モンモデル 1/35 フランス軽戦車ルノーFT-1... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 5,480
通常配送無料 詳細
発売元: amiami あみあみ
カートに入れる
¥ 6,009
通常配送無料 詳細
発売元: Cowoon japan
カートに入れる
¥ 6,241
+ 関東への配送料無料
発売元: -お買い得本店-
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モンモデル 1/35 フランス軽戦車ルノーFT-17鋳造砲塔

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,912
価格: ¥ 5,480 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,432 (21%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、三原雑貨が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
  • 組み立て、塗装が必要な製品。別途、工具、塗料等が必要。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら) マーケットプレイスからの新品/中古品購入は簡単&安全!

出品者のコメント: 【新品】 併用販売はしておりませんので在庫は確実にご用意しております。 Amazonによる保管・管理・配送を行っており、迅速・丁寧な対応はもちろん代引きやお急ぎ便などの 発送オプションがご利用可能です。


キャンペーンおよび追加情報


商品の詳細

Assembly Time12 時間
スケール1/35
対応言語英語
型番MMTS008
ピース数100
組み立て式はい
電池使用いいえ
電池付属いいえ
主な素材プラスチック
リモコン付属いいえ

よく一緒に購入されている商品

  • モンモデル 1/35 フランス軽戦車ルノーFT-17鋳造砲塔
  • +
  • タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.344 フランス陸軍 中戦車 ソミュア S35 プラモデル 35344
総額: ¥8,162
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 14.2 x 5.1 x 6.1 cm
  • 発送重量: 440 g
  • メーカー型番: MMTS008
  • ASIN: B00ED821S4
  • 発売日: 2013/9/22
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2013/8/7
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ホビー - 16,816位 (ホビーの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

1917年に試作車の完成、量産開始、1918年より戦列化されました。戦闘室とエンジン室を分離した小型軽量な車体と幅広な履帯、全周旋回砲塔等近代戦車の基本形を確立しました。第一次世界大戦後世界各国でライセンス生産された名戦車でした。キットは機関室、操縦席、砲塔内のインテリアを再現。ハッチ類は開閉選択式。武装 は3種より選択。デカール4種。エッチングパーツ付き。履帯は接着剤を使わず組み立てられる可動式です。

(Amazon.co.jpより)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Q作 トップ1000レビュアー 投稿日 2016/1/17
MENGモデルの鋳造砲塔型は溶接砲塔型より先に発売され、砲塔内部、車体内部の操縦室や機関室内部のインテリアまで緻密に再現されています。
ただ内部を再現したためか非常に高額なので鋳造砲塔型もインテリアを省略した廉価版を出して欲しかったです。
車体後部のエンジンやトランスミッション、リザーバータンクを細かいパーツで組立てますが、ハッチを閉じた状態だと完成後はほとんど見えなくなってしまいます。
内部の塗装は手間がかかり箱組みする前に仕上げてからでないと後から塗装するのは困難だと思います。
後部機関室のハッチの開き方がコガネムシっぽく見え、どことなく甲虫を思わせるフォルムです。
武装は37㎜SA18ピュトー砲の他にホッチキス8㎜M1914機関銃が選択出来るようになっており、塗装説明図には第一次大戦、第二次大戦時のフランス軍、冬戦争時のフィンランド軍、空港警備に使用されたドイツ空軍所属車輌が描かれています。

第一次大戦時に開発されたルノーFT-17ですが、旧式となった第二次大戦時にも500輌以上がフランス陸軍の第一線部隊に配備されたままで、訓練と戦略予備軍を加えると1200輌余りも引き続き使用されていました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鯖鰺大根 トップ500レビュアー 投稿日 2015/5/27
戦車の元祖といえば、イギリスの菱形戦車だが、近代戦車のあり方を決定づけたのは、こちら、フランスのFT-17軽戦車だ。世界で初めて旋回砲塔を採用、これまた世界で初めてサスペンションを導入、さらにはエンジンルームと操縦室を隔離したのも初めてだ。そのいわば「始祖戦車」、これまでほとんど模型化されてこなかったが、中国のモンモデルがいきなり「決定版」を出したといえる だろう。
完成したキットは、じつに小さい。ドイツのⅡ号戦車よりもずっと小さいのだが、パーツ数はじつに多い。それは、内部が細かく再現されているからだ。世界で初めて隔離されたエンジン室はもちろん、操縦室も再現されている。さらに、複雑な足回りも丹念に再現され、外から見て雰囲気があり、内部を見て戦車の歴史の一端を知ることができる。その意味で、お勉強キットでもある。
ただ、素人にはやや厄介な模型かなとも思う。要は、内部再現を詰め込みすぎていて、戦車の外殻がきちんと組めない危険が伴っているからだ。キットの車体はバスタブ構造ではなく、いわゆる箱組だから、どうしてもそのリスクを伴いやすい。小生の場合も、少しだけ隙間ができてしまった。また連結はめこみ式の履帯は、すぐに外れやすい。モンモデルによくある、接着面の強度不足もちらほらある。車輪は可動の指示となっているが、強度を考えるなら、これは無理。サスペンション部分に金属バネを使っ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ルノー製で旋回砲塔の先駆け、そして古臭さに興味が湧き購入しました。
掲載画像を見て簡単に組めると思ってましたが届いて箱を開けると凄い量のパーツと全長約11.5㎝で機関室や操縦室もリアルに再現されてるのでパーツの小ささもあり些か組むのが大変でした。
履帯は接着剤要らずで簡単な組立てのぶん外れやすくて…
ソミュア戦車みたいにしっかり嵌ってくれれば良いのですが…
塗装は”老虎”という縦柄にしてみました。
なかなか可愛らしい1品です。^^;
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告