中古品:
¥ 1,200
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケースクリア部分を新品交換済み。帯なし、ブックレット(1箇所ケースつめ跡あり)付属。ディスク盤面はとてもキレイです。レンタルアップ品ではありません。希少品のため定価より若干高くなっている場合があります。特に記載のないものは付属しません。Amazon配送センターより迅速、丁寧に発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モーツァルト:レクイエム ニ短調

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
【1,500円OFF対象商品】CDと楽器・オーディオ機器のまとめ買いキャンペーン
おすすめのCDプレーヤー、イヤホン、ピアノ、MIDIキーボードなど多数ご用意。 いますぐチェック

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ヘルベルト・フォン・カラヤン ストア


キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 指揮: カラヤン(ヘルベルト・フォン)
  • 作曲: モーツァルト
  • CD (2005/12/14)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B000BR2OG0
  • JAN: 4988005412126
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 549,647位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. レクィエム ニ短調 K.626 I.入祭唱 レクィエム(合唱、ソプラノ)
  2. レクィエム ニ短調 K.626 II.キリエ(合唱)
  3. レクィエム ニ短調 K.626 III.セクエンツィア 1.怒りの日(合唱)
  4. レクィエム ニ短調 K.626 III.セクエンツィア 2.妙なるラッパの(ソプラノ、アルト、テノール、バス)
  5. レクィエム ニ短調 K.626 III.セクエンツィア 3.みいつの大王(合唱)
  6. レクィエム ニ短調 K.626 III.セクエンツィア 4.憶えたまえ(ソプラノ、アルト、テノール、バス)
  7. レクィエム ニ短調 K.626 III.セクエンツィア 5.呪われし者(合唱)
  8. レクィエム ニ短調 K.626 III.セクエンツィア 6.涙の日(合唱)
  9. レクィエム ニ短調 K.626 IV.奉献唱 1.主イエス・キリスト(合唱、ソプラノ、アルト、テノール、バス)
  10. レクィエム ニ短調 K.626 IV.奉献唱 2.犠牲と祈りを(合唱)
  11. レクィエム ニ短調 K.626 V.聖なるかな(合唱)
  12. レクィエム ニ短調 K.626 VI.祝せられさせたまえ(合唱、ソプラノ、アルト、テノール、バス)
  13. レクィエム ニ短調 K.626 VII.神の小羊(合唱)
  14. レクィエム ニ短調 K.626 VIII.コムニオ 絶えざる光もて(合唱、ソプラノ)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

2006年のモーツァルト生誕250年を記念して、アルヒーフとドイツ・グラモフォンから、録音と演奏の双方を勘案して、最良のアルバムを50枚セレクト。どれを選んでも安心して聴くことが出来るものばかりだ。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/10/9
形式: CD
カラヤンの晩年のモーツァルトのレクイエムです。1986年5月、ウィーンでの収録は、 巨匠にとって3回目のモーツァルトの「レクイエム」の指揮です。ベーム亡き後のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を率いて、満を持してこの録音に臨んだのでしょう。オーケストラの美しさ、合唱の良さは確かに評価できるのですが、ソリストの選定を間違えたようですね。3年後には鬼籍に入られるわけで、カラヤン美学を貫く演奏をもう一度聴きたかったと思うのですが・・・。過去のカラヤンの演奏と比較して、ベストとは言えないですね。

「憶えたまえ」のアンサンブルの男声ソリストのヴィンソン・コール(テノール)の癖のある歌唱ぶりとパータ・ブルチュラーゼ(バス)のこもり気味の発声による音程の悪さ、役柄によるオペラならある程度理解して聴きますが、このレクイエムには合わないでしょう。同様に「妙なるラッパ」のバスのソロの音程の不安定さ、テノールの頭に何かアクセントをつける歌い方なども聴く方の気分をそぎます。ヘルガ・ミューラー=モリナーリ(アルト)ももう一つでした。アンナ・トモワ=シントウ(ソプラノ)は良かったですが、他のソリストに足を引っ張られているようです。
「ベネディクトゥス」の独唱・重唱が美しく、とリーフレットに書かれていますが、申し訳ないですが、もう一度録音をしっかりと聴いていただくとそうは思われな
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
カラヤン最後のモーツァルトのレクイエムです。合唱の威力には正直かなり欠けますが、ウィーンフィルによるオーケストラパートは晩年ノカラヤンらしい神々しいさがあります。ベームのモツレクのような迫力は確かにありませんが、美しさという点では勝るとも劣らない出来です。激しいディエスイレが聞きたいという人ではなくて、落ち着いた神聖な気分に浸りたい人にはぴったり来る演奏でしょう。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジュリーニ盤よりオケがしっかりしてて、ベーム盤の様な不相応な重厚さも無い、モーツァルトらしいモツレクですね。

何だかんだで、こればっかり聴いてます。ソプラノはジュリーニ盤のリン・ドーソンが好きなんだけど… カラヤン盤を聴くとジュリーニ盤は締まりが無く冗長な気がしてきました。

ドイツレクイエムも良かったし、ベートーベンの荘厳ミサ、モーツァルトの戴冠式ミサも買う予定(笑)アンチカラヤン止めました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
カラヤンにしろ、ベームにしろ、バーンスタインにしろ、ムーティにしろ、現代のオーケストラによるモーツァルトのレクイエムは、オーケストラの響きはなんとか聴けるんだけど、、、歌い手(ソロ)があまりにオペラチックで大袈裟で大上段から振りかぶったような歌唱があまりに多くてどうしても好きになれない。
本来レクイエムって死者の魂を浄化させるための祈りの歌であったはず、、、、というわけで基本的にはオリジナル楽器によるオーケストラの演奏のほうが好み。一番すきなのはマーチン・パールマン指揮、ボストンバロックによる演奏。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告