モンスター娘のいる日常 Vol.6 (初回生産限定... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

モンスター娘のいる日常 Vol.6 (初回生産限定版) [Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 7,344
価格: ¥ 5,536 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,808 (25%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 5,536より 中古品の出品:2¥ 4,600より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いは利用できませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • モンスター娘のいる日常 Vol.6 (初回生産限定版) [Blu-ray]
  • +
  • モンスター娘のいる日常 Vol.5 (初回生産限定版) [Blu-ray]
  • +
  • モンスター娘のいる日常 Vol.4 (初回生産限定版) [Blu-ray]
総額: ¥15,906
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 間島淳司; 雨宮天; 小澤亜李; 相川奈都姫; 野村真悠華; 山崎はるか; 中村桜
  • 監督: 吉原達矢
  • 形式: Color, Limited Edition, Widescreen
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2016/02/17
  • 時間: 94 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01115Q218
  • JAN: 4988104097965
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,689位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

普通の娘じゃなきゃ、だめですか?

【INTRODUCTION】
「他種族間交流法」の施行により、人間以外の種族との交流が認められた日本。
ある手違いにより、主人公・来留主公人のもとに他種族の
女の子(モンスター娘)たちが続々と転がり込んできて、共同生活を送ることに…!?
モテモテハーレム状態だけど、他種族とのふか~い交流(♡)は、法律で厳しく禁止されていて…?
可愛いけれど、ちょっとちがうモンスター娘たちと過ごす、少し変わった毎日がはじまる…♡

【初回仕様限定版】
  ●キャラクターデザイン砂川貴哉ほか 豪華3枚 描き下ろしリレージャケットスリーブケース
  ●伝説の1ページ漫画風 原作オカヤド描き下ろし1ページ漫画
  ●ジャケットカード(カレンダー&モン娘図鑑付)

【映像特典】
  ●『本編完全版』モンスター娘の露わな日常を完全収録!!

【音声特典】
  ●モンスター娘の隠し音声コマンド(ラクネラ)

【スタッフ】
監督・・・吉原達矢
シリーズ構成・脚本・・・ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン・・・砂川貴哉
総作画監督・・・砂川貴哉、赤坂俊士
サブキャラクターデザイン・・・赤坂俊士
プロッデザイン・ キーアニメーター・・・坂詰嵩仁
美術監督・・・田邉浩子
色彩設計・・・柳澤久美子
撮影監督・・・塩見和欣
音楽監督・・・森下広人
音楽・・・manzo・堤博明
アニメーション制作・・・ラルケ×セヴァ

【キャスト】
来留主公人・・・間島淳司
ミーア・・・雨宮 天
パピ・・・小澤亜李
セントレア・・・相川奈都姫
スー・・・野村真悠華
メロ・・・山崎はるか
ラクネラ・・・中村 桜
墨須(スミス)・・・小林ゆう
マナコ・・・麻倉もも
ティオニシア・・・久保ユリカ
ゾンビーナ・・・持月玲依
ドッペル・・・大西沙織

オープニングテーマ:「最高速最高速 Fall in Love」ミーア(CV:雨宮 天)/パピ(CV:小澤亜李)/セントレア(CV:相川奈都姫)/スー(CV:野村真悠華)/メロ(CV:山崎はるか)/ラクネラ(CV:中村 桜)(TOHO animation RECORDS)
エンディングテーマ:「Hey!スミス!!」墨須 with MON[墨須(CV:小林ゆう)/マナコ(CV:麻倉もも)/ティオニシア(CV:久保ユリカ)/ゾンビーナ(CV:持月玲依)/ドッペル(CV:大西沙織)](TOHO animation RECORDS)

<公式サイト>http://monmusu.tv
<Twitter>@monmusu_tv

© 2015 オカヤド/徳間書店・モン娘パートナーズ

※初回生産限定版の在庫が無くなり次第、初回特典なしの通常版に切り替わります。価格・品番に変更はありません。
※商品の仕様及びジャケットデザインは変更になる場合がございます。
※リリース日は、変更になる場合がございます

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

オカヤドの人気コミックをTVアニメ化したラブコメディ第6巻。普段から公人とモン娘たちがデートしている様子を見せつけられ、腹に据え兼ねていたMONメンバーは、警護ついでに公人と偽装デートをすることに。第11話と最終第12話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

主人公がもっと向き合って〜って書いてる人が居るけど一応原作にラク姉さんの以前のホストがもう一度ラク姉さんを迎え入れようと主人公宅に来るエピソードがあるよ。んでもってラク姉さんの以前のホストは蜘蛛が苦手なんだけど無理矢理受け入れようとするんだよ、これは試練だって思って。当然だぁりん君はそれに怒るんだけど…
この話が気になる人は円盤だけじゃなく原作も買って是非読んでみて下さい。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラストはララちゃんが登場したところで終わってます。
噂の二期がある場合、問題の原作の6巻「当て馬」の回とかどう料理するんでしょうか。
非常に気になるところではあります。

このアニメ見始めて、原作も泥縄で買って読みました。
原作では非常に空気みたいに扱われているデュラハンのララちゃんが不遇すぎて泣けます。
一応アニメのエンディングでは他のモン娘と一緒に花嫁衣装着てましたが、
アニメでも同じ扱いなんでしょうか。せめて15分くらい使ってアニメオリジナル回で
救ってあげてほしいと願っています。

ふでやすさん、お願いしますよ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 αkirα 投稿日 2015/9/24
下半身が蛇のモンスター娘は、ラミアというモンスターです。ラミアという名前は初めて聞いたので少し調べてみました。もともとは諸説あって、その中の一つが下半身が蛇のモンスターなのだそうです。そしてその説を採用したのが近年のこのジャンルのエンタメ界で、このアニメのラミアは恐らくその流れをくんでいるのでしょう。もともとは幾つかあったものの中から一つを選び出し活用すること自体もある意味創作なのですが、「モンスター娘のいる日常」では選び抜かれた一説に更なる解釈の発展がもたらされています。ラミアはラミア族という種族になり、種族ごとに色々な特性を持っているというファンタジー上の解釈、蛇は執念深いという文化上の解釈、変温動物であるがゆえに外部からの熱源(太陽光や恒温動物の体温)によって自らの体温を上げないと動くことが出来ないという爬虫類としての生物学上の解釈がありました。使えるものは全て使う、やれることは何でもやる貪欲な姿勢は他のモンスター娘においても貫かれ、嘘偽りの無いモンスター娘への愛情が伝わって来たアニメでした。

モンスター娘の中には下半身が蜘蛛のモンスター娘がいます。名前はラクネラです。ラクネラには人間に疎まれた哀しい過去があります。下半身が蜘蛛だからです。主人公(人間の男)はラクネラを受け入れます。一人目に下半身が蛇のモンスター娘を受け入れた主人公がラクネラを受け入れる
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す