¥4,239
ポイント: 42pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送 6月27日 月曜日詳細を見る
または 最も早いお届け日 配送 本日 1 時間 6 分以内にご注文の場合。 詳細を見る
在庫あり。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
出荷元
Amazon.co.jp
販売元
ヤクザと家族 The Family[Blu-ray... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヤクザと家族 The Family[Blu-ray]

5つ星のうち4.0 16個の評価

-23% ¥4,239
参考価格: ¥5,500

特別な表記がない限り、参考価格は、製造業者、卸売業者、輸入総代理店等、小売業者以外の者(以下「製造業者等」といいます)が設定し、あらかじめカタログや商品本体への印字等により公表されている希望小売価格または製造業者等が小売業者に対して呈示している参考小売価格です。
詳細はこちら
ポイント: 42pt  (1%)  詳細はこちら
仕様
価格
新品 中古品
Blu-ray 通常盤
¥4,239
¥4,239 ¥3,580
クーポン:  
期間限定のお買い得品
無料のプライム配送を提供していない他の出品者からより安く入手できます。
CD・DVD スタンプカード

購入を強化する


CD・DVD・テレビゲーム・PCソフト お買い得ストア
タイムセール、キャンペーン、クーポン、在庫処分ワゴンセール、バーゲン品、廉価版など、お買い得商品がもりだくさん。 ⇒いますぐチェック

よく一緒に購入されている商品

  • ヤクザと家族 The Family[Blu-ray]
  • +
  • マトリックス レザレクションズ ブルーレイ&DVDセット (2枚組) [Blu-ray]
  • +
  • ゴーストバスターズ/アフターライフ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
一緒に購入する商品を選択してください。

メーカーによる説明

▼メーカー特典:非売品プレス

プレス

曲目リスト

商品の説明

内容紹介


1999年、2005年、2019年――。
3つの時代で見つめる、一人の男とその【家族・ファミリー】の壮大な物語。

綾野剛、舘ひろし 初共演! 日本アカデミー賞6冠『新聞記者』の制作スタッフが再集結。現代ヤクザの実像とその終焉を描くスタイリッシュ・エンタテインメント!

『新聞記者』『MOTHER マザー』など、鋭い視点で現代を表現する映画会社スターサンズと、スタイリッシュな映像とクールな男たちを描くことに定評のある『新聞記者』の藤井道人監督。『新聞記者』を世に出した彼らが挑んだテーマは「ヤクザ」。 「変わりゆく時代の中で排除されていく“ヤクザ"という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品」と自身で脚本を担当した藤井監督は語る。様々な問題をはらんだテーマを、現代に何かを突きつける一級のエンタテインメントとして描き出す。
主人公・山本役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。山本に“家族"という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろし。その他、豪華キャスト共演のほか、主題歌には綾野自らオファーしたという常田大希がmillennium paradeとして加わり、書き下ろし楽曲で本作を彩る。現代ヤクザの実像を描き、今の世に問題を突きつける、全く新しいスタイリッシュ・エンタテインメントがここに誕生!!

●ストーリー
これは、ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる物語。荒れた少年期に地元の親分から手を差し伸べられ、親子の契りを結んだ男・山本。ヤクザの世界でのし上がる彼は、やがて愛する《家族》とも出会う。ところが、暴力団対策法の施行はヤクザのあり方を一変させ、因縁の敵との戦いの中、生き方を貫いていくことは一方でかけがえのないものを失うことになっていく――。

※暴力団対策法:1992年、2012年に施行。暴力団の無力化に大きく役立ち、企業や地域社会への影響力を減じる契機となった

●キャスト
綾野剛
尾野真千子 北村有起哉 市原隼人 磯村勇斗
菅田俊 康すおん 二ノ宮隆太郎 駿河太郎
岩松了 豊原功補 / 寺島しのぶ
舘ひろし

●スタッフ
監督・脚本:藤井道人
音楽:岩代太郎
主題歌:「FAMILIA」millennium parade(ソニー・ミューッジックレーベルズ)

●映像特典
・Behind The Scene
・完成報告生配信トークイベント
・初日舞台挨拶
・主題歌MV 「 FAMILIA 」 millennium parade
・予告集

※商品の仕様は変更になる場合がございます。

(C)2021「ヤクザと家族 The Family」製作委員会

内容(「Oricon」データベースより)

これは、ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる物語。荒れた少年期に地元の親分から手を差し伸べられ、親子の契りを結んだ男・山本。ヤクザの世界でのし上がる彼は、やがて愛する≪家族≫とも出会う。ところが、暴力団対策法の施行はヤクザのあり方を一変させ、因縁の敵との戦いの中、生き方を貫いていくことは一方でかけがえのないものを失うことになっていく―。PG12

登録情報

  • アスペクト比 ‏ : ‎ 1.78:1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 製品サイズ ‏ : ‎ 30 x 10 x 20 cm; 80 g
  • EAN ‏ : ‎ 4907953221024
  • 監督 ‏ : ‎ 藤井道人
  • メディア形式 ‏ : ‎ 色, ドルビー, ワイドスクリーン
  • 時間 ‏ : ‎ 2 時間 16 分
  • 発売日 ‏ : ‎ 2022/6/3
  • 出演 ‏ : ‎ 綾野剛, 尾野真千子, 北村有起哉, 市原隼人, 磯村勇斗
  • 字幕: ‏ : ‎ 日本語
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語 (Dolby Digital 5.1)
  • 販売元 ‏ : ‎ Happinet
  • ASIN ‏ : ‎ B09SGQMSV7
  • 原産国 ‏ : ‎ 日本
  • ディスク枚数 ‏ : ‎ 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 16個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
16 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2022年6月3日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年6月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
ベスト500レビュアー
2022年5月30日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち3.0 絶滅危惧種ヤクザ、三つの時代で衰退の過程を検証
2022年5月30日に日本でレビュー済み
単独脚本兼監督は、賛否両論だった問題作『新聞記者』(2019)の藤井道人。

 北野武監督による『アウトレイジ』シリーズ(2010~)に顕著だが、山口雅俊監督『闇金ウシジマくん』シリーズ(2012~)、園子温監督『地獄でなぜ悪い』(2013)と『新宿スワン』シリーズ(2015~)、『初恋』(2019)、白石和彌監督『孤狼の血』(2018)と『孤狼の血 LEVEL2』(2021)、西川美和監督『すばらしき世界』(2021年)、etc.、2000年代に入って、ヤクザやチンピラを主役に据えたり、重要な役割を担わせる作品が多くはないか。

 個人的に、ヤクザ映画は飯干晃一原作、笠原和夫脚本、深作欣二監督『仁義なき戦い』シリーズ(1973~)の『仁義なき戦い 頂上作戦 』(1974)まで、その後の『仁義の墓場 』(1975)と『県警対組織暴力』(1975)で終わったと思っていたが、我々日本人は実のところヤクザが大好きであり、深層心理にヤクザ的な要素に共鳴する何かを隠し持っているのかしら。

 ストーリーは有りがちではあるものの、過不足ない配役はこれで好いかも。
 まあ、意欲作の部類には入りそうだし、演出も手伝ってそれなりにドラマティックな展開。

 『仁義なき戦い 代理戦争』(1973)において、恩師と母親に付き添われ広能組の世話になる倉元猛(渡瀬恒彦)のように、昔はどうしようもない不良を地元の顔役である親分さんに託すケースが珍しくはなかった。
 しかし、対立する組同士の抗争が激化し、民間人が流れ弾に当たる被害が続出するようになってから、暴力団対策法が施行。

 それまでは好くも悪くも地域共同体へ、割と自然に溶け込んでいたヤクザたちは、日々追い詰められ、我が同級生で何時の間にか組員となったO・H君も足を洗い、箱根のホテルの支配人とかやっていたが、バブル経済崩壊後に失職してからはあちこちを転々。
 若い頃の無理も祟り病気がちとなり、プライドからか生活保護を拒み続け、結局は縊死してしまった。

 “太く短く”が理想かどうか知らないけれど、統計調査によれば、暴力団構成員の平均寿命は驚く程短く、死因が自殺であるパーセンテージが異様に高い。
 逆に1990年代以降、在日朝鮮人と結んだ韓国マフィア、台湾や香港の反社会的グループ、ロシアン・マフィアの台頭は、何も漫画や小説、テレビ・ドラマや映画だけの世界ではない。

 戦後日本の経済興隆と家族の幸福のアーキタイプ、それらが衰退へと向かう経緯と図式を体現していたようなヤクザたちの生き様を、垣間見る手助けとなるテキストと言えるかも。

 意に反して道を外れてしまった者たちの受け皿を、根こそぎにしてしまう社会って、どんなものだろうか。
 グローバル化以降、行政はセーフティ・ネットを一挙に民間へ移行させたが、NPO法人やら医療法人、株式化した介護施設なんかには、ヤクザも蒼くなる腹黒い連中が大勢いることを、決して忘れてはならないよ。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年6月11日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年6月7日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する