通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 センチュリー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾンコンディションガイドラインを基準に出品しております。発送は,ヤマトDM便等(ポスト投函)となります。小口等ヨゴレ使用感
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書) 新書 – 2016/10/5

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 625

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

石田衣良版・モーツァルト入門で、クラシックの魅力に目覚めよう!

クラシックをもっと身近に感じるために。
モーツァルト生誕260周年の今年、作家・石田衣良氏にモーツァルトの魅力、ご自身の作品や人生に与えた影響などを語っていただきます。そして、石田衣良氏がお勧めするモーツァルトの名曲10作品の魅力を解説。
さらに、石田衣良氏が司会を努めるNHKの番組「ららら♪クラシック」で共演している、作曲家・ピアニストの加羽沢美濃さんとモーツァルトの魅力を語り合います。
言うなれば、石田衣良版・モーツァルト入門である本書で、クラシックの魅力を再確認しましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

クラシックをもっと身近に感じるために。モーツァルト生誕260周年の今年、モーツァルトの魅力、自身の作品や人生に与えた影響などを紹介し、特にお勧めの名曲10作品の魅力を解説。さらに、司会を務めるNHKの番組「らららクラシック」で共演している、作曲家・ピアニストの加羽沢美濃さんとモーツァルトの魅力を語り合います。本書で、モーツァルトとクラシックの魅力を再確認しましょう。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 192ページ
  • 出版社: マイナビ出版 (2016/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4839960542
  • ISBN-13: 978-4839960544
  • 発売日: 2016/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.5 x 10.7 x 0.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 701,432位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2016/10/9
形式: 新書 Amazonで購入
小説家である著者が自身の音楽体験を織り交ぜながら、モーツ
ァルトを入口としてクラシック音楽の垣根を下げ、気易く接す
ることを説いています。
著者は音楽の専門家ではなく、マニアックな内容でもありませ
んが、そこは流石の言葉のプロとして、モーツァルトの楽曲の
ように、実に軽やかに楽しく、さらりと読ませます。

本書は三部構成となっています。
第1部では、モーツァルトの音楽を語り、自身の音楽体験を語
り、音楽を含めた文化芸術との接し方を語ります。

ハイドン派の下名としては、ハイドンも誉め、古典派の軽みを
称賛する著者の趣向には賛同しますし、洋楽ポップスから入り、
オーディオマニアでもある著者のクラシック音楽の聴き方にも、
共通するものを感じました。

第2部では、著者の推奨するモーツァルトの楽曲が10曲、その
CDが13点紹介されます。
簡潔ながらポイントを捉えた内容に、これらの全てを聴き込み
たくなりました。
下名にとっても、ミケランジェリ、ハーゲン弦楽四重奏団、ホ
グウッド&エンシェント室内管、グールド、クロサキ、デュメ
イ、ピリス、クリスティ&レザール・フロリサン
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック