通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モンスター (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。s8948a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モンスター (幻冬舎文庫) 文庫 – 2012/4/12

5つ星のうち 3.5 303件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 782
¥ 782 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モンスター (幻冬舎文庫)
  • +
  • プリズム (幻冬舎文庫)
  • +
  • 輝く夜 (講談社文庫)
総額: ¥2,067
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた 未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった——。

内容(「BOOK」データベースより)

田舎町で瀟洒なレストランを経営する絶世の美女・未帆。彼女の顔はかつて畸形的なまでに醜かった。周囲からバケモノ扱いされる悲惨な日々。思い悩んだ末にある事件を起こし、町を追われた未帆は、整形手術に目覚め、莫大な金額をかけ完璧な美人に変身を遂げる。そのとき亡霊のように甦ってきたのは、ひとりの男への、狂おしいまでの情念だった―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 494ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344418506
  • ISBN-13: 978-4344418509
  • 発売日: 2012/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 303件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 7,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 JUN 投稿日 2016/3/24
形式: 文庫
百田氏の作品は「永遠の0」以来2冊目だったのだがこちらも非常に満足。
とても醜かった主人公が整形をエスカレートさせていくことによって得た人生。
得たものと失ったものの多さ。そしてラスト。結局、彼女は幸せな人生を閉じられたのだろうけど、結末は何だか寂しく悲しい。
特に「エピソード」のくだり。
私も男だけれど、結局男は単純でバカで見てくれでしか考えられない生き物ということを再認識させられた。
低評価な意見が多いことに驚いている。私は大満足。読後感あり。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ほかの方の感想にある通り、文章の表現が浅いというか、裏をかえせば読みやすい表現になっています

でも内容については、
私は素晴らしいと
思いました
女性は年齢と容姿で
差別されますね
表向きには誰もはっきりとはいいませんが
女性は
毎日、男性の評価にさらされています
そんな日々のリアルがよく表現されていました
容姿にコンプレックスある女性だったら、風俗に入ってまで綺麗になりたいって気持ち、
理解できる人は多いでしょうね。実際はそこまで出来ないけれど。

でも美人の方は同性から嫉まれたり、性被害にあったり、外見重視の男性ばかりにいいよられたり、恐ろしい体験も沢山しているはずでから、
この本を読んで、やっぱり普通が一番かなと。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
文学に詳しい方からは、『文章が薄い、ストーリーも陳腐』と評価が低いようですが、
私は本を読んで初めて泣きました。
確かに流れに無理があるかもとは思いますが、ラスト2ページの和子の純愛が報われる
最後の描写と自分の死ぬ瞬間の思いが重なり、和子が愛おしくなりました。
この感覚は私だけのものかもしれませんが、多少でもコンプレックスを持って生きてきた
人は大なり小なり和子に共感を覚えるのではないでしょうか。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
あまりのリアルさに驚きました。目と鼻を整形した私から見ても、整形に至るまでの心理描写や一瞬にして美しくなるわけではないという事実がよく描かれています。また、容姿が美しくない人間に対する周囲の反応や、整形後の反応も私の経験通りで、この筆者は自分が体験したんじゃないかと思うほどです。整形を否定している人にとっては、おそらく痛いところを突かれる小説だと思います。私はこの小説を通して、ブサイクな女性がどれほど辛い思いをしているのか、「顔よりも性格が大事」という台詞がどれほど心にもない嘘なのかを、皆さんに気づいてほしいです。本当に顔よりも性格が大事ですか?見るのも嫌なほどの不細工な女性に優しく接することができていますか?メイクや髪型などを変えて努力をしても報われない程の醜い容姿の女性にとって「努力で変われる」という台詞が虚しいものであることが想像できますか?この小説は人間の本当の心理が描かれている話だと思います。
3 コメント 128人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
恐らく百田尚樹さんの作品で一番気に入っているのかもしれません
見た目ではないというけど、やはり女性は見た目で判断されることもあります
主人公の美しさへの執着心に圧倒すると共に、それが読んでいて嫌な感情というのが湧かず、どちらかというと切ない気持ちになりました
彼女の心の闇がに光が見えますようにと願いながら読みましたね
最後は可哀想に思いましたが、彼女は幸せだったのかもしれませんね
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
主人公と同じ女性として、とても興味があり読んでみました。

はじめは、ダラダラとした良くあるパターンの内容だったので、読むの辞めようかと思い始めたのですが・・・・
その途端、一気に吸い込まれ、読み切ってしまいました。

同性の私は、同感する部分・憧れの部分等々あったから、本当に面白かったのですが、
反対に男性が読むと、どういう感想なのか興味あります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
レビューを拝読していて多少気になった事がありました。
百田さんの文章が稚拙であるというような表現をされている方が、低評価の方の中に何人かいらっしゃるようでした。
その方たちのおっしゃる通り、美麗な修飾語、オブラートに包んだ物言いは本書では見かけません。
むしろそのような美しい表現や日本語の機微を楽しむ為小説を読むのだ、と言う方には決してお勧めしません。

人によって好悪の判断基準は異なりますので、他の方がどう捉えるかは分かりませんが、どんな文体であれその「本質」が描かれていれば素晴らしいと、私は思います。
百田氏の視点は徹頭徹尾、本書の中でブレることはありません。
その視点は世の中から傷つけられるだけ傷つけられた主人公を守り慈しみ、傷つけた世の中に軽蔑と怒りをこめた厳しいものです。
みんなが適当に流しておく事を本書はさらけ出し、曖昧にしておく人間の弱さとずるさを眼前につきつけられた気がしました。

某M上H樹のように気取りきった文章であちこちで男女が性交を行う本よりも、もっと直截的に深く心に傷を負った人を救うことのできる本です。

美しい本だと私は思います。
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック