中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

モンキーターン (1) (少年サンデーコミックス) コミックス – 1997/3

5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

▼第1話/どうしろってんだ?▼第2話/やだね!▼第3話/競艇の才能?▼第4話/モンキーターンだ!▼第5話/きめたぜ!▼第6話/この、くそ親父!▼第7話/ナンバーワンになる。▼第8話/これが本栖?▼第9話/できるかなー?

出版社からのコメント

ボートレーサーを目指し、本栖研修所の試験を受けた波多野憲二。友情と闘争心の中で大きく育っていく若者をえがく異色スポーツまんが。


登録情報

  • コミック: 185ページ
  • 出版社: 小学館 (1997/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091251617
  • ISBN-13: 978-4091251619
  • 発売日: 1997/03
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2001/4/3
形式: コミック
少年誌には珍しい競艇漫画。甲子園への夢破れ目標を失っていた波多野憲二は、担任の先生の薦めで競艇選手を目指すことになる。本栖研修所での訓練生活、さらにはプロになってからのさまざまな試練などがポップなタッチでスマートに描かれている。きわだった特徴がないのがかえって特徴的で、安定感のある完成度の高い作品に仕上がっている。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
全巻読んでの感想です
競艇は全然知らなかったけど、これ読んで興味をもちました
それくらいの引力がある作品です
競艇の細かい理論やテクニックの話は理解できないかもしれない
でも、勝負の世界に生きる人の考え、厳しさが面白い
あと、恋愛話が何げによかった
たぶん作者も予定してなかったんでしょうけど、作者がノッてるのが感じられる
作者が当初のヒロイン役より気に入ってしまったという某キャラ
俺も好きですね・・・
あと親子の確執話の行方、最後の親父の見せた表情が忘れられないくらい良かった
ラストは少しに強引に感じたけど、それも含めて名作です!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いやー,面白いです。

苦手な絵なんだけど,楽しんで読める。ちょっとグロい場面もあるけれど,30巻まで一気読み。

競馬マンガは「ありゃ馬こりゃ馬」が面白かったけれど,競艇マンガはこれかなぁ。

これ読んだ人は,たぶん競艇場に行く。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 空之介 投稿日 2003/12/30
形式: コミック
「じゃじゃ馬グルーミンUP!」と、この「モンキーターン」が読みたくて、少年サンデーを読んでいました。
方や競馬、方や競艇と、どちらも真剣に真摯に描かれたマンガだと、読んでてすぐに思いました。
中央競馬のメジャー度が他のギャンブルを圧倒的にさしおいてトップを爆走しておりますが、競艇も熱いです。
このマンガでは本栖での訓練も、プロになってからの精進も、怪我もスランプも復活も、すべて描いています。よく取材されたマンガだと思います。
継続中のマンガはどこでアニメ化するか問題ですが、エピソードも豊富だし、素直に「祝!アニメ化」。
テレ東系は「ヒカルの碁」でも成功して囲碁ブームをまきおこしているので、もしかしたら、今度のアニメ化でアニメを見た少年少女からすごいプロがでるかもしれませんよ。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
こんなに競艇ってカッコいいスポーツ?だったの!?

と衝撃を受けてしまった作品。

もっと早くにこのマンガを読んでいたら私も本栖受験に行っただろーなー(今はやまとですね)

選手が主役の公営競技でははじめて選手になりたいと思いました。

『風のシルフィード』は騎手にはなりたいとは思わなかったもので(>_<)

競艇を知らない人にぜひ読んでもらいたい!

そして競艇選手になって下さい!!(^_^)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告