モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■商品によっては、使用される事による擦れ傷・色あせ・多少の汚れ、劣化等が見受けられる場合がございますがご容赦ください。通常版・限定版に限らず、ジャケット・ライナーノーツ・特典・帯・ハガキ・チラシつきましては原則付属致しません。万が一、動作不備・再生不備がございましたら全額返金させて頂きます。■配送は原則メール便で行っております。また土日祝日はお休みを頂いております。■受注受付は24時間おこなっておりますが、複数店舗併売の為品切れの際は申し訳ありませんがキャンセルとさせて頂きます。休日中のお問い合わせへのご返信は休日明けに順次行わせていただきます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,122
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.5 148件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,120 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 984 (24%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、【まほろば商店】コンディション説明をよくお読みください。が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換が利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 3,120より 中古品の出品:15¥ 1,198より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
  • +
  • チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]
  • +
  • ブエナ★ビスタ★ソシアル★クラブ  Film Telecine Version [DVD]
総額: ¥9,459
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ガエル・ガルシア・ベルナル, ロドリゴ・デ・ラ・セルナ, ミア・マエストロ
  • 監督: ウォルター・サレス
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: スペイン語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2005/05/27
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 148件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000803C8O
  • JAN: 4527427652651
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 16,991位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   キューバの革命家として、南米ではもちろん世界中に信奉者を持つチェ・ゲバラ。本作はブエノスアイレスでの医学生時代の彼・エルネスト(本名)が、友人と1台のバイクで南米を縦断した日々をつづる。彼自身の日記を映画化した、みずみずしい青春ロードムービーだ。アルゼンチンからチリ、ペルーを経てベネズエラへの1万km、6か月の旅で、ふたりはバイクの故障、ほのかなロマンス、そしてハンセン氏病患者たちとの触れ合いを経験する。
   マチャピチュ遺跡やアマゾン、アンデスの雪山など、南米独特の風景が印象深い。表向きの物語は、冒険好きな男ふたりの珍道中だが、『セントラル・ステーション』のウォルター・サレス監督は、エルネストが行く先々で図らずも南米の現状を発見し、生きる指針を見つける瞬間を巧みに織りこんでいく。エルネスト役ガエル・ガルシア・ベルナルは、頼りなげな表情の中に意志の強い眼光を輝かせ、主人公の成長を体現。革命家の知られざる青春の1ページであるだけでなく、注目俳優の最高の演技を目の当たりにできる意味でも必見だ。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

学業もほぼ修了となった医学生のエルネストと、親友のアルベルトの二人が出掛けたバイク旅行を中心に描いた青春映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」をパッケージ化。ガエル・ガルシア・ベルナルほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
ゲバラがまだ若い頃、大学医学部だったときに友人と南米をバイクで放浪の旅をした実話から。若さはバカさか?いい映画(笑)本もいつか読んでみたい・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
キューバのゲバラの若い時代の物語。映画には、さして起床転結、盛り上がりなどが無く淡々とした流れで終始します。見るのに退屈する部分もありますが、それなりによく出来ていると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
「これは偉業の物語ではない 同じ大志と夢を持った2つの人生が しばし併走した物語である」
プロローグとエピローグにあるように、この映画には決して派手な出来事はない。
ドキュメンタリーとして突出しているわけでもない。
ただ、2人のナイーブな若者(チェ・ゲバラとアルベルト・グラナード)がおんぼろバイクで大陸縦断する、
ありがちと言えばありがちなロードムービーだ。
なぜそれがこれほど心に深く残るのだろう。

結局、世界でいちばん美しいものは:
世の中の不条理という向かい風に剥き身で飛び込んでいく「若さ」という名前の命そのものなのだろう。
その最中にいる者は、魂を共振させ、
それを過ぎてきた者は、いちばん美しいものを守れなかった自分を見出して、魂を蘇生させられる。

エルネスト(ゲバラ)がラスト間近、川に飛び込んで向こう岸のハンセン病棟にたどり着くシーン、
ラスト、ほんのワンカット登場する80歳を超えたアルベルト・グラナード本人の表情、
後のゲバラを知っているからこそ、忘れることができない。
あの時、私達が守りきれなかったものは、一体何だったのだろう。
いま、私が守りたいものは、何なのだろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
『起業家、おすすめ映画』とググった所、とあるサイトで紹介されていたこの映画、気になったので観てみた。この映画から学べることは、何と言っても主人公の正義感と行動力。世の中にはたくさんの、イイ映画やイイ本があるけれど、それらを見て実際に行動に移す人は少ない。しかも主人公のように正義感や情に厚く行動力のある人間はもっと少ない。歴史に名を刻むような英雄となると、そのうちのさらに一握り。こういう風に考えていくと、行動力なんていうのは、そういった人たちの仲間入りをするための、最低限の素質な気がする。
実際に南米をバイクで縦断した”ジョーブログのジョー”君もこの映画を観て行動を起こした一人なんだろうなと思って途中から見ていた。こういうのを観て実際に自分もやってみようと思えるかどうか、結局それが何かを成す人かそうじゃない人かの分かれ道な気がする。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
若き日のチェゲバラの心の成長を描いたロードムービー。馬鹿騒ぎの学生旅行の過程で、南米大陸の人々の生活、格差生活やハンセン病患者への理不尽な扱いの中から社会の矛盾を感じ取り自分が何者であるべきかを見つけ出していった。映画の中では明らかな結論めいた描写はない中で、チェが感じ取ったものを見ているものにも体験させるかのような示唆深い映像表現と演技が素晴らしかった。

作品途中で、酷使される炭鉱労働者やボートピープルのような水上生活者?また、偏見から差別的扱いを受けるハンセン病患者が描かれていたが、21世紀を覆い尽くそうとしている格差社会を暗示させるかのような感覚に包まれた。感受性高い若者を革命へと駆り立てた何かがそこにあったのは間違いない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
傑作
ここ最近見た映画の中で特に心に残った。

革命家として未だにカリスマ的人気のあるチェ・ゲバラ。
彼の革命家となる以前の青春時代に友人とバイクで南米縦断した時の日記に基づく映画。

とはいえ、政治的な話はほとんど無く、「ゲバラ」という要素抜きでも、十分に楽しめる、よく出来た青春ロードムービーとなっている。
映像もきれいだし、ホントよいロードムービー。

そして、この旅で彼が人生観が変わり、彼の活動の原点となったことはよくわかる。
これがゲバラの青春なのだと思えば、一層、感傷を誘う。

ここで描かれるゲバラは喘息持ちの華奢で端正な医学生。
「革命家」「ゲリラ活動」でイメージするタフな彼とは随分違う。
しかし、その片鱗は見えている。
それは「志」を貫くということ。
意思の強さはこのころから半端じゃない。
まっすぐで不器用。
愛すべき人間である。

彼の日記に基づいているということは、ほとんど実話なのだろうから、最後のハンセン病患者に対するエピソードなど、やはりすごい男なのだな。

ゲバラのゲリラ活動中の日記は読んだことがあるが、よく日記を書く人だな。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す