この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,500MP3アルバムを購入

モーツァルト:レクイエム

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 演奏: アンナ・トモワ=シントウ, ヘルガ・ミュラー=モリナーリ, ヴィンソン・コール, パータ・ブルチュラーゼ, ウィーン楽友協会合唱団
  • オーケストラ: ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン
  • 作曲: ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
  • CD (1997/9/5)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ポリドール
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B00005FJFI
  • JAN: 4988005202369
  • 他のエディション: CD  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 323,966位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト - アーティスト (サンプル)
1
30
5:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
2
30
2:38
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
3
30
1:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
4
30
3:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
5
30
2:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
6
30
5:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
7
30
2:24
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
8
30
3:08
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
9
30
3:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
10
30
4:34
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
11
30
1:51
今すぐ聴く 購入: ¥ 100
 
12
30
5:29
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
13
30
3:40
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 
14
30
5:53
今すぐ聴く 購入: ¥ 200
 

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ソプラノ歌手、アンナ・トモワ=シントウ他の歌唱による、モーツァルトの「レクイエム」を収録。`86年録音盤。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sebo 投稿日 2013/11/17
形式: CD Amazonで購入
ベームとか他の有名どころのレクイエムも聴きましたが、演出過多なのか、どうも芝居がかっているという印象でいまいちでしたが、この演奏はモーツアルトの音楽そのものだけが存在しているという感じで感動しました。カラヤンはそんなに好きではないのですが、これはすばらしいです。SACDかなにかで高音質リマスターしてもらえんでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
大好きな曲なので、様々な指揮者、楽団による音源を色々聞いてきたが、これが最高傑作だという認識が揺るがない。
モーツァルトという作曲家は頭の中で予め完成形を作り出してしまう天才肌の作家なのだが、今作は未完成な譜面を弟子たちが加筆しているイレギュラーなもの。
カラヤンの、この演奏をもって最終的に完成したと言っても差し支えないぐらいの緊張感が、相反する張りつめた静謐さを与えている。
(映像だと、出だしの拍手の時から既に空気が張りつめているから不思議だ)
この張りつめた静寂から淡々と音が立ち上がる冒頭部分は、他の演奏には見られない唯一無二の個性であり、代替が効かない。
エンターテイメントであることを捨て、純粋に「宗教曲/鎮魂歌」として今作を演奏し切った唯一の音源ではないだろうか。

とにかく、やたら暗い。
映像でも見る価値があるのだが、演者全員が沈痛な表情をしており、リアル「お葬式」状態である。
タキシードが喪服に見えるぐらいの抹香臭さ。

個別には「怒りの日」が、とにかく有名なのだが、壮絶な完成度を誇るのが「キリエ」。
全くブレの無い持続するテンションと、流れるような音の洪水に、何度聴いても鳥肌が立つ。
ただ、繰り返しになるが、全員沈痛な無表情で淡々とゾンビの
...続きを読む ›
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 日向葵 投稿日 2005/10/25
形式: CD
モーツァルト「レクイエム」ニ短調 K.626。カラヤン指揮による
ウィーン・フィルハーモニーの演奏。(1986年の録音。)
「魔笛」等の作品の製作に心身ともに疲労困憊していたモーツァルト
は、突如灰色の服を着た見知らぬやせ細った背の高い男の訪問を受け、
レクイエム製作を依頼する手紙を渡される。男は、製作依頼の手紙と
多額の前金を持ったのみで、注文主の名前も明かさなかったという。
モーツァルトは実際この年に亡くなっているのだが、この事をして、
「死の使い」と考えてしまったことは容易に考えられることである。
1791年、モーツァルト35才の時のことである。
「死の使い」の恐怖に怯えてか、過労によるものか、「レクイエム」
作曲は中途にして、モーツァルトの死がもたらされた。彼自身の手で
完成された部分は「入祭唱」と「キリエ」のみであり、その多くは、
弟子達の手によって補完される形となった。
最初に補筆を完成させたのが弟子のジュースマイヤーであった。。
現代でもこのジュースマイヤー版が規範版として標準的に使われる。
晩年の作品で、余命旦夕に迫っていたのを感じていたのか、内省的で
非常に深遠な世界を構築している作品である。また、当時教会
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
その確信が揺らいでしまった一枚でした。
ベームの名誉のために言うと、甲乙つけがたいという意味ですが。
人によって感じ方は異なるのでしょうが、ベーム盤もこのカラヤンVPO盤も、美と敬虔と荘厳の共存した稀有な名演でありながら、明らかに異なる何かが感じられるのです。
録音状態や音色もあるのでしょうし、歌手の声の違いもあるのでしょうが。
あまりにも主観的と承知の上で評するならば、
ベーム盤がウイーンフィルの最も美しい音色を感じさせる演奏とすれば、
カラヤンはウイーンフィルの最も荘厳な音色を引き出しているようでもあり、
ベーム盤が現世の人間が死者に捧げる最も神々しい音楽とすれば、
カラヤン盤は全ての人に訪れる死というものに正面から向き合って死とは何かと問いかけているような迫力を感じます。
・・このように書いていると自分の言葉の無力さを痛感してしまいます。
80年代のカラヤンのCDの出来は録音状態も含め、結構ムラがあるように思いますが、
このCDは全盛期のものと比べても極上の一枚だと言えるでしょう。
それにしても、20世紀にはなんと多くの巨大な演奏家が存在したのでしょう。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告