Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,600

¥ 128の割引 (7%)

ポイント : 45pt (2%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[フリーク・ヴァーミューレン]のヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実
Kindle App Ad

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実 Kindle版

5つ星のうち 4.2 31件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,600
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728 ¥ 450

商品の説明

内容紹介

欧州No.1ビジネススクールの人気若手教授による初の著書。世界で行われている、経営のおかしなこと、間違っていることを痛快に解き明かす。余談たっぷりで読み口は軽いものの、内容はすべてアカデミックでの知見や、豊富な企業の調査やコンサルティングの経験から得た事実に基づいて記述されている。常識を裏切る内容の数々、読み物として面白さと新しい視点の気づき・発見の多さは『ヤバい経済学』にも匹敵する。紹介するトピックは、M&A、リストラ、成果主義、イノベーション、経営戦略、組織改革など。

【主な内容】
Introduction モンキーストーリー
Chapter 1 今、経営で起きていること
Chapter 2 成功の罠(とそこからの脱出方法)
Chapter 3 登りつめたい衝動
Chapter 4 英雄と悪党
Chapter 5 仲間意識と影響力
Chapter 6 経営にまつわる神話
Chapter 7 時間の中での歩き方
Chapter 8 目に見えるものと目に見えないもの
Epilogue 裸の王様

内容(「BOOK」データベースより)

M&A、リストラ、成果主義、イノベーション、経営戦略、組織改革、株価、CSR、IPO…ビジネスの常識が次々に覆る。ロンドン・ビジネススクールの名物教授が学術研究のエッセンスと豊富な余談で繰り広げる痛快な経営書。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 630 KB
  • 紙の本の長さ: 226 ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2013/3/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CAKRZNS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 26,174位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
なんだか「色物」のような表紙だが、実際はビジネスの実態を深く抉る痛快な一冊。
著者が選りすぐった100以上の研究を小咄風にまとめているため、読みやすくぱらっとめくって読み始められる点が「経営書」というより「ビジネスエンターテイメント本」的。
5章は長くて少しだれるが、さすがロンドンビジネススクールでベストティーチャーにも選ばれたという人気教授、それ以外はさくさく読める。
301ページもあって1600円とは破格、というよりMBAマーケティングに基づく結果なのだろうか・・・

内容は、集団慣性、アビリーンのパラドックス、選択バイアス、イカロスのパラドックス、メンタルモデル、対脅威萎縮効果、立場固定、時間圧縮の不経済、予言の自己実現、パテントシャーク、イノベーションネットワーク・・・と挙げているテーマも本当に幅広い

気になったポイントは以下の通り。

・ほとんどのM&Aは失敗する
・穏やかなペースで着実に成長をした方が、爆発的に成長するよりも結果的に儲かる
・人員削減は利益を増やすどころか減らしてしまう
・不況のときはコストより売上に目を向けるべき
・経営者の「うぬぼれ病」のかかり方
・「エクセレントカンパニー」は原因と結果を逆に取り違えている
...続きを読む ›
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiroshi トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/5/23
形式: 単行本
これは凄い本です。ロンドンのビジネススクールの人気教授によって経営学の常識が次々に覆されます。正しいと信じられてきた理論や手法を採用した企業のその後の結果を検証してみるとまったく成果が出ていなかったり、逆の結果だったりした、と断定するのです。

豊富な事例を引いて著者が結論づけるのは、きらびやかな装いの理論に頼るのではなく、物事がどう動いているかを明らかにすることの重要性です。つまり、表層的なことに流されず、常識を疑う視点を持ってリアルな現場に密着することが何よりも重要だと強調しています。

邦訳のタイトルからキワモノ本のようにとられがちですが、実に正鵠を射る示唆と知的刺激にあふれた内容だと感心しました。経営学を学んでもなかなか実践で成果に結びつかないと嘆いている人は多いと思いますが、その謎が本書によって解かれました。もうトレンドや新しい経営手法に飛びつくのはやめましょう。

次のような指摘が興味深いと思いました。
・コアビジネスへの集中は成功の原因ではなくて結果なのだ。
・企業買収をしてうまくいった例は少ない。
・ISO9000は革新的イノベーションを阻害する。
・リストラをした企業のその後を追跡するとリストラ効果がなかったことがわかる。
・成功プロジェクトの成功要因は必
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
経営学者やコンサルが提唱する高尚な経営手法が、実際には
ほとんど役に立っていないという事実を笑って楽しむ本。
例えば、年度末にあわてて昨年のモノを取り出して来て、
適当に新しい言葉で飾り立てて作る経営計画などがそう。
発表したら、そのまま引き出しの中にしまい込まれて、
もう誰も気にしない。

ある時は事業の多角化が必要とされ、今度はコアビジネスへの集中だという。
今はコアに集中した企業が生き残っているとの分析も、
原因と結果を取り違えているのでは、と疑問を投げかける。
多角化である程度成功しているビジネスを売却することで
不況の中で生き残っているのだとすれば、今やるべきことは
多角化ということになる。

経営理論、経営手法の常識を引っくり返してくれる楽しい一冊。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
見るからに怪しげな装丁だけれど、中身はいたって真っ当。

面白いと思ったのは『流行りの経営手法』は、だいたいが役に立っていない!
しかも役に立っていないのに、その手法が世の中からなくなっていないという話。

シックスシグマやBPRをはじめとして、いままで流行った経営手法数々。
それらをウィルスに例えて「死に絶える前に広がる」から無くならないのだという。
例として「ISO9000」があげられていた。
その説明は・・・

 1)ISO9000で、物事を進める最適な方法を定義する
 2)最適からの逸脱が少なくなる
 3)大きな逸脱がないため、同じようなものが出来上がる

 ⇒だから「ポストイット」のような失敗から生み出される発見がない!!

ということだそうだ。
ナルホド、ごもっともな指摘ではある。
が、逆にいえば、逸脱がないように物事を進める必要がある仕事であればISO9000は最適な手法ってことだよね。
どんな仕事なのか具体的には分からないけれど・・・

同じモノを見ても視点が違えば違う面が見える。
ちょっとねじれたモノの見方を鍛えるには良い本だと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover