モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」&ヴァイ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,100MP3アルバムを購入

モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」&ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」 Live

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,132
価格: ¥ 3,104 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 28 (1%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Music Prime Music


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モーツァルト:交響曲第41番「ジュピター」&ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
  • +
  • モーツァルト:交響曲第40番
  • +
  • モーツァルト:交響曲第36番「リンツ」&第38番「プラハ」
総額: ¥8,718
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: 水戸室内管弦楽団, 潮田益子
  • 指揮: 小澤征爾
  • 作曲: モーツァルト
  • CD (2007/11/21)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Live
  • レーベル: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 収録時間: 62 分
  • ASIN: B0011EUJGO
  • EAN: 4547366034738
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 163,495位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
11:31
アルバムのみ
2
30
7:47
アルバムのみ
3
30
4:26
アルバムのみ
4
30
9:04
アルバムのみ
5
30
10:07
アルバムのみ
6
30
10:08
アルバムのみ
7
30
9:15
アルバムのみ

商品の説明

メディア掲載レビューほか

小澤征爾&水戸室内管弦楽団の共演によるモーツァルト・シリーズ第3弾。「交響曲第41番「ジュピター」」、ヴァイオリニスト、潮田益子が参加した「ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」」を収録。2003、2006年録音盤。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
恥ずかしながら,初めて小澤&水戸室内管のCDを購入しました。「どんなモーツァルトを聴かせてくれるのだろう」と,期待半分不安半分で聴き始めました。「ジュピター」の冒頭からのけぞりました。室内管とは思えない重厚な音。レベルの高さは噂に聞いていたのですが,ここまでとは思えませんでした。残念なのは,モーツァルトらしい快活さがもう少し欲しかったかな?という点です。ベートーヴェンなどやってみたら面白そうです。我が国にこのような室内管があることを誇りに思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
潮田益子は水戸室内とサイトウキネンでコンミスをしていました。
本来はチヤイコンで1位トレチャコフに続き2位を獲得したソリスト。

残念なことに2013年5月に亡くなりました。
1960年代の録音を2枚、
バルトーク。チャイコフスキー、ブルッフ、シベリウス、の協奏曲を
捜しだしところですが、

ここに比較的新しいモーツアルトの録音を偶然見つけました、
小澤征爾との記念碑的録音となりました。

最近、銀座山野楽器店では彼女の、バッハの無伴奏パルティータが
よくでているそうです。これも追悼盤となりました、。、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 小澤征爾とモーツァルトというと、どうもあまりぴんと来ない……正直なところ、それまでそういう印象があったのは事実である。実際、あまり良い演奏にお目にかかった記憶がない。

 しかし、この演奏はどうだろう。比較的小編成と思われるが、この水戸室内管弦楽団がまだ余力を残しつつ全力を出し切ったジュピター、甘美なトルコ風協奏曲、きらりと輝く逸品である。

 さすがにこういう演奏となるとSACDは強い。一般的な印象と違って、CDよりもSACDの方が甘美さと伸びやかさにおいてまさっている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック