モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]

5つ星のうち 4.5 144件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,175 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 929 (23%)
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 2,815より 中古品の出品:13¥ 1,392より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
  • +
  • チェ ダブルパック (「28歳の革命」&「39歳別れの手紙」) [DVD]
  • +
  • チェ・ゲバラ伝 増補版 (文春文庫)
総額: ¥7,560
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ガエル・ガルシア・ベルナル, ロドリゴ・デ・ラ・セルナ, ミア・マエストロ
  • 監督: ウォルター・サレス
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: スペイン語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2005/05/27
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 144件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000803C8O
  • JAN: 4527427652651
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 36,370位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   キューバの革命家として、南米ではもちろん世界中に信奉者を持つチェ・ゲバラ。本作はブエノスアイレスでの医学生時代の彼・エルネスト(本名)が、友人と1台のバイクで南米を縦断した日々をつづる。彼自身の日記を映画化した、みずみずしい青春ロードムービーだ。アルゼンチンからチリ、ペルーを経てベネズエラへの1万km、6か月の旅で、ふたりはバイクの故障、ほのかなロマンス、そしてハンセン氏病患者たちとの触れ合いを経験する。
   マチャピチュ遺跡やアマゾン、アンデスの雪山など、南米独特の風景が印象深い。表向きの物語は、冒険好きな男ふたりの珍道中だが、『セントラル・ステーション』のウォルター・サレス監督は、エルネストが行く先々で図らずも南米の現状を発見し、生きる指針を見つける瞬間を巧みに織りこんでいく。エルネスト役ガエル・ガルシア・ベルナルは、頼りなげな表情の中に意志の強い眼光を輝かせ、主人公の成長を体現。革命家の知られざる青春の1ページであるだけでなく、注目俳優の最高の演技を目の当たりにできる意味でも必見だ。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

学業もほぼ修了となった医学生のエルネストと、親友のアルベルトの二人が出掛けたバイク旅行を中心に描いた青春映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」をパッケージ化。ガエル・ガルシア・ベルナルほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
『起業家、おすすめ映画』とググった所、とあるサイトで紹介されていたこの映画、気になったので観てみた。この映画から学べることは、何と言っても主人公の正義感と行動力。世の中にはたくさんの、イイ映画やイイ本があるけれど、それらを見て実際に行動に移す人は少ない。しかも主人公のように正義感や情に厚く行動力のある人間はもっと少ない。歴史に名を刻むような英雄となると、そのうちのさらに一握り。こういう風に考えていくと、行動力なんていうのは、そういった人たちの仲間入りをするための、最低限の素質な気がする。
実際に南米をバイクで縦断した”ジョーブログのジョー”君もこの映画を観て行動を起こした一人なんだろうなと思って途中から見ていた。こういうのを観て実際に自分もやってみようと思えるかどうか、結局それが何かを成す人かそうじゃない人かの分かれ道な気がする。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
まったく面白くない、退屈な映画で驚いた。
もしこれが名も無い一人の青年の物語であればこんなに興味が持たれるだろうか?
ハリウッドが映画化すればもっと面白くなっただろうが脚色やら演出やらで別物のエンタメ作品になっただろう。
チェ・ゲバラという教養としての人物の伝記を観る教材としては使えるだろう。
研修医が観ても眠ってしまいそうになる作風だが。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
そもそも凡人は1万2千キロもの旅なんてしない。チェは革命家に、アルベルトは医師として生涯をささげた。なぜそれができたのか、この映画からはっきりと伺えます。よい作品でした。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
若き日のチェ・ゲバラの自伝をもとにした作品です。
南米縦断をめざして普段あまり目にしない広大な南米の風景の中を
おんぼろバイクで走るシーンは 疾走感にあふれ、何とも爽快です。
どこにでもいる若者の旅に対する憧れとあふれるばかりの好奇心を感じることができます。
しかし、この若者は、旅の途中インディオの悲惨な労働環境や 業病の患者に接することで、
顔つきが変わっていき、人間的に成長する姿を見せ、後に革命家となる発芽を見る思いがします。
それはまた、監督のチェ・ゲバラに対する理解の深さと敬愛を感じます。
原作を読んだ後に映画を見ましたが、 ほぼ忠実に描いていると思いました。
原作でのチェは豪放で、はちゃめちゃで あり得ないほど楽天的です。
日本の常識とはかけ離れた人物で、またそういう お国柄であることを認識しました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
ロードムービーの体裁を取ってはいるものの、描かれているのは個人の経験や内面ではなく、
植民地化に失敗した南米の不幸です。
日本は奇跡的に植民地にならなかった国なのでピンときませんが、
(半分植民地化された)沖縄で起こっている問題が絶望的にひどくなって、国全体を覆っているようなものです。
そして、この問題(植民、移民、難民等)は近い将来必ず日本にも影響してくるはずなので、今のうちにいろいろ考えて覚悟を決めておく必要があります。
また、南米(北米のメキシコを含む)と対立するのが、唯一植民地化に成功したアメリカである、
というのも皮肉です。
おそらく、成功しても失敗しても、植民地化というのはそう簡単に終わらないもんなんでしょう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
キューバのゲバラの若い時代の物語。映画には、さして起床転結、盛り上がりなどが無く淡々とした流れで終始します。見るのに退屈する部分もありますが、それなりによく出来ていると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
主人公が若き日のゲバラなのは知っているけれど、本作はあくまで革命前の話であって、
若者二人の行き当たりばったりのバイク旅行を楽しむロードムービーだから…
という誤解のもとで観てしまい、ちょっと痛い目に遭いました。

「モーターサイクルダイアリーズ」の名に反し、バイクは前半で壊れてお別れです。
丁度それを機に物語の方向性も変わっていき、
資本主義=悪 開拓者=悪 隔離政策=悪、
ゲバラ=正義の代弁者という明快な二元論をもってストーリーが展開していきます。

私自身は、ゲバラやキューバ革命について特に肯定的な考えも否定的な考えも持っていないのですが、
本作のようにイデオロギー色のある映画にアレルギーがあります。
タイトルやジャケットを見てプライムビデオで無料だからと気軽にご覧になる方も多いと思いますが、
「ゲバラの映画」であることを今一度覚悟頂いて、ご覧になるか判断いただければと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す