通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き。未使用品(アウトレットバーゲンブック)で良好な状態です。無休で迅速に発送致します(通常配送料無料、お急ぎ便対応)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

モンス・デジデリオ画集 (E.T.Classics) ハードカバー – 2009/8

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,504
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 1,688

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モンス・デジデリオ画集 (E.T.Classics)
  • +
  • ジョン・マーティン画集 (E´.T.classics)
  • +
  • 幽霊城 サイモン・マースデン写真集 (Pan‐exotica)
総額: ¥12,312
ポイントの合計: 120pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

17世紀ナポリを拠点に迫り来る世界崩壊を幻視し続けた悪夢の画家。亡霊のように浮び上がる廃墟、蒼白の彫像群、爆裂する聖堂、そのなかで虚しく展開する人間たちの没落のドラマ…。モンス・デジデリオの名のもとに伝説的に語り継がれてきた“崩壊と破局”“世界の終わり”の画家、フランソワ・ド・ノームとディディエ・バッラの謎の作品群を集成した日本唯一の画集。

内容(「MARC」データベースより)

亡霊のように浮かび上がる廃墟、蒼白の彫像群、爆裂する聖堂、その中で虚しく展開する人間たちの没落のドラマ…。モンス・デジデリオの名のもとに伝説的に語り継がれてきた崩壊と破局の画家の謎の作品群が今初めて明かされる。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • ハードカバー: 94ページ
  • 出版社: エディシオントレヴィル; 復刻版 (2009/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309908446
  • ISBN-13: 978-4309908441
  • 発売日: 2009/08
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 27.4 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 470,526位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ハードカバー
記憶が定かではないが、 ぼくがこの人の絵を見たのは、たしかギリシア神話に関する本の中で取り上げられていた「トロイアの炎上とアエネアスの逃亡」が最初だったと思う。
”トロイア炎上”というドラマチックな場面を描きながら、そこに描かれていたのは、幽鬼めく人々が蝟集する、冷気さえ感じさせる異空間だった。
そのときぼくは、その絵のロマンチシズムというモノを一切感じさせない異様な世界に強く惹かれたものだ。
その後数年を経て、ふらりと立ちよった本屋で偶然この本を見つけ、帯の惹句に惹かれてすぐさま購入したのだが、中を見るまでこの画家がかつて自分を魅了した絵をかいている画家だとは知りもしなかった。
 普通廃墟画と言うものは、朽ち果てていく建造物を描いていても、その外側の世界は人々が暮らす通常の世界があることを感じさせてくれるものだと思う。
だがこの人の絵は建物だけでなく、その周囲の世界までが死滅しているように見えるのだ。
建物の前景に描かれた人々だけを残して、すべての人々が地上から消えてしまったかのように、世界が死の静寂に満たされているように見える。
人生の終着点にある死というものを具現化したかのように、壮麗な建造物が異様な美しさを湛えて浮かびあがって見えるのだ。
この画集に収録されている絵は殆どがそういう絵だ。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー Amazonで購入
闇の中に亡霊のように浮かび上がる繊麗な建物、黄褐色に輝く柱列、蒼白の彫像群、崩壊の予感をはらみ、あるいは映画の一シーンのように爆裂する聖堂、散乱する石塊、そこで繰り広げられる小さな人間たちの死のドラマ……決して実在しない建築と都市の、それも崩壊と破局の画家、世界の終りの画家。西洋美術市場、いやおそらくは世界の美術市場、比類のない画家。(解説より)

かつて澁澤龍彦の著作『幻想の画廊から』で紹介され、1995年にトレヴィル・シリーズの第1巻として発刊されていらい絶版となっていたこの幻の天才画家の画集が、このような形で再刊されたことを心から嬉しく思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
知名度は低いが、昔から好きな画家の一人で久しぶりに画集を購入。
値段に見合う出来だった。
崩れかけ、人が建てたのだが、人から見放された建築物には、いも
言えぬ魅力がある。廃ビルの写真集等よりも建築物に時代がかかり
より世間から隔絶した趣が良かった。
この画集シリーズは一冊好みならば大概は良いと思うので、他の巻も
お薦めしたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック