¥ 3,240
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モラル・エコノミー:インセンティブか善き市民か がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モラル・エコノミー:インセンティブか善き市民か 単行本 – 2017/3/21

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/3/21
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 4,464
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モラル・エコノミー:インセンティブか善き市民か
  • +
  • 協力する種:制度と心の共進化 (叢書《制度を考える》)
  • +
  • 暴力と社会秩序:制度の歴史学のために (叢書 制度を考える)
総額: ¥14,040
ポイントの合計: 422pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

経済学と社会思想のパラダイムシフト

本書の著者サミュエル・ボウルズは、進化社会科学に基づくミクロ経済学を発展させてきた、日本でも著名な世界的経済学者である。これまで日本ではラディカル・エコノミストとして紹介されることが多かったが、ボウルズの本質はむしろリベラル派である。本書には、近年の行動科学やミクロ経済学の研究をもとにアメリカ的なリベラリズムを発展させた、ボウルズの奥深い経済思想が鮮明に示されている。

内容(「BOOK」データベースより)

インセンティブと「法」だけでは、繁栄は築けない。善き「徳」に導かれた人々が不可欠である。アリストテレス、マキャベリ、ヒュームといった思想史の系譜と、実証研究、ミクロ・モデルをふまえた、きわめてアクチュアルな経済思想を展開。リベラル経済学宣言!ボウルズの経済思想の到達点。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 276ページ
  • 出版社: エヌティティ出版 (2017/3/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757123582
  • ISBN-13: 978-4757123588
  • 発売日: 2017/3/21
  • 梱包サイズ: 21.8 x 15.7 x 2.3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 53,930位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
経済学がホモ・エコノミクス(自己の利益を最大限に追求する人間)を前提にし、さらに不完全な市場を完全で透明なものとする様々な前提を置いた上で、初めて科学的になったと言う事は、多くの人が知っているだろう。しかし、実際の市場での人間の行動は、利他的でもありうるし、市場は完全でもなければ透明でもない。こうして、経済学は応用数学の一分野となったが、現実に対しての政策提言能力を失っていった。これに対する反動が行動経済学やある種の厚生経済学である。現実の人間行動に対する理解を前提に経済行動を理解しようとする方向性で、政策提言能力の回復を目標にしている。本書もその流れの中にある。本書では、公共財ゲームとか最後通牒ゲーム等の単純化された多くの社会実験の結果を紹介し、インセンティブと罰則が個人の持つ社会的選好を通じてゲーム参加者の経済行動に与える影響を基礎に、より良い社会政策を立法者に提案しようと言う目的を持つ。本書の中心的内容は、このような種々の社会ゲームの紹介と解釈である。それは十分に実験科学である、ただし、ゆっくり丁寧に読まないとよく理解できないのは事実だ。

何回も言及されるイスラエルの保育園での子供のお迎えでの例を紹介しよう。子供の引き取り時間に遅れる親が多く、保育園では問題になっていた。そこで、園では、遅刻者に低額の罰金を課す事にした。すると、現実にはさらに遅刻者が増え
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告