¥ 1,620
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには 単行本 – 2017/4/14

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,294
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには
  • +
  • 大人がマジで遊べば、それが仕事になる。
総額: ¥3,024
ポイントの合計: 43pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

モバイルボヘミアンとは、「仕事」のためだけに生きるのではなく、「好きなこと」を中心に据えながら、旅するように働き、暮らす、自由な生き方のこと。

会社員だった2人はどうやって、場所にも、時間にも、会社にも、だれにも縛られない自由なライフスタイルを手にしたのか。

10年近く、まるで兄弟のように深い交流を続けてきた、『レバレッジシリーズ』や『ノマドライフ』著者・本田直之と、『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』著者・四角大輔の2人が、20代の頃から20年以上の歳月をかけ、実験し続けてきた「生き方」と「考え方」をまとめた、まさに集大成となる一冊。

目次抜粋

Introduction
自分を「モバイル」させる力があなたをどこまでも「自由」にする

・今の働き方をあと何十年も続けてはいけない
・ぼくたちは「ノマドライフ」の次のフェーズへ
・時間に「投資」しなければ、自分の時間は取り戻せない
・iPhoneひとつが、働き方を次々に変えはじめている
・モバイルボヘミアンとはなにか?
・だれかの真似をするのではなく、自分で生き方を考えるためにこの本がある

Step 1
これからの時代はなぜモバイルボヘミアンなのか?

・ぼくたちは、すでに場所と時間から解放されている
・そして、「会社」から「個人」が解放される
・結果、あなたはもう「1つの収入源」に依存しなくてよくなる
・個人として自由に働く人が「異端」ではなく「スタンダード」になる時代へ
・モバイルテクノロジーを使えない人が「損」する格差社会へ

Step 2
モバイルボヘミアンの生き方を知る

・1 ワークスタイルではなく、 ライフスタイルを基準に住む場所を選ぶ
・2 旅するように生きる
・3 仕事とプライベートの垣根をなくす
・4 ライフスタイル×旅×ビジネスを掛け合わせて、オリジナルな個人になる

Step 3
会社員からモバイルボヘミアンになるには

・モバイルボヘミアンは「だれもが目指せる」が「すぐにはなれない」
・1 「ミニマムライフコスト」を把握する— お金から自由になり、リスクをとる勇気を得る —
・2 人生の「インフラ」となる経験を蓄積する— 何者かになれるスキルを手にする —
・3 「SNS×マニアックメディア」で発信力を確保する— オリジナルコンテンツをつくる —
・4 好きの徹底追求と発信で、「個人ブランド」を確立する— アーティストのように生きる —
・5 「ベーシックインカム」を自分でつくる— 「複数の小口収入」と「スキル交換」という働き方 —
・6 「旅」そのものを、生活にし、仕事にする— 本来の自分を取り戻し、究極の自由を手にする —
・7 自分の意思で人生を「デザイン」する— 「まとも」や「常識」に縛られすぎない —

本田直之より

今、ぼくたちは、ニューヨークにいようがパリにいようが、いつでも、どこでも仕事ができる。だれにも自分の時間の使い方を縛られることはない。

たとえばぼくなら、サーフィンやトライアスロンといった自分がやりたいことを楽しみながら、それに関わる企業へ投資したり、世界中の美味しいものを食べ歩きながらレストランのプロデュースをしたりしている。ダイスケも大好きな釣りや登山、森の生活を実践しながら、アウトドアやオーガニック、旅やライフスタイルに関する執筆や講演。企業や団体、個人のブランディング、音楽やアパレルのプロデュースといったクリエイティブワークを行なっている。

ぼくたちには「夏休み」がない。しかし、そのかわりに「勤務時間」もない。だから「疲れたから休みがほしい」といった気持ちもない。旅するように働き、旅するように生きる「モバイルボヘミアン」というライフスタイルを構築したぼくたちは、「場所」、「時間」、「1つの会社に依存した収入源」といった、生き方を縛るあらゆる制約から解放された。

「人生は思っているより短い。だからこそ、自分の人生をできるかぎり有効に使いたい。なのに、なぜ日本の会社で働くことは、こんなにわずらわしいことばかりなのか?」。この本では、一度でもそう考えた経験がある人に、理想でも願望でもなく、人生を自分の手に取り戻す「現実的」な手段として、「モバイルボヘミアン」という生き方と考え方を提案したい。そして、これからの数十年をあなたはどう生きるのか?を今、真剣に考え、働き方や生き方を変えるタイミングになれば嬉しい。

四角大輔より

「本田さんや四角さんが特別だったからできるんですよね?」。こう思う人もきっといるだろう。しかし、この生き方は、「一部のすごい人」にしかできないものではない。なぜなら、ぼくたちも多くの人と同じ「会社員」だったから。

もしぼくたちが、生まれながらに莫大な資産や天才性を持っていたら、あれほどまでには苦労しなかったはずだ。ぼくたちは「なにもなかったし、わからなかった」から、準備と実験と失敗を十数年繰り返し続けた。その結果、ノウハウを手にできたのだ。だからこそ、「会社員からどうやってモバイルボヘミアンになるのか?」という、多くの人の参考になるはずの流儀や考え方を、この本に書くことができるのだ。

モバイルボヘミアンとは、「自分らしくいられる時間をできるかぎり長く持つための方法」であり、「仕事、表現、生活のクオリティを極限まで引き上げるための考え方」とも言える。「未来の仲間」のために、ぼくたちの知られざる半生や仕事の秘密も、ここで限定で公開していく。ぜひこの本を活かして、真の自由と、あなたの人生を取り戻してもらいたい。

出版社からのコメント

本書は旅をしながらつくられました。

本田直之さん、四角大輔さん、そして編集者である僕は、実際に1年以上の制作期間に、一度も顔を合わせることなく、ハワイ、ニュージーランド、そして日本をオンラインでつなげて打ち合わせを重ね、四角大輔さんは世界を巡る船の中で執筆され、本田直之さんはミャンマーを旅しながら最後の校正を行なわれました。
この本が旅をしながらつくられ、出版に至ったこと。それはまさに、「モバイルボヘミアン」という生き方が「現実的に可能だ」という証明になったのでは、と思います。
いち編集者として感じたのは、この本には「どこか遠くのすごい人の言葉」ではなく、この本を読まれる多くの人と同じ立場(会社員)から、2人がどのように自由な生き方を手にしたのか、が「丁寧に身近な言葉」で書かれてあるということです。
この本が、自由な生き方を目指す方にとって、一助となれば嬉しいです。

ライツ社 大塚啓志郎

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: ライツ社 (2017/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4909044027
  • ISBN-13: 978-4909044020
  • 発売日: 2017/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,843位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
読みやすく、わかりやすく、自由に働くスタイルの道しるべになる本。
何度も読んでます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
無謀な思いつきで今の自由で流動的な生活を手に入れたわけではなく、綿密な計画とテストの繰り返しで確立された、著者二人の理想のライフスタイル。
全くキャラクターや仕事の違うこの二人の著者が「ライフデザイン」というテーマで今のライフスタイルを手に入れるまでを紹介してくれている。
子供の頃に冒険モノの本を心をときめかせて一気に読み終えた、遠い昔の感動に似た気持ちになった。

現在、オーストラリアでナースとして働いている私は、本業以外に幾つかの仕事をしている。
いつか、日本とオーストラリア、もしくは他の国を行ったり来たりしながら生活できないか。
そう思いながら、生活していた私にとって、夢や理想が現実になると確信させてくれた本でもある。
本書には、著者が今の生活を手に入れ、維持するためのモバイルテクノロジーや考え方、生き方も紹介してくれている。

「私は、そんな生活別にしたくない。それが理想ではない」と思ってこの本を読まないのなら、それはもったいない。
この二人が提案しているのは、必ずしも海外に住むことや旅と生活を同時進行することではないからだ。
自分を見つめ、よく理解し、自分というブランドを最大限に活かして、生き方や働き方を自分でクリエイトしたり選ぶ術が書かれている。
だか
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
政府主導による「働き方改革」推進のタイミングで発売となった本田直之さんと四角大輔さんの共著!
自由に世界を移動しながら、仕事も遊びも本気で生きるお二人の生き方には、本当に刺激を受けます。
モバイルボヘミアン?何それ??と思う方もいると思いますが、「旅するように働き、生きる」というイメージに共感を覚える方は、まず本を手に取ってみては。
自分の人生に大事なことは?
管理されて生きることを望む?それとも、自分主体で生きることを望むのか??
当たり前のように残業したり、仕事が人生のメインになってしまっている人にとって、「自分が何のために生まれたのか?」といった命題を考える、よい機会になると思います。

「旅」×「働く」×「遊ぶ」という生き方に、憧れない人はいないと思う。
自分を見つめなおし、自分主体で生きたいと思う人にとって、これから先の人生をマネジメントするヒントが詰まった一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
とても読みやすく、現代らしい本の構成だと思いました(*≧▽≦)ノ
アカウントの画像があって、TwitterなどSNSらしい構成で文書間も素晴らしく、今までの苦労や会社員時代の話から、これからの時代に対してのモバイルリテラシーやファイナンシャルリテラシー、ミニマムライフコストや謙虚さなど哲学的な面もありながら、読者にしっかりした選択肢を与えつつ、100%正しい訳ではなく、向いてる人や向いてない人がいることなど、しっかり説明されているので読んでて楽しかったですヾ(*'▽`*)ノ
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
私は本田氏の書籍を毎回購入しています。
しかし、今回はあえて批判的な内容のレビューをしようと思います。

まず、本田氏の文章はわかりやすくて、考えの押し付けがないので、スッと頭に入ってきます。さすがの一言です。

次に、四角氏は残念ながら、本田氏の「バーター」ですね。
文章的にもうまくまとめてあるかもしれませんが、横文字を多用していて、私の頭が弱いからなのか内容があんまり頭に入ってきませんでした。

そして、既に他の方が書かれていますが、この本を読んで「よし!私もモバイルボヘミアンになろう」というのは危険だと思います。
やはりモバイルボヘミアンに向いている人というのは、この本を読まずとも、もう既に動き出している人なんだと思います。
さらに、お子様がいる方はモバイルボヘミアンは到底無理でしょう。

「新しい働き方の会社が増えている」とありますが、数値化されていないデータを根拠に話を進めていくのもまた危険です。
これは大企業の一部が試験的に始めているのと、話題作りがしたいだけのベンチャー企業だけだったりします。

自己啓発本の手法として、
①リーマンショック以降、一流大学を出て大企業に入っても・・・と不安を煽る。
②本
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー