通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 小口に軽いヤスリ研磨があります。本文は良好です。帯なしです。商品は清掃後、迅速に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/18

5つ星のうち 4.5 65件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 504
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モンスターマザー:長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
  • +
  • でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相 (新潮文庫)
  • +
  • 桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)
総額: ¥2,873
ポイントの合計: 89pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

第22回 編集者が選ぶ 雑誌ジャーナリズム賞作品賞 受賞!

〈息子を自殺で失った母〉、しかしその実態は「恐るべき怪物」だった。


たった一人の母親が学校を崩壊させた。
不登校の高一男子が自殺した。久々の登校を目前に──
かねてから学校の責任を追及していた母親は、学校に全責任があると
校長を殺人罪で刑事告訴する。
人権派弁護士、県会議員、マスコミも加勢しての執拗な追及に、
高校は崩壊寸前まで追い込まれ、教師と同級生、保護者たちも
精神的に追い詰められていく。
だが教師たちは真実を求め、法廷での対決を決意した。
前代未聞の裁判で明らかになっていったのは、子供を死に追い込んだ
母親の「狂気」だった。
どの教育現場にも起こり得る「恐るべき現実」を描ききった
戦慄のノンストップホラーノンフィクション。
「被害者」の皮を被った「加害者」に気をつけろ!

新潮ドキュメント賞受賞
『でっちあげ―福岡「殺人教師」事件の真相―』
著者の最新刊


≪目次≫
はじめに
第1章 家出
第2章 不登校
第3章 悲報
第4章 最後通牒
第5章 対決
第6章 反撃
第7章 悪魔の証明
第8章 判決
第9章 懲戒
終章 加害者は誰だったのか
事件の経過

出版社からのコメント

モンスターペアレントという言葉はずいぶん広く使われるようになりました。
しかし、わたしたちは「教育現場の現実」をどのくらい知っているのでしょうか。
本書は、最悪の経過をたどり、長野県の教育史に深く刻まれることになった
「いじめ自殺事件」の真相を描ききるノンフィクションです。
校長が自殺した生徒の母親から殺人罪で起訴される、
という出来事はセンセーショナルで、大きく報じられました。
ところが、事件はそうした第一報からかけ離れた結末に至ります。
いったい何があったのか。
膨大な裁判資料を丹念にひもとき、当事者への取材を重ねる中で、
著者は「教育現場の現実」を目の当たりにします。
最近ではモンスターペアレントに対して提訴する教師も出てきましたが、
今回の事件のように、保護者から訴えられ、それに対して訴え返し、
なおかつ謝罪広告まで求めるという例はおそらく初めてではないでしょうか。
異様な事態に直面した教師たちの苦悩、そして毅然とした闘いぶりは、
いまなお最良のケーススタディとして大きな示唆に富むと確信しています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/2/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103036737
  • ISBN-13: 978-4103036739
  • 発売日: 2016/2/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 65件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,541位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子供たちが思春期になり、母親業も少しは楽になると思っていたのですが………
実は今が一番大切な事に気づかされています。
今さら『私の子育ては間違っていなかっただろうか』と日々、自分に問いかけながら子供たちと接している中で見つけたのがコレでした。
ノンフィクションの本は、あまり読んだことが無かったのですが、タイトルだけに吊られて買ってみて………
一言、ショックでした。後読感がハンパなく悪いと言うか泣けてきて、そして深く考えさせられました。
こんな母親が本当にいるのかと。
そのせいで子供が亡くなってしまっているのが後読感を悪くしているせいなのですが、そんな中で救いだと思われたのは、この親にして亡くなった子がとても優しい子に育っていたこと!そして、この母親にしっかりと立ち向かっている教師(学校)がいるということです。
味方もたくさんいただけに『自殺』という結果は残念でなりません。
福田ますみさんの綿密な取材と文脈で、一気に読みきりました。
子育て真っ最中の母親に、ぜひ読んで欲しいです。
大変な子育てに追われている中で、今一度子供への愛情と本気で向き合う大切さに気づかされます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
本当にこんなことが現実に起きたということに、ただただ恐ろしさを感じます。生徒の命をこんなことで失った教師たちの無念さが実感できます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
仕事上、とても参考になる書物でした。感動、感心、感謝です。よかった
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
出だし弱者だった被害保護者が実はとんでもない人間で加害者であり、憤りを感じつつ常識が通じない人間が世間にはいて、自分の回りに現れるかもしれないと思うとぞっとした。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
騒ぐだけ騒ぎ放置。打ち上げ花火のようなマスコミ、という日本最悪のダークサイドに対し、本当に地道な取材で真実を抉り出すノンフィクション作家。よくぞ取り上げてくれた。良書である。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jessica 投稿日 2016/11/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
どんなに辛い毎日だっただろう。
子どもにとって一番の味方であるはずの母親が、一番の敵だなんて考えたくもない。
誰も幸せにはなれない、悲し過ぎる事件です。
『でっちあげ』の学校とは違い、立ち向かってくれる学校だったのが救いです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 waka 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2016/4/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
読んでみて、この著者の前著「でっちあげ」とパターンがあまりに似ているのに驚くと同時に、予想以上にひどい母親の異常ぶりにも唖然とさせられた。
「でっちあげ」を読んだとき、「殺人教師」との汚名を着せられた教師は、生徒の両親を名誉棄損で訴えるべきではないかと思ったが、孤軍奮闘の身で勝てる保証もなく、お金も時間もかかる裁判をするのは無理なのだろうなと思わざるを得なった。しかし、今回のケースは被害者が校長、担任教師、バレー部顧問、バレー部員とその保護者ら数十人もいる上、学校関係者以外にも、県教育委員会や児童相談所や警察や地元住民など、この母親の異常ぶりを知る人が大勢いたので、逆提訴に持ち込んで、全面勝利に結びついた。

この母親の異常ぶりは読んでいて恐ろしく、狂人と言っていいレベルである。些細なことで逆上し、夫にあらんかぎりの罵詈雑言を浴びせ、殴る、蹴る、噛みつく、引っ掻く、唾を吐くなどの暴力を振るう。にもかかわらず、「夫からひどい暴力を受けている」と言い張って、「夫に殺される」と頻繁に110番や119番に通報する。興奮状態になると、「死んでやる」「自殺してやる」と喚き続け、大暴れし、警察署に呼ばれた実兄が「妹が死ぬ死ぬ言うなら死んでもらえばいい。身内にしてみたらそれが一番助かる」と言い放ったという。夫が警察署員の付き添いのもとに彼女を精神科に措置入院させようと
...続きを読む ›
コメント 276人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
通常亡くなった遺族側が被害者としてメディアは取り上げますが、
亡くなった子の母親がいかに精神異常者だったか分かりやすく
説明してあります。
私は、誰が悪いとかそういう問題よりも、関わった全ての方が
皆、可哀想だと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
人格障害のお話でした。こういった人はどこの地域にも一定数いるはずで、もし遭遇してしまったらどうしたらいいか、改めて考えさせられます。できれば近づかないのが一番だけど、当事者の息子さんのご苦労如何許りか。地域が助ける方法はあるのでしょうか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
彼女の診断名はサイコパスです。
次回は診断名サイコパスを読んで下さい。
常人には理解できません。

裁判に勝った頃には事件を忘れられている
という切なさ。
当事者はたまったものじゃありません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー