はアマゾン倉庫内に在るため商品に関する個別のお問い合わせにはお答えできません ご了承ください
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ヤバい経済学 [増補改訂版] 単行本 – 2007/4/27

5つ星のうち 3.8 51件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 400

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヤバい経済学 [増補改訂版]
  • +
  • 超ヤバい経済学
  • +
  • ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
総額: ¥5,940
ポイントの合計: 179pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「相撲に八百長なんてないとはとても言い張れない」
データ示す八百長の証拠とは?

新聞・テレビ・ラジオ・雑誌で話題沸騰。
悪ガキ教授が日常生活から裏社会まで、
ユニークな分析で通念をひっくり返します。

不動産広告の「環境良好」の隠された意味って?
90年代のアメリカで犯罪が激減したのはなぜ?
勉強ができる子の親ってどんな人?

銃とプール、危ないのはどっち?
相撲の力士は八百長なんてしない?
学校の先生はインチキなんてしない?
ヤクの売人がママと住んでいるのはなぜ?
出会い系サイトの自己紹介はウソ?
ウィキペディアは信頼できる?

アメリカに経済学ブームを巻き起こし、
400万部のベストセラーとなった話題の書。

犯罪と中絶合法化論争のその後や、
犬のウンコ、臓器売買、脱税など、
もっとヤバい話題を110ページ追加した増補改訂版。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカに経済学ブームを巻き起こし、170万部のベストセラーとなった話題の書。若手経済学者のホープが、日常生活から裏社会まで、ユニークな分析で通念をひっくり返します。犯罪と中絶合法化論争のその後や、犬のウンコ、臓器売買、脱税など、もっとヤバい話題を追加した増補改訂版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 448ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社; 増補改訂版 (2007/4/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492313788
  • ISBN-13: 978-4492313787
  • 発売日: 2007/4/27
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,935位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
限定された対象と方法論が学問には必須だが、この『ヤバい経済学』は経済学の方法論を援用して本来経済学の対象として扱われない事例を分析した本である。
経済学が公務員試験ぐらいにしか役に立たないと思っている方には是非お薦めしたいが、あくまで対象が本来経済学で扱われない事例なので、これを読んで経済学の教科書を読んでも同じような面白さは期待できない。
とは言え、経済学にはこんな自由な側面があるということを実感するには格好の本である。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
面白かったです。
自分たちが常識と思っていることや、これはこういうことなんだろうと勝手に思っていることに対して「違うそうじゃない」と見せつけられました。
たまに根拠薄弱な部分や、どうしてそれとそれを比べてるんだという疑問が出てくるのですが、大体はデータや物語を交えつつ筋道だった説明が書かれています。
子供の教育に関わるものは結局金のある家に生まれるのがいいという身も蓋もない答えが出ているのはなるほど確かにと納得してしまいました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経済学というと、インフレがどうだとかプライマリーバランスがどうだとか、
門外漢にはよくわからないし、あまり興味をそそられるものでもない。そ
ういう人に対しても、経済学者が抽象的理論を身近な事柄にわかりやす
く置き換えての入門書等がさかんに出版されてはいるが、それもいまい
ちページをめくる手が進まない。

本書「ヤバい経済学」がよってたつ「経済学」とは、お金の話にとどまらな
い。副題に「世界の裏側」とあるとおりこれは、人間の営みの集合体であ
る社会の中のあらゆるもののひっぺがえし、そこに隠れている人が「通念」
として信じていたものとはまた別の、ある「インセンティブ」と他のそれとの
インタラクティブな関係を、解きほぐしていこうという試みなのだ。

だが、それだけでは「ヤバい」ことにはならない。近年日本で「ヤバい」は、
若者言葉で「かっこいい」とか「すげぇ」という意味で用いられているが、自
らそう豪語する本書に「ヤバい」ところがあるとすれば、それはその着眼点
にある。増えると思っていた犯罪件数が減ったのはどうして?銃がある家
とプールのある家、子供にとってはどちらが危ない?や、学校の先生と大
相撲力士に共通点はある?など
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ヒデ 投稿日 2016/2/20
形式: Kindle版 Amazonで購入
経済学というより統計を用いた社会学なんだろうが、面白い本だった。特に中絶と犯罪の関係や大相撲の八百長の話が面白かった。7勝7敗の力士と8勝6敗の力士の勝率は日本人には常識になっているんだろうか?しかし、大相撲の不正を告発した二人が不明の死を遂げたというのは知らなかった。社会保障番号を扶養控除の申請に必要なことにしたら700万人の子供が一度にアメリカからいなくなったという話も面白かった。日本でもマイナンバーが導入されたら同じことが起きるのだろうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「道徳」は世の中がどうあって欲しいかを示すものである。一方で、経済学は世の中が「実際にはどうであるか」を表している。

本著のデータによれば、日本の大相撲では八百長が存在していることを明確に示している。八百長報道があった後は、7勝7敗で千秋楽を迎えた力士の、8勝6敗の力士に対する勝率はいつもの80%ではなくて、50%になる。つまり八百長報道があった直後においてのみ、力士間の取引が成立せず「実力」で勝負するのである。その他、常識や希望的観測が間違っている例が本著には列記されている。知的生産を行う人、ビジネスマンは必読である。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
中絶の合法化が犯罪率を激減させた、相撲の八百長をデータで証明するなど、経済学と聞いてイメージする内容とは程遠い、
身近なテーマを経済学・統計学的手法で分析している。著者の独特な視点がとても面白い。

子供につける名前の、白人・黒人での違いや親の教育水準による違いなどを分析した章は非常に興味深かったが、
アメリカ人の例なので名前のニュアンスがわからず、やや消化不良ぎみ。
だがなんとなく日本語の名前に置き換えながら読むと、名前をつける傾向の違いは、日本でもあるのではと想像できる。
呉智英氏の「読めない名前の学生が多い学校は偏差値が低い」という発言を思い出した。

他にもヤクの売人はどうしてママと同居しているのかなど好奇心をそそる話が満載だ。
しかし本書から得られるのは、それぞれの説が正しいか間違っているかということより、
身近な疑問を解いていく手法・考え方にこそあると思う。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー